あこがれの四万十旅行 VOL.5

 28, 2013 12:56
2日目の最後に欲張って向かった先、
それは宿毛(すくも)です。

見たかったのは宿毛のだるま夕日。
これが、11月~2月までの間によく見られるというので、
日没のそのタイミングを、夕日の見られる地で迎えなければならないんです。



と。


いろいろ四万十の素晴らしさ、憧れていた四万十について書いてみたんですが、
これも後付けの理由かもな・・・って思う。

ほんとは、

ほんとのほんとは、

今はただの犬バカです。」のクウスケくんとやんぴぃさんに会えたらいいなって思ってたからなのかも。
クウスケくんのかわいさにやられてしまい、
やんぴぃさんの男らしさ?(女性ですけどね)に惚れ惚れして
そしてまた、やんぴぃ家が過ごす日常が、あまりに素敵すぎて
四万十の自然や、そこでの暮らしが、とっても幸せそうで。
沈下橋や宿毛の夕日が見たくなったってことかもな。

s-CIMG6968.jpg 

思った通りの素敵なところだった。

とうぜん、やんぴぃさんにもその暮らしがあるわけで、いきなり私が会いたいなんて思っても
そう簡単に会えるわけはないわけで。

また、私が泊まったところが宿毛からはかなり遠いところらしく(実際遠かったよ~)
まさか来るわけないと思っていたわけで。

そしてさらに、私が見たいと思った宿毛のだるま夕日は、実は冬のあいだ中、
毎日見られるものじゃないってことも、途中の案内看板(「○○時○○分ぐらいに見られるかもしれません」って書いてあった)でも、わかったわけで。

それでも、とうぜん会えないんだけれども、
夕日が見られるぐらいのお天気だったから、見ようとするポーズぐらいはしたいわけで。

s-DSC_0218.jpg 

ここで見られるよ!っていう公園を目指してみた。

一眼レフと三脚という、マニアの方たちがたくさん並んでて
だるま夕日は見られなかったとしても、
見られるかもしれない場所にその瞬間を待ってみたということだけで
何か嬉しい気持ちになれそうな気がして。

そんなわけで、ダメもとでやんぴぃさんにメールしてみたんだけど・・・

結局連絡も取れないか・・・

取れないか・・・と。


キタ!

キターッ!


s-DSC_0229.jpg 

夢じゃないよね、これ。
目の前にいるの、クウスケくんだよね???

ちっちゃかったぁ、思ったよりずっと。
かわいかったなぁ~、クウスケくん。

ちなみにやんぴぃさんと、いつもブログに登場するむーみんさんにもお会いすることができて、
ほんと、むーみんさんはブログの記事そのまんまの人で(クスっ!)
そして、男らしかったなぁ、やんぴぃさん。

初めて会ったのに、挨拶もそこそこに、話し始めてしまった・・・
犬友ってすごいよね。

s-CIMG6972.jpg 

いやいや、クウスケくんはkoroを気に入ってくれたようで。
まぁ、koroはいつも男子に人気がある。
どうしてなんだろう。
女子から見ると、頼りないんだろうな、やっぱり。

s-DSC_0231.jpg 

ついでに(いや、ついでじゃない)
見たかった夕日、だるま夕日、見れそうな気がしてきて。

s-DSC_0232.jpg 

かなりいい感じになってきて・・・。
この日のためにミラーレスも買ったし(ちょっとオーバー)
腕は磨けなかったけど、そのチャンスが来るかもだし・・・。

そんな中、やんぴぃさんが「望遠を持ってきてない」って言って。
それなのに「写真、撮っといてや」というむーみんさんとのやりとりが面白く。

気づいたら、私が一番いいタイミング掴んでたかも。
けど、ミラーレスじゃなく、これ、コンデジ。

s-CIMG6983.jpg 

ちょっとだけ説明しておくけど。
だるま夕日って、海に夕日が映る姿をいうんじゃなくて
水温と気温差によって、海面から水蒸気が上がり、それが伸びて夕日につながって見えるらしい。
だから、すごいことなんだよね。

初めて来て、これを見た私ってすごいって言われたけど、
すごいかどうかはともかく、すごくうれしかったぁ。
達成感あったよ~

やんぴぃさんとはゆっくりする間もなく、宿の夕食の時間に
ぶっ飛び帰ったんだけどね。
とっても楽しい一日だった~。

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?