FC2ブログ

思い出と記念の旅Ⅳ

 24, 2018 05:22
朝ごはんを食べた後、すこしドッグランで遊ぶことにしました。

a-DSC_6581.jpg

今回のmikanは特にいっぱい遊んでいないのに
疲れているようでした。
まぁ、疲れているというより体力がなくなってきている
のかもしれません。

a-DSC_6583.jpg

それでも記念に、せっかくなので
同泊のお友達と遊ぶことにしました。

mikanはどちらかというと自分より大きい
ワンコさんが好きなのですが、体力がなくなった
mikanにとっては小さくても動きが早いワンコさんには
お手上げでした。

a-DSC_6585.jpg  

特に、レッドのワンコさんはmikanにずーっと付いて
歩いていました。

a-DSC_6597.jpg


苦手、苦手・・・と逃げているのですが、
つい追いつかれています。

a-DSC_6599.jpg

それと、mikanには砂利のランは歩きにくかった感じです。
踏ん張りがきかないというか。




 a-DSC_6587.jpg<さ/a>

やっぱりランで遊べるうちにいっぱい遊んでおいたほうがいいね。
残念ながら、もうランを楽しめるような体力ではありません。
トボトボとした散歩がいいのかも。

そんな時間を過ごしているうちにチェックアウトの時間がやってきました。

ペンションにとって最後のお客である私たちがチェックアウトすれば
このペンションの営業は終了します。

このペンションは次のオーナーを迎え入れ、
別の名前のペンションとして復活するでしょう。

この瞬間に立ち会えたこと、本当に心が熱くなります。
ありがとう。


さて、次なる予定が決まっていません。
老犬の旅のスケジュールは難しいのです。
歩けるわけでもないので、公園とかはねぇ。

那須は素敵なカフェがたくさんあって、どこも入ってみたいような
感じだけれど、朝ごはんをたっぷり食べた私たちには
それも拷問。

a-DSC_6602.jpg

結局ゆっくり岐路につこうということになりました。
メインでない道を走っていれば、「ここに寄ってみようか」という場所も
あるはず・・・。

そして、人の少ない場所を見つけました。

a-DSC_6605.jpg


元気な子だったら、ちょっと足りないと思える場所だけれど、
mikanにはちょうど良くて。

ほらね。
もう、じゅうぶんでしょう。

a-DSC_6610.jpg

それでも、飼い主が歩けばついてくる。
mikanは幸せそうでした。


a-DSC_6619.jpg

荷物の関係で、今回は持っていけなかったバギー。
次は必需品だね。


a-DSC_6623.jpg

私たちも芝生に座ったりして
ゆっくりしました。

a-DSC_6633.jpg

mikanはじっとはしてないね。

実は、このあとお土産を買ったり、
同泊の人から薦められた「納豆屋さん」へ行ったりして、
mikanは車の中でお留守番でしたが、そこそこ時間が経ちました。

気がつけばお昼が近づいてきました。
さっき食べたばかりなんだけどな・・・と思いつつ、
もう食べられるおなかに。

お店もノープランでしたが、ゆっくり時を過ごせるといえば
あれしかないでしょ・・・と、目的のお店を定めました。


もう少しですが、もうちょっと写真があるので、
次に持ち越そうと思います。


久しぶりの旅行だから
もったいぶっちゃってごめんね

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?