FC2ブログ

思い出と記念の旅Ⅱ

 21, 2018 20:49
お宿に着いて、少し時間があったので
お部屋でゆっくりすることにしました。

16年前に来たときは、さんざん山歩きをして、
さらにお部屋に着いてからも近所を散歩しました。
それほど体力があったんだなぁと、なんだか懐かしい気持ちがしました。

a-DSC_6532.jpg

お部屋は落ち着きますね。

a-DSC_6533.jpg

ひとつひとつが懐かしいです。

a-DSC_6535.jpg


mikanは初めてのお部屋ですが、
やっぱり、外で遊ぶより安心するのかな。
それとも、疲れるのかな。
お部屋でくつろいだ表情をしました。

さて、楽しみにしていたお食事タイム。
最後の晩餐です。

お食事は母屋でします。

a-DSC_9160.jpg

前回来た時も工夫のあるおいしいお料理だなぁと思いました。
でも、今回はさらにグレードアップしていました。

口コミでもお料理は絶賛でした。


a-DSC_9167.jpg


え?前菜が二皿?
そうなんです。
こちらはお料理が多いことでも有名です。
思い出しました。
オーナーさんは「多いので遠慮なく残してくださいね」と
言われましたが、そんなことできるはずもありません。
食べますよ~、全部。


a-DSC_9172.jpg


何一つ、これ知ってる~と思うお料理はありません。
みんな何か一工夫されています。

a-DSC_6547.jpg

ローストビーフって、固まりで食べたの初めて・・・かもしれません。

a-DSC_9175.jpg

さすがに、ごはんは少なめ・・・を希望しました。

a-DSC_9176.jpg

本当に、本当にこれが最後の晩餐と思うと
寂しい気持ちになりました。

a-DSC_9162.jpg

mikanはずっと足元でおとなしくしていました。
さすがに、遊びが足りないので疲れて眠るってことはなかったんですけどね。

同泊の方ともオーナーさんともいっぱいお話しして楽しかったです。
アットホームで素敵なお宿でした。


おなかがいっぱい過ぎて、眠れるかしら?
それほどパンパンになりました。
最後の夜はこれで終わりですね。


ママはお兄ちゃんのことも
たくさん思い出したんだって
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?