koroの今年のプログラム

 16, 2016 06:30
GWが終わってはや一週間。
まだGWの記事を書いているのんびり屋の私ですが。

ここで、koroの近況について少し書いておこうと思っています。

koroは先月狂犬病の注射に病院に行き、
「今年、狂犬病の注射する?」と病院の先生に言われました。
「しない」っていう選択肢があるとは思っていなかったので、驚いたのですが、
”犬の状態によって狂犬
病の注射をできない場合があり、それを証明してもらうことが可能”
とのことなのです。

そして、ワクチンは体に負担があると思っていた私は即座に「YES」

土曜日、こういう証明をいただきました。

b-CIMG4055.jpg

なんだかホッとした気持ちになった反面、
「終わりに一歩近づいたな・・・」という感じがしました。

mikanだけ、注射して証明を・・・。

b-CIMG4054x 

それから、koroについて、先月こんなことも言われました。
「心臓に雑音がありますね」

今までkoroはそんなことはありませんでした。
そして、今月、こんな説明を受けました。

歳をとると、心臓の筋が弱ってきて(細くなったり切れたり)、圧が変わるので心臓に雑音が発生する。
細かいことは忘れちゃいましたが、心臓の動きを正常に保とうとするために心臓肥大がおこる。
肺への逆流や圧の関係で、もっと進むと肺水腫のようになっていく。
それを緩和するためには血管を拡張する薬があって・・・。

・・・と。
うまく説明できないのですが、つまり、
koroはそろそろ心臓肥大になっているかもしれず、
それはレントゲンを撮って確認することが必要。
心臓肥大であれば、血管拡張剤を服用したほうが良い。
心臓肥大になった後の症状としてはゲホゲホとした咳をするようになる。

b-CIMG4051.jpg 

そういえば。
koroがここ1ヶ月ぐらいで、2回ぐらい「どうしたの?」と思うような
ゲホゲホした咳をしたことがあります。
「むせたの?」と思っていたけど、それがその咳かもしれませんね。

心臓肥大が起こっているということか・・・。

次回、近いうちにレントゲンをお願いすることにしました。

フィラリアの検査は二人とも陰性。
なので、お薬をいただきました。
でも、例年だったら半年分いただくところ、1ヶ月にしました。
病院からも「一ヶ月にする?」と言っていただきました。

b-CIMG4056.jpg 

「終わり」がヒタヒタと近づいているように思いました。

病院でのkoro。
おとなしいというより、最近はこんな状態です。
反応が鈍くなってきています。

b-CIMG4053.jpg 

周りの患者さんに「何歳?」と聞かれ、
答える度に「がんばってね」「すごいね」と言われました。

食欲はまぁまぁあります。
とっかかりは悪いですが、食べ始めればしっかり食べます。

b-CIMG4050.jpg 

心臓のこと、少しショックでしたが、なんだか納得しています。
多くの諸先輩ワンコさんが、酸素室を使う姿をよく見ています。
それは、病気ということではなく、老化現象の一つなのだとわかりました。

koroの一日一日を、きちんと見ていかなければならない・・・と思いました。

koroの老化は仕方ない・・・。
でも、koroに応援のポチっとして欲しい・・・。

スポンサーサイト

COMMENT 5

-  2016, 05. 16 [Mon] 18:06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ふくねえ  2016, 05. 16 [Mon] 21:54

koroちゃん狂犬病の注射免除になったんですね。
ふくも今回はガン治療優先するため狂犬病注射は
しなくていいですって先生に言われました。
今までずっとしてきてたから今回受けない事に
不安はあるんだけどまぁ仕方ないかなと。

koroちゃん心臓のほう心配ですね。
大丈夫であって欲しい。
ほんと老化だけは避けて通れないですもんね。
ゴンタも食べ始めたらしっかり食べるんだけど
食べるまでが時間かかります。
の~んびりゆっくり年重ねってって欲しいですよね。

Edit | Reply | 

ゆっちん  2016, 05. 17 [Tue] 01:55

節ちゃんのこと、思い出しちゃいました。むせたよぉな咳を何度かしてましたっ。それが、心臓からきてるなんて、思ってなかった勉強不足な飼い主でした~(~_~;)
心臓が肥大すると、収縮したりする筋肉が弱る→心臓のポンプがうまく働かない→血液を送り出し迎える機能が衰える、、んじゃないかちら。
でも、koro先輩は、ちゃんと心臓のことみてもらってるし、早期検査、早期処置があれば、まだまだいけると思いますっ。私の友達で、小学生の時に心臓肥大って言われたけど、治療して、元気に過ごしてるから~。
足腰の衰えは、見てわかる老化だけど、身体の中の臓器の衰えは、飼い主では、わからないですよね、、。狂犬病注射を回避したり、検査を進めてくれる、いぃ先生ですねっ!そして、検査では、大したことありませんよに。
「終わり」は、どのコにも必ず訪れる、、って頭でわかってても、きっと、いなくなる時の喪失感は、どえりゃ~~もんかと、、。なので、koro先輩、もうちょっと、、の積み重ねで、わんこらしく、まだまだ頑張ってほしなーー(^_-)

Edit | Reply | 

ちびママ  2016, 05. 19 [Thu] 22:24

ふくねえさんへ

そうそう、狂犬病の注射、健康な時は受けたいとか受けたくないとか考えたくないけど、受けられるってことは健康だってことだったんですね。
いまさらながら、その日を懐かしく感じます。
ふくちゃん、病気を早く治したいもんね。
今はまったくそんな気配がないけど。
いつまでも楽しそうに笑っていて欲しいよね。
心臓は・・・老化だと思っています。
それだけ長生きしたってことだと思います。
あとはのーんびり生きて欲しいな・・・。

Edit | Reply | 

ちびママ  2016, 05. 19 [Thu] 22:40

ゆっちんさんへ

節ちゃんもそんな咳してましたか。。。
心臓が悪くなるなんて、考えてもみなかったです。
でも、老化で筋が伸びてくるっていうのを聞いて、そりゃそういうこともあるよな~と思いました。
血管拡張剤を使って少しでもワンコが楽になるんだったら、やっぱり薬貰いたいな~と思っています。
近いうちにレントゲンで確証を得てきます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?