さらなる心配へ

 16, 2015 12:51
GWが明けた最初の週末。
koroのお・ち・りのことが心配だったし、フィラリアプログラムのための検査も必要だったので
動物病院へ行ってきました。

フィラリアプログラムは毎年年間で12月までの6ヶ月のフィラリアの薬をもらい、
その代わり4月にプログラムをスタートした人は4月、5月の分がプラスでサービス、
5月にプログラムをスタートした人は5月の分がプラスでサービスとなるパッケージです。

うちは昨年も5月にスタートして、その際に期間限定で割引になっている
健康診断を一緒に受けてくることに決めていました。

koroもmikanもシニアなので、一番念入りコースでエコーまでついています。

b-CIMG0880.jpg

さらにさらに、koroは肝臓の病気があるのでレントゲンを、これまたサービス料金で
プラスしました。

b-CIMG0885.jpg 

つい先月お・ち・りのおできが問題になって手術を迷っているkoro。
飼い主としては残酷だけど、12月までのフィラリアを買うって決めていいのか?と
悩んだりした。

もちろん、元気であるはずで、元気でいて欲しいのに。
(ひどい飼い主です)

さて、エコーの結果は即日出ました。

b-CIMG0888.jpg
(フィラリアプログラムのおかげで頂いたオマケ)

mikanはなんともなく、今のところ健康優良犬。

koroは、今まで指摘されたことのない脾臓に影が見つかりました。
エコーなので、私には見てもよくわからないレベルですが、
大きさは2センチということで、先生は「すでに2センチ」と言っていました。
「いつできたのか」「昨年11月に肝臓のCTをとった時にはなかったのか」と。

そんなに深刻?
即座には理解できませんでした。

先生はまたしても手術を勧めました。
すでに6月6日にオチリのために手術日の確保はしているので、その時にしたほうが・・・と。

私「脾臓を摘出って、脾臓なしで生きていけるのでしょうか」

先「脾臓なしでも生きていけます。貧血がある子は問題がありますが。」

私「良性かもしれないのに取らなければならないんですか」

先「とったほうがいいと思います」

私「肛門の腫瘍を取るようなレベルではないですよね?」

先「そうですね、開腹手術なので。なので、脾臓をとるついでに肛門の腫瘍をとるというのがいいと思います」

私「koroは15歳なのに、良性でも手術をするって、負担じゃないんですか?」

先「2センチといえば、いつ爆発してもいいレベルです」

私「?」

先「爆発すれば、内蔵内に大出血を起こしてしまい、ひどい場合はそのまま死んでしまう場合もあります」

私「悪性の可能性は?」

先「脾臓の腫瘍の場合、3分の2は悪性です」

私「悪性だった場合、手術して治る確率は?」

先「脾臓は血液の溜まっている臓器なので、体中に転移が考えられます。今のところ他の臓器への
転移は見られないのですが、悪性で転移の可能性がある場合は手術しても1年です」

私「手術しなかったら半年、手術しても1年だったら手術することって意味があるんでしょうか」

先「爆発したら大変なことになります。爆発してから手術に至る場合が多いのですが、それは
事前に検査をする人が少なく、見つかりにくいからです」

私「どのくらい入院を?」

先「2日。先日の子は、元気に復帰するのに6日ぐらいでした」

私「大手術ですよね・・・」

先「良性なら脾臓をとってしまえば安心です」

私「ちょっと、よく考えてみます」


実は今も私の心の中はパニックを起こしています。
koroが本当にそんな状況なのか、理解できずにいます。
そして、本当にそうだとしたら、やっぱり手術したほうがいいのかどうか。
手術して、ぐったりして、結局長生きできないかもしれないのに?

やるべきことは全てしたほうがいいのか。
やるべきことって?
人間のエゴで苦しみを与えていいのか?

今、ネットで一生懸命調べています。
ほんと、どうしたらいいんだろう???

b-CIMG0887.jpg 
(医療費は高いね・・・)
スポンサーサイト

COMMENT 8

のざっぴ  2015, 05. 16 [Sat] 19:29

No title

びっくりしました。
心配ですね。
15歳でも手術を勧められるんですね。
分かります、わたしも小夏の腫瘍が分かってしばらくはパニックでした。
小夏の場合は転移もみられ、手術で取ってしまうには大きすぎるし、とても困難な手術になるということだったので、手術はしないで食餌療法でできるだけのことをしてやろうと思いました。
koroちゃんの場合は手術で取れる場所なんですね。
それでも悩みますよね。
でもね、どちらに決めてもちびママさんが決めたことならkoroちゃんもきっと分かってくれると思いますよ。
お互いにね暗い顔してちゃいけません。
toitoitoiきっといいことがあるように♪

Edit | Reply | 

ゆっちん  2015, 05. 16 [Sat] 21:47

No title

「イベルメック」一緒の薬です♪私も8ヶ月分一度にもらいました。値段も一緒、、でも、おまけはくれなかったなぁ・・・。
ってことよりも、、koro先輩、そんな深刻なことに(泣)
そりゃぁ、、悩まれて、不安に思われてるはず。私も「15歳 犬 手術」で検索して、色々見ました。だいたいの飼い主さんの経験談は、してよかった、、とは書いてあるけれども、絶対に◎の保証もないし。ネット検索すればするほど迷われてるのでは~?(*_*)
脾臓はなくても生きていける臓器って聞いたことあります。
みんながおっさるよに、ちびママさんの出した結論が、正解デス!!
豊中に「ルカ動物医療センター」ていう最新機器が揃った病院があるみたいです。(私は行ったことないんだけど)お時間があるならば、セカンドオピニオン等も、行かれるのもアリです。
不安もいっぱいでしょけど、、せっかくの週末☆まったりのんびり幸せな時間共有してお過ごしくださいね(^_-)

Edit | Reply | 

ばななん  2015, 05. 17 [Sun] 15:28

No title

koroちゃん、心配ですね。。。
色んなことを考えると、悩みますよね~~。
ちびママさんの気持ち、すごくすごく分かります。

飼い主さんによって、考え方も違うでしょうし、
ちびママさんが良かれと思ったことが、
きっと最善ですよ~。

Edit | Reply | 

nanabee  2015, 05. 17 [Sun] 20:58

No title

我が家も今日フィラリアの薬をもらってきました。
それにしてもワンコの薬代って、
バカにならないですよね!
2匹揃って薬漬けの我が家は特に・・・

年齢を考えると難しい選択ですね!
我が家も年齢的に、
やはり全身麻酔はもう避けたいと思ってますが、
その状況になったらどう判断するのかは(?)

Edit | Reply | 

ちびママ  2015, 05. 18 [Mon] 23:42

のざっぴさんへ

小夏ちゃん、そうだったんですか。
辛い選択ですね。
けれど、今ある状況をよく考えて、総合的に判断するしかないですね。
のざっぴさんが、小夏ちゃんにとって一番良かれと思ってした決断と同じように、私も良かれと思う方法を考えたいと思います。
koroの場合は、まだまだ全てが可能性で、正確なことは何一つわからないだけに迷います。

いろいろアドバイス、ありがとうございました。

Edit | Reply | 

ちびママ  2015, 05. 18 [Mon] 23:46

ゆっちんさんへ

いろいろご心配をおかけしてすみません。
アドバイス、ありがとうございました。
koroの状況が全て可能性だけで、決定的なことがないだけに悩みます。
手術しないリスクと手術するリスクと両方を比べ合わせて考える必要がありますね。
病院の先生は一人の判断でなく、別の先生にも確認しようと思っています。
最終的に後悔しないように心をしっかりもって決めたいです。

Edit | Reply | 

ちびママ  2015, 05. 18 [Mon] 23:49

ばななんさんへ

ありがとうございます。
飼い主さんによって考え方も違いますよね。
最終的には自分が決めたことしかないんでしょうね。
私の判断が間違ったにせよ、koroの運命だと思っています。
koroの状況が中途半端なところが辛いですが、よく先生と相談して決めたいと思っています。

Edit | Reply | 

ちびママ  2015, 05. 18 [Mon] 23:51

nanabeeさんへ

nanabeeさんも大手術されましたよね。
緊急手術とのことでしたが心配でしたでしょうね。
うちのkoroは緊急手術のリスクを解除するための手術(悪性ならそれだけではないけれど)ということになります。
確かに年齢のことがあるので悩んでいます。
もう15歳半ですもんね・・・。
いろいろご心配ありがとうございます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?