FC2ブログ

mikanの足

 29, 2018 22:25
週末、相変わらず伊東に行ってきました。
寒いわけじゃないのだけれど、お天気がすっきりしませんでした。
そんな実家通いにmikanが付き合ってくれています。

伊東に行く以上は、お散歩も欠かせません。

c-DSC_5502.jpg 

最近、mikanはニオイ嗅ぎが多くなり、
たくさん歩くことをしなくなりました。

年老いたってことなんでしょうね。

c-DSC_5504.jpg 

それから、独りぼっちが不安なのか、
必ずママを探し、ついてくるようになりました。
koroがいる頃は気ままだったのにね。

一人っていうのは気を遣うものなのよね。

この日はチラホラ雪が舞ってきました。

c-DSC_5508.jpg 

お天気が悪いから白梅が見えないのか、
昨年は満開を見れたのにな・・・と思ったり。

そういうmikanですが、風船ソックスが欠かせません。

c-DSC_5509.jpg 

ほんの少し家の周りをぐるっと散歩するだけのアスファルト歩きで
真ん中の爪がギリギリまで擦れてきました。
これ以上歩くと出血します。

草の上や土の上は大丈夫なんだけど、念のためソックスです。

c-DSC_5510.jpg 

後ろ足は少し開いています。
滑っちゃうのでしょうか。

c-DSC_5515.jpg 

「足が悪いんですか?」と聞かれることも多くなりました。
「歳だから・・・・」と答えます。
mikanは子供っぽい顔してるのでおばあちゃんに見えないようです。

koroと同じ道をmikanが歩んでいるのね。


koroはどう思っているでしょうか。
父はどう思っているでしょうか。
こうして伊東で過ごすこと。
こうしてmikanと二人で過ごすこと。

少し、心が疲れています。
やっぱり2ヵ月連続大切な存在がいなくなるのには
心が悲鳴を上げています。

けれど。
父が大好きだった母を守らないと。
koroが大好きだったmikanを守らないと。
まだまだ私の役割を果たさないとです。

時間しかないのでしょうね
心を癒してくれるのは
スポンサーサイト



通夜の日の散歩

 27, 2018 03:14
父の葬儀の日は通夜、告別式の日ともに快晴で、
1月にしては少し暖かでした。

mikanも少しは異変を感じているのかもしれませんが、
案外mikanはおなかが弱く、ストレスがかかると下痢ピーちゃんに
なるので、そうならないように平常を装わなければなりません。

そんなわけで、どんな日であろうとも散歩です。

c-DSC_5420.jpg

小室山は梅が咲き始めていました。
もう春が一歩一歩近づいているのですね。

c-DSC_5421.jpg

咲いている数は昨年の同時期と比べると少し少ないかな・・・という感じでした。

この日の散歩は、きつかったなぁ。
伊東へ来ると散歩ばかり楽しんで、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
そう、年末年始もそうだったけど、それはみな家に待っていてくれる人が
いるからだった気がします。
安心して遊べてたっていうか・・・。
今、その大黒柱がいなくなり、なんだか空虚。

c-DSC_5428.jpg 

mikanも異変を感じているのでしょうね。
笑顔がほとんど出ません。

c-DSC_5431.jpg  

koroもいないし、ママが寂しそうなのがわかるのかな。

c-DSC_5434.jpg 

2か月連続で愛する者を失ったことは本当にキツイです。

父に大黒柱としての存在を求めてはいけないのだな。
もう、とっくに私にバトンを渡していたんだな・・・。
私もそのつもりだったんですけどね。
でも、父は最後まで父たろうとしていたし、
それに最後まで実は甘えていたのだな・・・と今さらながらに
気づいてしまったのです。

c-DSC_5453.jpg

一応mikanも喪に服している様相です。
けれど、サイズがすっかりお兄ちゃんのサイズになっています。
このお洋服もお兄ちゃんのです。
(mikanのは着られません)

こんな日まで散歩をしていることがふとときなのか、
こんな日も散歩をすることが飼い主としての定めなのか。
もうわからなくなっていました。


あれから一週間、もう一週間なのか、まだ一週間なのか。
時を重ねることは残酷です。
今週末も伊東へ行ってきます。
今は、mikanの笑顔を頼りにしよう・・・と思います。


支えあいって、大切だよね

曇る伊東

 25, 2018 22:50
年末年始に引き続き一週間もいてしまった伊東です。
めずらしく曇りが多くて。
寒い日もあったっけ。

c-DSC_5398.jpg

やっぱり来てしまう、松川湖畔へ。

c-DSC_5393.jpg 

心の置き場を探しているのかな。
mikanと自分の心の両方を解き放ちたいのかな。

c-DSC_5389.jpg 

寒いね。

忙しい一週間だったから、散歩も手抜き。

c-DSC_8780.jpg 

家の周りをうろうろするだけのことも多かった。

c-DSC_8782.jpg 

広い場所より、近くの道のほうが臭いがするみたい。

c-DSC_8786.jpg 

ニオイ嗅ぎばかりで散歩にならない気もするけど。

ちょっとだけ一碧湖にも行ってきた。
ほんのちょっとだけ。

c-DSC_5410.jpg 

行こうと思えただけ、前向きになれたってことかな。

c-DSC_5403.jpg 

初めて会うお友達とお話ししたし。

c-DSC_5401.jpg 

名前を聞いたら「あーっ!」ってなったアンチョビちゃん。
このおうち、この子の前は「トマト」「ケチャップ」「バジル」ちゃん。
イタリアンに徹してる(笑)

ぼちぼちのお散歩でも気持ちの上がらない日々。
世の中の色が変わって見える。
これから楽しいことを重ねていこうね。

とりとめのない記事
大目に見てください

父逝く

 24, 2018 01:07
ご無沙汰になってしまいました。
前回、更新したその日、父が逝きました。

日、月で伊東へ行き、もう一日休みをとろうかと思いつつも
「テレビを見たい」と相撲を観戦した父に安心し
次の週末までは大丈夫だろうと思って帰ってきました。

父が逝ったのはその翌日の午前でした。

前週の金曜日から室内での歩行器の歩行も無理と判断され
介護ベッドを入れたばかりでした。
寝たきりになって4日目、自宅での旅立ちでした。

ケアマネさんがちょうど一緒にいてくださって、
呼吸がおかしくなってきたのでそのまま立ち会ってくれたのだそうです。
苦しむこともなく、スッと呼吸が止まったのだそうです。

90歳でした。
数年前から父は「いつ死んでもおかしくない歳なんだから
必要以上に悲しむな」と言っていました。
「わかってる」そう言って、実家から帰るとき、いつも「これが最後になるかも」
と思っていたはずでした。

それなのに、悲しすぎる。
悲しすぎるのに、人前で一粒も涙が出ないのです。
一人になったら声を上げるほど泣けるのに。

生前(もちろん元気な頃)父とはぶつかることが多く、
父の言動にはイラっとすることもあり、
もしや、父が逝っても案外平気なんじゃないか・・・とまで思ったりしていました。
一緒に暮らしているkoroの死の方がずっとずっと悲しいんじゃないかと
思っていました。
でも、人間って言葉があるので、一つ一つ、父の言っていた言葉が思い出されて
ならないのです。

90歳まで運転をし、90歳の誕生日を迎えた6月には、
このままだったら100歳まで生きられそうと本人も周りも思うほど
元気で勢いがありました。
8月には足の悪かった私を迎えに駅まで車で来てくれました。

めそめそしている私を見て、「いまさら、なんだ!」と言っているかもしれません。
もう私にバトンを渡したんですよね、父は。
安心して逝ったんですよね。
母のこと、私に任せたってことですよね。


koroとmikanのブログなのだけれど、
どうしても、心を抑えることができず
ここに書かせてもらいました。
明日からは、またkoroとmikanのことに戻ります。

皆様にもご心配をおかけしました。
ありがとうございました。


ママが泣くとアタチも悲しい・・。by mikan

伊東ばかり

 16, 2018 00:27
週末、父の容体が急に悪くなり、
駆けつけるレベルになったので、急遽予定を早めて
夜中に走ってきました。

そんな時でもmikanは一緒。
すっかり寝る体制に入っていたんだけどね。

で、散歩。

c-DSC_8746.jpg 

いつもなら「小室山」か「一碧湖」なんだけど、
どうしても「松川湖」に行きたくなりました。

なんでだろ。

c-DSC_8750.jpg 

もしかしたら、心がネガティブになっているのかも。
「小室山」とか「一碧湖」って私にとっては「陽」なのよね。
「松川湖」は「陰」なイメージ。
特に冬はね。寒いから。

でも、いいところ、ありました。

c-DSC_8755.jpg 

蝋梅がたくさん植えてあったことを思い出しました。
でも、なんだかずいぶん切られていたんです。

でも、咲いている蝋梅は、早春を感じさせて暖かい気持ちになりました。

c-DSC_8757.jpg 

たぶん、心に余裕がないんだろうな・・・、今の私。

それでも、mikanと一緒に歩いていると心が癒されてることに
気づきます。


c-DSC_8761.jpg 

スロープも含めていっぱい歩いた。
というか、私が歩くとついてくる。
かわいいし、ありがたい。

ところで、みなさん。

c-DSC_8762.jpg

mikanのお洋服に何か気づかれた人はいませんか?
もし、この写真で気づかれたなら、それはこのブログのフォロアーですね(笑)
かなりの通ですよ。

実は。

c-CIMG7391.jpg

今のmikanが来ているウェアは、実はkoroのお洋服なんです。
mikanは赤だったはず。

が。

koroとmikanはワンサイズ違う・・・。
ということは?

そうなんです。
mikanが成長したというか、太ったということなんですよ。

だって、黄色、ピッタリだもんね。

c-DSC_8764.jpg

そして今のmikanは。

段差を越えられないね。
抱っこの回数がめっきり増えました。

散歩の写真はこれでおしまい。
ゆっくり散歩をしている時間が取れず、
バタバタと帰る感じでした。



そして、明日は会社だ~
家に帰ったら、こんなものが届いていました。

c-DSC_8768.jpg 

「雑種犬「風(ふう)」のひとりごと」の風ママさんから届きました。

c-DSC_8769.jpg 

中を開けたら、こんな感じ。
ん?

c-DSC_8772.jpg

そして届いたものは時計でした。
それも、koroの姿をかたどったもの・・・。
本当にそっくり。
どうやってこんなに似させたんだろう・・・。

c-DSC_8773.jpg 

どこがいいかな~と考え、
「行ってきまぁーす」「ただいまぁ~」とあいさつする
玄関から見える壁にしました。

koro、愛されていたんだなあ・・。
ありがとうございます。
とっても気に入っています。

そんなわけで、振替休日を含む週末はおしまい。
また土曜日に実家へは行きます。
父、頑張ってくれるかな。
母も不安だろうけど、頑張ってほしいと思います。
従姉妹たちを含め、ヘルパーさんは訪問看護さんが
力を貸してくれています。
助かります。

がんばれ、がんばれ。
最後までがんばれ。
ぽちっとお願いします。

模様替え

 14, 2018 01:46
飾りっ気のない我が家ですが、
一つだけお気に入りの絵がありました。

単なるポスターですが、ヒロ・ヤマガタのマスターズの絵です。
ゴルフ好きな私はとても気に入ったため、最初の自宅を購入した20年以上も前、
新居のお祝いに父が買ってくれたものでした。

c-DSC_8594.jpg

しかし、さすがに単なるポスターなので、色が褪せ、全体がブルーっぽく
なってしまいました。

そのことがとても気になり、同じ場所に飾る良い絵がないか・・・と探していたのですが
ここに新たに同じサイズで絵を収めることにしました。

c-DSC_5379.jpg 

NUKUNUKUさんに書いてもらったkoroとmikanの絵です。
全体が横に100センチ以上あるので、koroもmikanもとても大きく描かれています。
背景のグリーンは特に指定したわけではないのですが、
koroとmikanが大好きだった緑の中にいる絵になっているので
とても気に入っています。

これからはkoroちゃん、ずーっと見守っていてね。


いろんなことがあるけど
二人で乗り越えたように
ママにも勇気を与えようね

初詣

 13, 2018 00:55
いまさら~?なタイトルでしょ。
行くのも遅けりゃ、書くのも遅い。
ぼけぼけだね、ほんと。

それでも1月7日ギリギリ松の内にどうにか初詣ができてよかったぁ。
行くのは決まって地元の神社。

c-DSC_5365.jpg 

この日は暖かくて、いいお天気でした。

c-DSC_5364.jpg 

ここはいいね。
いつも空いてる。
一度、大晦日の夜中に来てみたら、さすがに並んでたよね。

c-DSC_5369.jpg 

ま、7日だからね。

落ち葉一つ落ちていない、とてもキレイに保たれている境内。
心が洗われる。

c-DSC_5374.jpg 

境内のお参りをするところまで、すべて平坦もしくはスロープ付き。
だから、mikanのカートもそのまま入れる。
とーっても優しい神社です。

c-DSC_5377.jpg 

昨年のいろいろあったこと、だけどきちんと乗り越えてきたことに感謝。
そして、今年は少しでも穏やかに過ごせるように。
いろいろあっても頑張って乗り切れるように・・・。

mikanとの日々が充実した素敵な日々でありますように。

神様じゃないけど、koroちゃんも見守ってね。


年明けのkoroの祭壇(的な場所)に備えたお花。

c-DSC_5363.jpg 

華やかで素敵なお花でした。
長く咲いてね。

今日ですでに10日。
がんばってくれています。


○●----------------------------------------------------●○

父はどうにかこうにか年を越しました。
年末年始、食が本当に細くなった父を、悲しく見守ってきました。
そして10日。
日、一日と体調が急降下しているそうです。
本日、もう室内での歩行器での歩行も無理と判断され、
ケアマネさんが介護ベッドとポータブルトイレを入れてくれています。
母がどれほど不安でいることか。

今日は週末ですが、福岡への日帰りの出張が入っており
伊東へ行くのは今日の夜、夜中に近い時間になると思います。
「後悔しないように見届けてほしい」と訪問看護士さんにも
言われているので、ついについにその時が近づいたのかもしれません。

せっかく施設の順番待ち1番目になったのに、
間に合わないかもしれません。
できる限りのこと、しないとな・・・。

お参りもして、今年も始まりました
mikan、いっぱい遊ぶ一年にしようね

年末年始Ⅸ ラスト

 12, 2018 05:05
お正月もいよいよ3日。
お休みも終わりです。
今日は渋滞するかもしれないので、早く帰らなくちゃね。

最後のお散歩に選んだ場所は、やっぱり「一碧湖(沼地)」でした。

c-DSC_5320.jpg 

一人で散歩をし始めた頃と比べると、
だいぶ一人に慣れて、楽しめるようになってきた気がします。

c-DSC_5324.jpg 

お天気がずーっと良かったことも
mikanの機嫌を良くしているのかもしれません。

c-DSC_5326.jpg 

沼地には来たけど、広場には来ていなかったので、
最後に自由に遊んでいいよ・・・と。

c-DSC_5332.jpg 

このベンチにも座ったよね。
ちょうど一年前も来たよね。

c-DSC_5339.jpg 

ママの大好きな景色だよ。
心が洗われる。

c-DSC_5336.jpg 

野鳥も飛んでくる。
禁漁区だし、自然のものをとっていけないとされている場所。

c-DSC_5345.jpg 

のんびりできるね。
どんな気持ちの時でも、こうやってリセットさせてくれる場所。
ありがたいと思う。

c-DSC_5352.jpg 

mikanもこの場所、忘れないでね。
mikanとの思い出の場所だよ。
お兄ちゃんとの思い出の場所だよ。

c-DSC_5355.jpg 

一緒に歩いていたと思うよ。
mikanを守っていてくれたよ。

c-DSC_5359.jpg 

こんな真冬のお散歩で
木々の葉っぱもみーんな落ちてしまっているのに
暖かくってのんびりできる素敵な場所。
いっぱいお散歩したね。
またリセットしに来ようね。


帰りの道は渋滞を避けてスカイラインと決めていました。
けど、スタッドレスを履いていないうちの車、路面凍結していたので
なるべく日陰になったところではブレーキやアクセルを踏まないようにしました。
暖かいうちに帰ってよかったなぁと思いました。

そんなドライブのおかげで、素敵な富士山も見ることができました。

c-DSC_5360.jpg 

次はいつかな~
mikanだけだと身軽なので、いっぱい行けそうだね。
koroのくれた時間だから、大切に楽しもうね。


お兄ちゃんに感謝
ママといっぱい時を過ごそうね

年末年始Ⅷ

 11, 2018 05:40
1月2日の午後のお散歩は「一碧湖」。
一碧湖もいろいろな散歩ができる場所です。
もちろん健脚の時は一周コース4キロ歩けたのですが、
今のmikanも、今のママも、部分的な散歩で十分です。

c-DSC_5272.jpg 

実はこっち側がメジャーなルートで
いつも遊んでいるところは、裏一碧湖(笑)。
昔からの人は一碧湖というより「大池」というのですが、
こちら側が「大池」で、いつものところは「沼地」と言います。
(「大池」と「沼地」は本当です。近くの小学校が「大池小学校」といいますので)

日当たりは午後はダメなんですね~

もう山に日が沈みそう・・・。

c-DSC_5274.jpg

湖面に写ってキレイですね。

少し歩くと芝生広場へ。

c-DSC_5276.jpg 

ここは以前も書いたことが何度もあると思うけど
東日本大震災がここにいるときに起きたんです。
ここにこうして座っていて、
湖面が揺れた。
koroもmikanも一緒だったから、安心だったけど。
懐かしいっていうと変だけど、これも思い出の一つ。

c-DSC_5277.jpg 

mikanはお水が大好きです。
お水に入れそうなところがあると、ついつい行きたくなってしまうんです。

c-DSC_5278.jpg 

いいよ、って言ってあげたいけど、冷たいからね。
まさか入らないと思うけど。

c-DSC_5282.jpg 

え?入る気?
なんか、ルンルンしてるけど。

c-DSC_5284  

ダメ、ダメ、ダメだよ。
濡れちゃったらカートに乗れなくなっちゃうよー。

c-DSC_5286.jpg
 
わかってくれたようです。
よかった。

もう少し先まで歩いてみようね。

c-DSC_5293.jpg 

どこまで行ってもニオイ嗅ぎ。
気になるところ、いっぱいあるんだね。

問題はここからでした。
どうしても段差が越えられず、段差の低い方へ向かってしまったmikan。
ママが行けば行くほど湖に近づいていく。
しかも、落ち葉のいっぱいあるところはぬかるみだよ。

c-DSC_5301.jpg 

どんどんmikanも行ってしまい、
まさか湖に入るところまでは行かないよね、と思ったけど
ホント入る寸前。

結局、ズブズブになってしまって。

c-DSC_5303.jpg 

でも、ズブズブにmikanは動じない。
だからよかった。
koroだったらズブっといった時点で固まる。
そうしたら抱き上げに行かなければいけないし。
そうなったらママまでズブズブになっちゃうじゃない。

足が冷たかったのか、そのあとはどんどん一人で前に歩いていっちゃってました。

c-DSC_5306.jpg 

それにしても、泥んこのあんよ。
こまったねぇ。

この先の広場までひとまず行きましょ。

c-DSC_5311.jpg 

抱き上げたらこれ。
これでも少しは乾いたんだろうけど。

c-DSC_5312.jpg 

おなかも泥んこでこりゃ大変です。
ま、十分遊んだという証拠かもね。

c-DSC_5316.jpg 

そんなわけでお散歩は終了です。

今日は爆睡。
明日は帰るよ。

いっぱいお散歩行けてうれしい
毎日がたのしいー

年末年始Ⅶ

 10, 2018 00:04
年末年始のお休みもあと2日。
お天気が良くて、素敵なお正月です。

この日のあさんぽは「松川湖(奥野ダム)」です。

c-DSC_8705.jpg 

ここは伊東の中では山奥に該当する場所で
気温が低いんです。

以前はこの湖の周りの遊歩道が4キロぐらいなので
一周歩くこともたびたびありました。
特に、北斜面のために、特に朝は気温が低いので、
夏の朝一のお散歩には最高なんです。

けど、今は冬。
風が通ればさらに寒い。
なので、人がいないのもわかる気がします。

c-DSC_8706.jpg 

でもね、この日は風がなく、比較的暖かかったんですよ。

c-DSC_8708.jpg 

最近は歩くのがめっきり遅くなったmikanも
下りのスロープでは楽しそうにどんどん歩きます。

c-DSC_8714.jpg 

そしてこんな広場に到着です。

この公園はいろいろな顔があります。
koroもmikanも若いころはいろいろなパートを歩き尽しました。

けど、最近は行ってないなぁ。
いつもメインのここだけ。

c-DSC_8715.jpg

mikanはうれしいね。
ここはたしか、昨年も来たような。(その時の様子はここ
やっぱりkoroとの思い出いっぱいだね。
1年前もmikanは芝生の上でスキップしていたよ。

c-DSC_8722.jpg

ちょっと寒そうで水のそばには行きたくないから
ついついママは高いところに上っちゃうけど、
mikanはそんなのお構いなし。

c-DSC_8727.jpg 

足が弱っているのだけれど、それでもちゃーんとスロープは上がってこられるのね。
そして、その時の顔が、とーってもいい笑顔。
うれしいのよね。

そしてさらに先に行こうとする。

c-DSC_8734.jpg 

しばらく、私もその芝生に座ってみた。
寒い日はとても底冷えがしてできないけれど、
この日は日差しが出始めたらとても暖かだった。

mikanはのんびりその場にとどまることが苦手です。
何かしらしていないと気が済まないみたいです。
ちょっと芝生に座ったものの、あっという間に催促されました。

c-DSC_8738.jpg 

空がキラキラしているね。

さぁ、午前中のお散歩はおしまいだよ。
また午後、お散歩しようね。

一人のお散歩も慣れたかな
いっぱいの愛情で一人でも楽しくなりますように

WHAT'S NEW?