レンズ

 27, 2017 07:50
リハビリ通院がスタートしました。
家から5分以内で駅に着くことができ、一駅だけ乗り、行き先の病院も駅の目の前。
それなのに、本当に時間がかかります。
通常なら15分~20分あれば目的地に着くはずなのに、今は45分も。
電車の乗り降りがハードルが高く、ドキドキします。
それからたったそれだけなのに、左足に負担が掛かり疲れきってしまいます。

特に雨は困ります。
まだ、怖くて歩く時には松葉杖に多く加重してしまう。
もう右足に加重していいんだけど、右が膝折れしたらまたピーポーとなってしまう。
そう思うと怖くて怖くて。
松葉杖に頼っているということは松葉杖が滑ったら最後。
雨の日はそれさえも心配。
まだ2日目なんだから仕方ないんだと思う私と、焦る私と。



そんな週末、新しいレンズが届きました。
入院中の最後の方でポチっとしたものです。

b-DSC_5110_20170625151542d37.jpg 

カメラじゃなくて、レンズだけです。

ちょっと古いミラーレスのカメラですが、ズームレンズが遠近広範囲でとても気に入っていたんです。
でも、そのレンズ、入院前のとある日、急に壊れちゃって。
光が取り込めず何度覗いても暗くなってしまう。
メーカーに修理の見積もりを取ってもらったら、新品と同じで4万円もすると。
だったら新しいミラーレス買うよ!といろいろミラーレスを検討していたのだけれど。
家にはデジイチもあるし、思いのほか良く撮れるコンデジもあるし。
で、ちょうど「単焦点レンズ」というのに興味があり、ニコンミラーレス用の
単焦点レンズが中古市場に出ていたので、ポチっと。
でもこのレンズににはワインカラーがなく、仕方なしにシルバーで。
変な感じのツートーンカラーになっちゃったけど、そのうち見慣れるかな。

さっそく使ってみました。

b-DSC_5611.jpg 

ズームがないっていうのは今まで持ったことがないので、変な感じ。

b-DSC_5614.jpg 

デジイチとかミラーレスとかはレンズをズーミングするのが醍醐味と思っていたんだけど。

b-DSC_5637.jpg 

それがないから、単にピントを合わせてパシャパシャ撮るだけ。

b-DSC_5660.jpg

でも、撮った写真を見てみると、撮りたかった被写体以外は全体的にボケてくれて、
なんだかいい感じ。

b-DSC_5673.jpg 

簡単に撮れて、しかも、少しくらい動いてもきっちりピントが合ってくれている。

b-DSC_5675.jpg 

単焦点は簡単で、レンズ自体も軽くて、買ったらハマると言われていたけど。
だからこそほしいな・・・と思ったんだけど。

b-NMS_5642.jpg 

ちょっとびっくりだな。
できることなら室内だけじゃなく、キレイな景色の中で撮ってみたい。

それは、今は無理な話。

また足が復活してお出かけできるようになったらね。
それまでみんな元気でいてくれるかな・・・。

しばらくは家の中とベランダが守備範囲。
ちょっと室内撮りが楽しくなりそうです。

室内でも楽しみ見つけないと。
なんとなく動くのも不自由だし、辛いもんね。
スポンサーサイト

素敵なこと

 26, 2017 08:02
穏やかな朝です。

koroとmikanがそばにいる、とても穏やかな朝です。
相変わらずkoroは寝たきりですが、だからこその穏やかです。
mikanはお気に入りの場所が玄関になってしまっており、
ほとんど日中はそこで寝ていて姿を見せません。
けれど、それがまさに日常です。
素敵な日常です。

b-DSC_5035.jpg 

b-DSC_5064.jpg 


今日から連日リハビリです。
大雨が降ったときは松葉杖が滑って危ないので来なくていいということになっていますが
それ以外は毎日。
一日も早くちゃんと歩けるようになるためです。
今のままでは家の中でも不便です。
それに、健康な左足に負担がかかってしまい、腰を痛めてしまいます。
そうならないように・・・。



さて、引き続き、入院中のお話です。
入院中に予想だにしなかった素敵なことのお話です。

入院中は、一番近しい現在の職場の人達には迷惑をかけっぱなしということで
ただでさえ忙しくさせてしまっているので、お見舞いは遠慮していただいていたのですが、
それ以外のいわゆるプライベートのお友達がたくさん来てくれました。

※写真は文章に関係なく、今日のご飯の様子です
b-DSC_5606.jpg

特に、驚くべきことは、何年も会っていない通称「年賀状友達」が何人も来てくれたことです。
毎年の年賀状で「今年は会いたいですね」と言いつつもなかなか会えてないまま
もう10年、20年、場合によっては30年近く会えていなかった人が何人も
お見舞いに来てくれました。

b-DSC_5607.jpg 

久しぶりでどんなになったかしら?と思うときに、
ノーメイクでパジャマ姿のひどい状況で、何もこんな状態じゃなくても・・・
と思うところだけど、それよりこんなチャンスでもお会いできたことに感謝しました。

そんなに久しぶりなのに、忙しい中、決して便利とは言えない私の自宅のそばの
病院までお見舞いに来てくれて。
その心意気に、パワーに、ただただ頭が下がりました。

b-DSC_5608.jpg

そして、それはそれは、味気ない入院生活の中で、楽しいうれしい時間でした。

たっぷりゆっくりお話が出来たので、
次回は是非、元気になってから会いたいな・・・と。

それは、入院して変わったことのひとつ。
いつでも会えると思っていたけど、突然何が起こるかわからない。
だから、会いたいときに会わないとね、って。
先延ばしにしちゃダメだ、とね。

いろんな意味で考え方の変わる入院生活でした。


追伸
後半の写真は、退院してから遅ればせのmikanの15歳のお誕生日メニュー。
なんか中途半端で、またちゃんと歩けるようになったら別の何かを考えようと思ってます。


いろんなこと考えた入院だったんだね
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

入院生活

 25, 2017 08:26
退院して一夜明けました。

やっぱり家はいいですね。
koroとmikanがそばにいる。
それだけで、なんと満たされる。

b-DSC_5103.jpg 

b-DSC_5041_20170624193342a31.jpg 


病院での生活は決して不自由ではありませんでした。
もちろん、骨折した足は最後まで不自由でしたが、
病院の医師、看護師、リハビリの理学療法士の方々は本当に良くしてくれて
決して辛いというほどの毎日ではありませんでした。

特に性来ポジティブな私のこと。
こんなもの食べたよ~の食事の写真を撮ったり、
お部屋からこんなものが見えるよ~の写真を撮ったりして楽しむ計画でした。
実際写真はいっぱい撮りました。

b-CIMG6819.jpg 

b-CIMG6747.jpg 

b-CIMG6784.jpg 

b-CIMG6817.jpg 

b-CIMG6796.jpg 

b-CIMG6750.jpg 

b-CIMG6871.jpg

それでも、当初(術前)2週間程度と言われた入院生活が結果として6週間にも及んでしまったこと、
それは術前計画のとおりにはいかなかった重症だったこともありますし、
思いのほか急に筋力が落ちてしまったこともありますが、
そんな状況の中での入院生活は、先が見えずネガティブに傾いたことも多々ありました。

それでもどうにかこうにか心を平穏に保っていたのは、一つにはSNSであり、お友達ブログの
存在があったと思います。

自分自身はブログをお休みしていたのですが、お友達のブログはずっと拝見していました。
ありがとう。みなさん。

入院生活は、こんな元気な私でも長引けば滅入りそうになる。
内科の手術で入院なさっている方や、入院中も具合の悪い方、先が見えない方、
本当に大変だと思いました。

私もそのことを知ってよかったです。
そして、優しくなりたい・・・と思いました。

ただじゃ起きない。
いろんなことを学んだね。

ただいま

 24, 2017 17:06
みなさま


ただいまです。

やっと退院しました。

人生初の長い長い入院生活となりました。
42日間の長い長い・・・。

最初はほんの2週間程度のつもりでしたが、そう簡単に歩くことができるようになるわけでもなく、
そもそも膝が曲がりませんでした。
関節を痛めるということは、やっぱり簡単なことではないのだ・・・、大変なことなのだと改めて気づいた次第です。

もちろん、退院したからといって、ハイ歩けます!ということでもありません。
まだ、松葉杖です。
普通には足が曲がりません。
曲がらないだけでなく、足を自力で上げることができません。
これから毎日のリハビリ通院の中で、それなりの時間をかけて治っていくのだと思います。

骨がくっつくのは半年以上かかるそうです。
ただ、その前に歩けるようにはなるはずです。

会社へ行って周りに迷惑をかけないレベルになるにはもう少し・・・。
もう少し、リハビリを続けることになりそうです。

b-CIMG6896.jpg  



さて、koroとmikanのことですが。

koroとmikanについては、この間、病院にあずけたり、人に見てもらったり。
たくさんの人に迷惑をかけ、どうにか乗り切ることができました。
サポートしてくれた方々には本当にありがたく、感謝以上の言葉もありません。

koroを置いて1ヶ月も・・・とは思っていませんでしたが、
どうにか、ヨボヨボながらも生きていてくれました。
ずいぶん食べる量が減って、食べるのもすごく時間が掛かり、食べたり食べなかったりです。
食べない理由は、よくよく見ていると舌がうまく使えなくなってきたようで
口先に入れた食べ物を奥まで運んで咀嚼するまでに相当の時間がかかっています。

b-DSC_5042.jpg 

仕方がありません。
koroは17歳と7ヶ月なんですから。
ただ、少しでもたくさん食べて、体力は付けて欲しいなと思っています。

mikanはこの間に15歳の誕生日を迎えました。
後ろ足の踏ん張り力が弱まってきた感じはするものの元気です。
コーギーの15歳は上出来だと思います。
もう少し生きてくれるんじゃないかと思います。

b-DSC_5038.jpg 

思い切りお散歩してあげたいな・・・というのが本音です。

そんなこんなで、自宅での生活に戻りました。
さっきも書いたように、これからしばらくはリハビリに通う毎日です。
利き足を痛めたため、車にも乗れないため、
いわゆる買い物はできないので、その日暮らしというところでしょうか。

その分、koroとmikanと過ごす時間はいっぱいです。
思うようにはお世話を出来ませんが、最低限のことはできます。
そして、なにより、一日中顔を眺めていることができます。

お仕事関係の方々には本当に迷惑をかけっぱなしで、
これからもしばらくその状態は続くのですが、すみません、もうしばらく
お休みをいただくこととなります。
どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。

入院中のことは、いろいろと書きたいこともありましたが、
まずはここまで。
また追ってつらつらと書き綴ろうと思っています。


帰ってきて一番ホッとしているのはママだね。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

WHAT'S NEW?