明日への思い

 31, 2016 23:13
明日。

いよいよ明日。

待望の、待ちに待ったその日。

koroの奇跡の誕生日。
17歳の誕生日。

こんなにも生きてくれるなんて。
ついに明日を迎えられるなんて。
しかも、笑顔で。

b-CIMG5435.jpg

16歳最後の、16歳を生き尽したkoroの笑顔です。

なんて、かわいい。
なんて、いとしい。
なんて、素敵な、幸せな笑顔。

結局、明日の準備はしなかった。
この日を本当に迎えられるか、最後の最後まで信じられなかったし。
もし、準備して、その日を迎えられなかったときの失望を思うと
とても準備はできなかった。

何もないままやってくる明日。
けれど、最高の幸せの明日。

素敵な笑顔で迎えようね。

待ってたね~、ずーっと待ってたね~
やっと、やっとお誕生日だよ。

スポンサーサイト

ささやかなハロウィン

 27, 2016 23:16
もう少し。
koroの誕生日まで。
あと5日。

そして、その前日がハロウィン。

ささやかながらハロウィン。

b-DSC_4267 (2) 

オムツ生活の中のひそかな楽しみ。

b-DSC_4269 (2) 

かわいい。

いままでのが少し残ってるけど、ハロウィンが近いから変えてみたの。
koroには、わからないだろうけど。

今日も元気。

ずーっと寝ているだけなのに、朝と晩はちゃんと食べてくれる。

b-DSC_4270 (2)

食欲が頼り。
食べてくれてありがと。

koroが食べ終わるのをmikanが待っている光景。
いつもの光景。

ささやかな幸せ。



あと少しだから、頑張ってみるよ!
のkoroに応援のポチっとお願いします。

mikanの復活

 25, 2016 23:50
mikanが不調になって1日。
不安で不安でたまらない一日を過ごしました。

そして、今日の朝、mikanが復活しました。

いつものようにご飯を待ってました。

b-CIMG5417.jpg

いたずらっぽい視線が、食いしん坊の流し目が
その元気さを表してます。

遊んで!とおもちゃを探すしぐさも。

b-DSC_4260 (2)

朝の忙しいときに、「遊んでくれ」というのは、相当元気な証拠。
いつもは「会社へ行っちゃうのか・・・」としょんぼり君なので。

さらに、得意の上目遣い。

b-CIMG5429.jpg 

目力たっぷりです。
一日元気にやる気満々のmikanに戻りました。

遊びに付き合ってあげられないのが、
たっぷり一緒の時間を過ごせないのが、

なにより、mikanの元気を受け止めてあげられないのが残念です。

心配いただいた皆様。
ほんとうにありがとうございました。
たった一日元気がなかっただけで、本当に不安で
その思いで頭がいっぱいになりました。
情けない飼い主です。

これからが思いやられます。

でも、そんな飼い主なので、もう少し心の準備ができるまで
元気でいてもらおうと思います。


心配してくれて、ありがとね~

mikanの不調

 24, 2016 00:29
koroのことばかりにかまけているこの頃。

朝から、mikanとはお散歩もしたし、夕方はバクバク食べて。
いつもと一緒の時間が流れた夜。

mikanに異変が起きました。

b-CIMG5412.jpg 

部屋中をうろうろして、落ち着かない。
抱いても、はぁはぁするばかり。

大好きな柿も食べない。
おやつのジャーキーも興味を示さない。

それでも、訴えるような眼をして見つめてくるので、
抱いてほしいのかな・・・と。

そして、うつろな目。

最後は玄関へ。

b-CIMG5414.jpg 

夏はひんやりしているからと、よく寝ていることもあったけど、
今夜はそれほどでもないし、窓も開けているから涼しいくらい。

なのに。

表情も浮かない。

こうなる原因って何かあったのかな。
変なもの食べたとか。
それがわからないだけに不安です。

koroを心配しているうちに、mikanに何かがあったらどうしよう・・・。
koroが先だな・・・と思っているけど、急な異変があったら・・・。

明日の朝(もう日は変わっているけど)、元気に復活してくれるといいな。


やだよ、mikan。元気でいてくれなくちゃ。
どうか、なんでもないことを祈って、
応援のぽちっとお願いします。

あと9日

 23, 2016 09:41
ほぼ寝たきりになったkoroです。

b-CIMG5406.jpg 

お天気がいいので、日差しがたっぷりです。
こんな日は、koroの寝具も洗濯しなくちゃ。

b-CIMG5407.jpg

1分たりとも離れていたくない飼い主ですが、
週末ともなるといろいろやることもあって。

b-CIMG5408.jpg 

ぼんやりしているようですが、ここ数日、koroはこんな感じになりました。

朝、私が出勤して、帰ってくるまでの間は15時間程度。
どんなに早くても14時間。
15時間以上になることもしばしばです。

b-CIMG5409.jpg  

そんな時間をまったく動くことなく寝ています。

トイレも支えなしには難しい・・・そんな状況にありつつあります。

b-CIMG5410.jpg 

それでも、今日は元気か?
と思うと、わずかな差ではありますが、私にはわかる生きる力が
しっかりとあるときと、あれ?って時とあります。

b-CIMG5411.jpg 

こういうkoroをいとおしい・・・と思う毎日です。



がんばるよ~、のkoroに
応援をお願いします。

指折り

 19, 2016 23:45
ついに始まりました。

ドキドキのカウントダウンが。
うれしい、うれしいカウントダウンが。

koroの誕生日まで半月を切ったのです。
さすがに超老犬のkoro。
1か月生きてくれる自信はなくて、
かなり近いところまで我慢したんだけれど。

あと、13日。
koroが17歳になるまでに13日。
待って、待って、待って。
その日まで、無事にその日を迎えるまで、心から待っています。

b-CIMG5401.jpg

17歳になるその日は火曜日。
会社を休みたいくらいです。

いつどうなっても仕方のない年齢だけど、
今は、どうかなっちゃうような特段の病気もないし。

どうか、どうか、
平和に、穏やかに、その日を迎えたい。

あまり大げさにならないように、
特別なことにならないように、
そーっとそーっとその日を指折り数えて待つことにします。


ちなみに、
今日もうんPとシーを自力でしました。

頑張り屋のkoroです。
どこまで頑張るか、勝負です。

伊東のあと

 18, 2016 23:07
楽しかった伊東。

あっという間に日常に戻りました。

そして、koroですが。
寝てばかりです。

b-CIMG5395.jpg

決して体調が悪いわけではないのでしょうが。
疲れたんでしょうね。

そして、歩くことがだいぶ難しくなってきました。
95%ぐらい寝たきりです。
オムツも日常つけっぱなしになりました。

伊東ではずいぶん体を動かしたようで、
食事のたびにバクバク。
食らいつくように食べてました。

またああいう日々って、必要だな・・・。

それから。

涙やけしていたので、ウェットティッシュで拭いたら、
拭きすぎちゃって。

b-CIMG5396.jpg 

毛が抜けちゃいました。
ごめんね、痛かったかな。

何も言わないし、泣かないkoro。
大好きなんだな・・・。


がんばって生きて!
ママのためにね!

16歳最後の伊東 ラスト

 17, 2016 00:15
秋の連休の最終日。
お天気はどうにかもってくれました。

午前中のお散歩、どこへ行こうかな・・・と考えて。
小室山へ登ることにしました。

koroがまだまだ元気なころは、時々行っていた小室山の山頂。
最近ではまったく行くこともなくなっていた。

b-DSC_4199 (2) 

途中に広場もあって、歩くにはちょうどいいこのコースも
koroが歩けなくなったら行くのが億劫になって。

mikanだって、決して健脚ではなくなっているし。

b-DSC_4205 (2)

これが、koroとmikanが一緒に上る最後の小室山だろうと
考えています。

だからどうしても見ておきたかった。
小室山山頂からの景色。

b-DSC_4206 (2)

晴れてなくて、富士山が見えなかったのは残念だったけれど。
それ以外はぜーんぶ見えた。

b-DSC_4209 (2) 

ここも人が少ない・・・。

b-DSC_4211 (2) 

大室山よりマイナーで、登っても景色以外の何もなく、
たいして広くもない山頂。

だから、人が来ないのかも。

b-DSC_4218 (2) 

koroをその地におろしたかった。
そして、実現しました。

koroはほとんど立てなかったけれど、ちゃーんと
空気を感じてくれました。

よかったね、koro。

b-DSC_4235 (2)

b-DSC_4220 (2) 

途中、萩が咲き始めていました。
暖かい伊東も、秋ですね。

山から下りる帰り道、お気に入りの広場へ行ってきました。

b-DSC_4226 (2)

海が見える以外何にもない草の広場だったけれど、
知らないうちに、遊戯施設ができていました。
人を呼ぶため?
ちょっと残念に思いました。

それでも、人は少なく、一組の子連れの家族がいただけでした。

b-DSC_4227 (2) 

koroは歩きにくいかもしれないと思った斜面。
それでも、歩きました。

b-DSC_4231 (2)  

b-DSC_4239 (2) 

mikanも耳が聞こえないのだけれど、
海の音、風の音、聞こえたかな。

b-DSC_4237 (2) 

二人が同じように年を取っていくから、
ペースも一緒で、ゆっくりゆっくり。
歩くのもちょうどいい。

b-DSC_4242 (2)

いっぱい話しかけました。
楽しかった思い出、いっぱいだから。

たのしいな~、うれしいな~、そして、なつかしいな~

b-DSC_4245 (2) 

また来ようね。

ゆっくりだけど、ちょっときつかったお散歩終了。
よく歩いたね。

午後はゆっくり休んでね。

そして、午後、私は従姉とのティータイムを楽しみました。

b-DSC_4247 (2) 

ここもマニアなお店です。
地元民の従姉も知らなかった~

また一つ、テリトリーが広がりました。

こんな感じで最後はあっさり、伊東旅行は終了です。
本当は新しい場所も行きたいんだけど、
koroには新しい場所の旅行は難しいかもしれません。
これからの日々は、ゆっくり、さらにゆっくり過ごしていきたいと
思っています。

また一緒に来ようね、約束だよ。

16歳最後の伊東⑥

 16, 2016 01:23
お祭りメインの日曜日、午後は晴れてのんびりしました。

で、そのお祭り。
午前中は海にお神輿が入る儀式を見たんだけど、
夜も街はお祭りだよ~と従姉から聞いたので行ってきました。

koroもmikanも遊び疲れでぐっすり眠っていたので
一人で街に繰り出しました。

b-DSC_4178 (2) 

キネマ通りは山車でいっぱいでした。
次から次から、山車が流れてきました。

b-DSC_4182 (2) 

そして、実際通りに入ると、いろんなパフォーマンスが。

b-DSC_4183 (2) 

この道は、ずーっと昔は旅館の浴衣を着て観光客がそぞろ歩きをした
場所です。

この日も、観光客がいっぱいでした。

b-DSC_4186 (2)

このお祭りは、毎年10月14日、15日に行われていたそうですが、
参加者が年々少なくなり、平日に行うことに限界を感じ、
今年初めて連休に充てたと・・・。

よかったね。

b-DSC_4189 (2) 

おかげで私も見られた。

b-DSC_4190 (2) 

koroとmikanと一緒に繰り出して来ればよかったな。
ちょっと反省。

楽しいことは一緒に見たい、経験したいもんね。

私一人で、こんなものまで。
やっぱり食べちゃいました。

b-CIMG5392.jpg 
 
さすがにテイクアウト窓口、並んでました。
いつもながら、おいしかったぁ。

さ、明日は連休最終日。
帰る日だよ~
連日、楽しいね~
一緒の時間、大切だね。

16歳最後の伊東⑤

 15, 2016 02:55
日曜日の朝、昨日あれだけ晴れたのに、予報通りの大雨でした。

せっかく、名物のお神輿が見られるはずだったんだけど・・・。
朝はお散歩しようって決意していたのにな・・・。

そんな残念な朝はまったり始まりました。

b-DSC_4096 (2) 

朝早くから起こしてごめん。
でもね、お神輿、絶対見逃したくないの。

雨だったらお留守番だよ。
ママ一人で見てくるから。

b-DSC_4099 (2)

そうだね、雨がひどいもんね。

b-DSC_4105 (2) 

ほんとだね。
koroはいっぱい寝られてうれしいね。
これから雨が上がるのかな。

b-DSC_4106 (2) 

もっとポジティブに考えようよ。
あと数時間、雨あがるかもなんだから。

b-DSC_4107 (2) 

それは、はっきりとはわからないけど。
午後は止むって言ってたから、早まるかもね。

b-DSC_4108 (2)  

だから、午後からは晴れ。

そりゃ、お神輿は午前中なんだけどね。

b-DSC_4110 (2) 

もう少し、気長に待とうよ。

b-DSC_4121 (2) 

だよね、koroは前向きだよね。

そんな会話をしているうちに、目的の時間になり、ふと見ると
雨がかろうじて上がってきました。

なんてラッキー?

b-DSC_4123 (2)

一部、青空も見えるほど。

さっそくカートでお散歩がてら。
mikanは歩きです。

b-DSC_4124 (2) 

あー、やってました、やってました。
お神輿担ぐ人に従姉の息子が。
そして、そのほかにももう一人の息子が。

b-DSC_4125 (2)  

あっという間に海に入っていきました。
この日は水は冷たかったかな。

足が届かないところまで行くんですって。

b-DSC_4129 (2)

泳ぐんでしょうか。

b-DSC_4142 (2) 

お神輿は3回ほど入るらしいです。
少しずつ場所を変えて。
2回目に上がってきたときは、暖をとり、巫女さんが舞をしていました。

b-DSC_4144 (2)

mikanにはわかるのかな。
うれしそうでしたけど。

b-DSC_4153 (2)

そして3回目、入っていきました。

雨がぽつぽつ。
ザーッと降らないので良かったけれど。
街を散歩して帰りましょうか。

駅近くのレンタルサイクルのお店「ゴローゾ」さんで一休み。

b-DSC_4158 (2) 

伊東であることを忘れるほど。
まるで雰囲気はカリフォルニア。

b-DSC_4165 (2) 

ちょっとお茶するスペースがあり、
この日食べたのは「サバタコス」
サバの臭みがなく、とてもおいしかった。

b-DSC_4168 (2) 

デザートも。
ほんとはコーヒーゼリーの新製品「ローマの平日」を食べたかったんだけど、
お店の都合で、ミニパフェ。
けど、私の大好きなもの。

koroとmikanはお店の前で待っててもらいました。

b-DSC_4167 (2) 

お神輿見学の時間が長かったけど、
いつもになく、新しい経験もし、楽しいお散歩になりました。

これで、ひとまずおうちに帰りましょ。

毎日遊べて幸せ~
疲れても遊びたい
だから応援してね

WHAT'S NEW?