ブロ友さんとの初対面

 30, 2015 23:33
本日、大阪市内にお住まいのブロ友さんと会ってきました。

一度お会いしてみたいな~、ワンちゃんにも飼い主さんにも~と思っていたらお誘いが。
ちょっと私のほうが年上とわかっていたのだけれど、図々しくもお会いしてきました。

お天気予報は雨に向かっていて、曇の一日。
ラッキー!お散歩するには最高だー!と喜んでいたら、朝からピーカン
こりゃ困ったことになっちゃったね~

待ち合わせは「南芦屋浜」のパン屋さん!

カフェで会おうということだったので、koroとmikanがおとなしくしていられるように、
先にたっぷり散歩をさせることにしました。

b-CIMG0984.jpg

日陰はマシなんだけど、暑かった~

ちょっと草はボーボーな感じ?

b-CIMG0986.jpg

koroがバテるんじゃないかと心配もし、

b-CIMG0990.jpg 

熱中症を2回も経験したmikanのこともとっても心配だった。

桜の木の下を選んで、日陰を歩くようにしたけれど、

b-CIMG0987.jpg

それでも暑かったよ~

さくらんぼが生っていたね。

b-CIMG0989.jpg 

バテないように気を配りながら、でも、広いところでフリーにしてあげたくて。

b-CIMG0996.jpg

終わりかけのシロツメクサが一面に咲いてた。

この広場がkoroもmikanも大好きなはず。

b-CIMG1000.jpg 

目、瞑っちゃったけど、本当にいい笑顔。

長い時間歩くことはやめているので、カートで散歩が増えてきたkoro。
でも、ここなら。

b-CIMG0999.jpg 

二人とも楽しそう・・・。
ぐんぐん歩く。
koroはスキップもした。

b-CIMG1002.jpg 

遠くを眺めていたkoro。
何を思っているのだろうか・・・。

本当に満面の笑み。

b-CIMG1005.jpg

こっちまで幸せになる。

一方mikanは?

b-CIMG1007.jpg

サラダバーが食べられればそれで良し。
散歩よりごはん派だもんね。

勝手知ったる道。
どんどんふたりは歩みを進める。

b-CIMG1009.jpg 

そんなに先走っちゃダメだよ!と私が立ち止まる。

ついてこない私を振り返って、二人は戻ってくる。

b-CIMG1015.jpg 

これが可愛くて可愛くて。
別の場面でもやってしまう。

どんどん行ってしまうふたり。

b-CIMG1016.jpg

完全に、koroはmikanのあとを追いかけてる感じ。

付いてこない私にmikanが気づく。

b-CIMG1017.jpg 

あれ?ママが来ない。なんで?なにやってんの?ママ。

b-CIMG1019.jpg  

しょうがないなぁ~、見てくるわ~ってとこかな。
ちょっと面倒くさそうなmikanの顔が笑える。

koroは何が起こったかわからない顔だね。

b-CIMG1020.jpg

二人とも帰ってくることにしたみたい。

何度もやらせてごめんね、mikan。

b-CIMG1026.jpg 

そんな散歩を楽しんで、約1時間たっぷり。
ちょっと強い日差しの中で、疲労感もたっぷり。

koroとmikanがバテないうちに、お店に入ろうっと。

このテラス席は、ワンコ同伴者優先席があるので安心。
屋根付きなので、日差しもよけられる。
水辺なので、風が涼しい。

b-CIMG1032.jpg 

koroはカートイン。
お座りできないし、地べたに伏せることもあまりしない子なので、
きっと立ったままになっちゃうから。

一方mikanは地べたににお座り。
二人入るときついから許してね。

b-CIMG1033.jpg

そして、今日、お初にお目にかかった「きなこちゃん」
雑種犬 きなこの日常」のきなこちゃんとなみごんさんに会ってきたんです。

b-CIMG1036.jpg 

大きかったけどスマートで可愛かった。
大人しくってとっても良い子でした。

ランチメニューに選んだのはこれ。
パン屋さんなので、軽食です。

b-CIMG1034.jpg 

話に花が咲いて、とっても楽しくて。
何食べたか、どんな味だったか、話に夢中で覚えてないくらい。

涼しくって、ワンコたちも幸せそうだったな~

すごい長いことここでお話していて、最後に大好きな南芦屋浜のお散歩コースを
軽く一周。

最後に記念写真をパシャリ。

b-CIMG1038.jpg 

もっと素敵な景色で撮ればよかったな~と二人で反省。
これも笑い話。

最後にお土産まで頂いてしまいました。
私ったら、気が利かなくて申し訳なく思います。 

b-CIMG1044.jpg 

なみごんさん、本当にありがとうございました。
初対面なのにとっても楽しかったです。
またきっと会ってくださいね。
それまではkoroもきっと元気でいますから!
スポンサーサイト

寂しくて

 30, 2015 07:51
このところ、お友達がひとり、また一人とブログを休止していきます。

私なんて、好き勝手書いていて、自己満足のつぶやきばかりだけど、
みなさんも楽しくワンコさんとの暮らしを書いてくださって、
勉強になるやら、羨ましいやら、微笑ましいやら。

一緒に成長させていただいているように感じています。

そんな中、おやめになる方がポツポツと・・・。

主な理由は、ワンコさんが亡くなったりすることが一番。

b-CIMG0976.jpg 
(この日のkoroは珍しくスキップしました)

本当に寂しい限りです。

お会いしたことのない方ばかりだけど、ワンコさん達との日常を見ているうちに
とっても近い存在になっていて、
まるですぐそばでその暮らしが存在するように感じていたりして。
まるで近くのドッグランで毎週会える友達みたいに感じたりして。

そのワンコさんが病気になったり、年をとったりして
一人、また一人、お空に旅立っていく・・・。

b-CIMG0975.jpg

そんなことで、本当に寂しくて、残念で。

そして、ワンコさんとの暮らしがなくなった飼い主さんは
おそらく書くことがなくなっていくのだろうけど、ブログを休止する・・・。

これまた本当に寂しいんです。

ずーっと友達でいた人が音信不通になるような。
そんな寂しさがあります。

b-CIMG0982.jpg

ワンコさんがお空へ逝っちゃうのはとても寂しいんだけど、
輪をかけて、飼い主さんのつぶやきを聞けなくなることも辛い。

続けて欲しい・・・。
けど、主役がいなくなったブログは休止もやむを得ないのかも・・・。

ワンコさんとの暮らしをやめてしまうことも寂しい・・・。
もう一度、次のワンコさんとの暮らしを始めて欲しい・・・。
でも、見送ったあと、次のワンコさんを迎えたくない、迎えられない気持ちもわかる気がする。

私だって、想像つかない。
その時の思いは・・・。

b-CIMG0979.jpg

こんなに熱い思いで書いているブログ、やっぱりやめたくなっちゃうかも。

辞めたいとか辞めたくないとかっていうレベルじゃなく、書けなくなっちゃうかも。

それでも。
本当に寂しくて。

また一人、お友達のワンコさんが旅立ちました・・・。

元気です

 30, 2015 00:43
みなさんにご心配をおかけしてますが、koroとmikanはいつもと変わりなく元気です。

そして、私も、元気です。
思い悩んでも仕方ないし。

b-CIMG0957.jpg

朝の散歩も順調にやってます。

b-CIMG0954.jpg

もう、手術をするかどうかについての結論までは、やることは決まっているんだから。

今週末、かかりつけの先生のところで、エコーのデータをもらってきます。

そして、来週末、相模原までひとっ走りして、相模原でのかかりつけの先生に相談してきます。

エコーのデータが同じなので、症状の見立ては一緒だと思うんだけど。
でも、先生によって犬のQOLを前提での考え方は違うと思う。
だから、ご意見を伺ってこようと思ってます。

どちらを信じるとか信じないとかっていうつもりはないんだ。

b-CIMG0959.jpg

いろいろな考え方を提示してもらって、その中から私自身が選択しようと思っています。
もちろん、双方の先生が同じ考えかもしれないけれど。
そしたら、私は迷う余地なしだしね。

オチリの腫瘍はちょっと気になるな・・・。
早く切ってしまったほうがいいのかな・・・と最近は揺れてる感じ。

b-CIMG0967.jpg 

それから、相模原に帰ったついでに、今度こそ車いすを積んでこようと思ってます。
もう、そろそろkoroが慣れないと。

なんか、車いすの力を借りて、koroがmikanと同じテンポで歩けるようになったらいいな~

詳細な説明

 24, 2015 23:22
本日、koroのことについてかかりつけの病院の院長先生に相談してきました。

b-DSC_3602.jpg

1時間半ぐらい待って、お話したのも40分近く。
たっぷりお話できました。

院長先生の話にはいろいろポイントがありました。

koroがこれまでコンスタントに検査をしてきているので、
肝臓やホルモン系や胆管などに病気があることもわかっており、
手術体制については万全を期すことができること。

肛門の手術と脾臓の手術は、麻酔をかけるという点で言えば一度に行うことも可能だが、
部位が離れているので、手術としては「消毒→手術→縫合」という手順をそれぞれしなければならず、
麻酔時間が長くなるのでkoroの体に負担がかかるため、
期間を置いて2回に分けたほうが望ましいこと。

肛門の腫瘍は良性であっても今より大きくなれば排泄などにも支障が出てくる場合も有り、
現段階で手術をすることが望ましいこと。

脾臓は今すぐ急を要するということではないが、
体内での破裂や癒着が起こってからの手術は命の危険が発生し、koro自体も苦しむことになること。

昨年11月は2センチだったが、その前は5ミリ程度であり、成長をしていないということではないこと。


院長先生の説明はわかりやすく、納得できるものでした。
安心も出来ました。

でも、やっぱり今日の段階では決めかねて、6月はじめの手術はひとまずキャンセルしました。
ただ、来月中には判断するとお約束しました。

b-DSC_3599.jpg

あともう一つ。

koroの歩きについての相談。

実は、koroは相模原の病院の先生から車椅子をお借りしています。
車での大阪都の行き来に衣替えなどで荷物が多くて運べなかったことから、
まだ相模原に置いてあります。
さすがに6月には取りに行きたいな~と思っていたのですが。

その点についてもお話したところ、koroのような後ろ足が弱った老犬の場合、
排泄などでも腰に負担がかかっているので、
「ぜひすぐにでもその車椅子を使ってください」
とのことでした。

今、車椅子を使ってでも、歩きたいだけ歩かせてあげて
筋肉を落とさないことが大切だと。

いずれもとても理解できる説明でした。

6月には相模原に帰って、車椅子をとってきたいと思います。
そして、セカンドオピニオン、エコーの結果もCDデータにして貸していただけることになりました。

神様。
koroにとって何が一番か
一生懸命考えるために、どうか少し時間をください。

迷う

 23, 2015 11:02
koroのこと、悩んでいる途中で記事をアップしても・・・と、
早く結論を出したい・・・と、
そう思って過ごした一週間。

でも、結論は未だに出ないでいます。

週の中に、koroとmikanの健康診断の最終結果が出ました。

b-CIMG0895.jpg

mikanは肝臓の数値が基準をオーバーしていました。
koroの肝臓と一緒です。
でも、まだまだ序の口。

koroの肝臓の数値は少し悪化していました。

ちょっとジャーキーのあげすぎだったかもな・・・。

そこで、koroの脾臓の話。

先生「koroちゃんの脾臓は11月のエコーの時も同じサイズ2センチでした」

私「え?半年で成長していないということですか?」

先「悪性の場合、急速に成長するというのがありますが、サイズに変化がないということで悪性の可能性は少し減りました。」

私「この先も成長しないかもしれないんですね?」

先「それはわかりません。突然成長することもあります。」

先「それと、前回の説明ですぐにでも爆発するサイズとして2~3センチと言いましたが、3センチ以上の間違いでした」

私「どういうことですか?」

先「2センチ以上だったら今すぐ爆発する可能性があるサイズだったんですが、いろいろ調べた結果、それは3センチ以上だったということで」

b-CIMG0898.jpg 

私「ということはすぐの爆発の危険性はないということですか?」

先「爆発しないという保証はありません」

先「それから、肛門の腫瘍はどうするかということも考えなければいけないし」

私「そうですね」

私「私は素人だし、どうあるべきかというのが判断できません。できれば複数の先生の意見を聞きたいんですが院長先生はどのようにおっしゃっているのでしょうか」

先「手術ということになれば、院長が執刀するので執刀医としての意見を聞くことは意味があると思います」

私「院長先生の考えも聞かせてもらえますか

先「今週末なら空いています」

b-CIMG0905.jpg

そんなわけで、この週末、院長先生のご意見を伺うことになりました。

また、手術日は脾臓摘出ということになれば6月6日ではなく6月13日ということなので、
もう少し考える時間がありそうです。

できれば、同じ病院の先生だけでなく、違う病院の先生にも聞いてみたいなと思っています。
エコーの結果は誰が見ても同じでしょうけれど、予後も含めた対処方法はその先生によって
考え方があると思うので。
私の心にストンとくるかどうか、いろいろな意見を聞きながら決めたいと思います。

結論は急がない。
だって、koroの意思に関係なくkoroの犬生やkoroの寿命を決めてしまうことなので
もっともっと慎重にしたいから。
もちろん、時間も限られていると思うけど、それでも、いくらなんでももう少し、
一生懸命考えて、一生懸命悩みたい。

b-CIMG0909.jpg 

koroは元気です。
辛そうな感じもありません。
だから、もう少し時間をかけたいと思っています。

雨の朝

 23, 2015 09:53
週中、雨が降りましたね。
朝の雨は困るな~
朝の散歩が・・・。
ザンザン降っているときは、最近では諦めちゃうけど、
雨が上がったばかりも大変。

b-CIMG0946.jpg

こんな状態の公園でお散歩・・・。
公園の地面は砂のような土なので、雨のあと歩くと足が沈む。

そんな中、mikanは足が短くて、ちょっとの雨でもハネが上がる。

b-CIMG0951.jpg 

レインコートが欠かせない。

mikanのレインコート姿は萌え~なんだけど、お腹ばベトベトになる。
ちなみにこのレインコート、コギを飼っているショップがコギ用に作ったので、
mikanにもぴったり。
サイズもいっぱいあるので大きいコギから小さいコギまでオールマイティ。
とっても可愛くなるのはこのレインコートのデザインのせいだと思うけどね。

koroは足が長いので、ハネがほとんどあがらない。
でも、やっぱり着せないとね。

b-CIMG0947.jpg 

コギにぴったりなレインコートもkoroにもぴったり。

着せるのも頭からすっぽりで、脱ぐときも頭からスルッと、
これまた便利。

トイレするときも邪魔にならないデザインで便利、便利!

雨の日も楽しみを見つけて楽しくしたいね!

そこは・・・

 21, 2015 00:05
夜、トイレに行こうとしたら・・・。

b-CIMG0928.jpg

うーん、koroちゃん、そこは・・・。
そこはトイレのドア・・・なんだけどな。

その手、退く気、ない?

困ったなぁ。
トイレに行きたいけど、行けない・・・。

あ、やっぱりそのまま寝ちゃうか・・・。

b-CIMG0929.jpg

まったく動く気もなさそうだし、気分良く寝ちゃったから、
トイレ、我慢しようかな・・・。

本犬が、寝床を移すまで見守るとしますか。

mikanの無理

 20, 2015 22:30
日曜日、お天気が良かったので久しぶりの長い散歩をしたくなった。

ちょうどシーズンはバラのキレイな時期。
なので、行ってきましたよ!「靭公園(うつぼこうえん)」

b-CIMG0933.jpg

眩いばかりのバラの花と景色。
とってもキレイ。
でも、すごい人。
午後から出発したのがいけなかったね。

ここまで家から5キロ弱。

koroはあまり歩けなかった。

b-CIMG0939.jpg 

ちょっと不調だったかな~
ずっとカートが良かったみたい。
ときどき、トイレのために歩かせたりしたけど。
やっぱりアスファルトは辛いかな。

b-CIMG0937.jpg 

mikanは張り切って歩いたけど、暑かったね~

公園は混んでて、芝生という芝生には人がいる。
みんなシートを敷いて、ギューギュー詰め。

b-CIMG0936.jpg 

くつろげるような場所はなかったな~
ドッグカフェがこのあたりにあるはず~なんだけど、暑いのと、帰りを考えると
まだまだ歩くことになるので、探すのは・・・という気分だった。

b-CIMG0942.jpg 
 
せっかくバラを見たのに、あっという間で退散。
一応、緑も堪能。

b-CIMG0943.jpg 

このあたりはバラはないけど、すがすがしい。
ただし、ちょっと座ってると蚊がすごい寄ってくる。
もう蚊の季節~?
早いなぁ・・・。

帰りも5キロ歩いて帰宅。
最近歩いてないせいで、すごい疲労感。

b-CIMG0944.jpg

さすがのmikanもバテバテ。
バテても、koroがカートに伏せしてるからmikanは歩かなくちゃいけなくて
かわいそうだな・・・。

最後はmikanが軽くビッコを引いた。
足か腰が痛くなったんだろうな・・・。
mikanにも無理をさせちゃった。
ごめん、mikan。

やっぱり、koroだけじゃなく、mikanもいたわってあげないといけない年だな~
無茶はいけないね。
今後は無理はしないことにしようっと。

まったり休日

 18, 2015 23:55
GW後のフルに働いた一週間。
仕事の疲れのせいなのか、koroの体調のことなのか、
ただただぐったり、ぐにゃぐにゃな感じの週末。

koroもmikanもぐにゃぐにゃ。

b-CIMG0920.jpg

近くを通っても、上を跨いでも起きない。

b-CIMG0919.jpg

ときどき、ピクピクしているのでホッとする。

夕方ぐらいに、一番近場の散歩コースを歩く。

b-CIMG0921.jpg 

きちんと手入れがされていないのかボーボーの状態だった。
この季節、草も伸びるのが早いのでしょうがないとは思うけど。

b-CIMG0922.jpg 

ヒメジョオンばかりなのが気にかかる。
まさに雑草だから。
これじゃ、ダニの宝庫じゃないかな・・・。

koroは草むらには寄り付かず、舗装されたところうれしそうに散歩した。

b-CIMG0923.jpg

こんなにこやかな、こんな幸せそうな、こんな元気なkoroの体に
本当に悪性腫瘍ができているのだろうか。
悪性じゃないに決まっているよね。

健康を害していると思うと、こういう時間もとても貴重に感じられる。

いつまでもってわけにはいかないことはわかってるけど。
まだまだ一緒にいたいよね。  

さらなる心配へ

 16, 2015 12:51
GWが明けた最初の週末。
koroのお・ち・りのことが心配だったし、フィラリアプログラムのための検査も必要だったので
動物病院へ行ってきました。

フィラリアプログラムは毎年年間で12月までの6ヶ月のフィラリアの薬をもらい、
その代わり4月にプログラムをスタートした人は4月、5月の分がプラスでサービス、
5月にプログラムをスタートした人は5月の分がプラスでサービスとなるパッケージです。

うちは昨年も5月にスタートして、その際に期間限定で割引になっている
健康診断を一緒に受けてくることに決めていました。

koroもmikanもシニアなので、一番念入りコースでエコーまでついています。

b-CIMG0880.jpg

さらにさらに、koroは肝臓の病気があるのでレントゲンを、これまたサービス料金で
プラスしました。

b-CIMG0885.jpg 

つい先月お・ち・りのおできが問題になって手術を迷っているkoro。
飼い主としては残酷だけど、12月までのフィラリアを買うって決めていいのか?と
悩んだりした。

もちろん、元気であるはずで、元気でいて欲しいのに。
(ひどい飼い主です)

さて、エコーの結果は即日出ました。

b-CIMG0888.jpg
(フィラリアプログラムのおかげで頂いたオマケ)

mikanはなんともなく、今のところ健康優良犬。

koroは、今まで指摘されたことのない脾臓に影が見つかりました。
エコーなので、私には見てもよくわからないレベルですが、
大きさは2センチということで、先生は「すでに2センチ」と言っていました。
「いつできたのか」「昨年11月に肝臓のCTをとった時にはなかったのか」と。

そんなに深刻?
即座には理解できませんでした。

先生はまたしても手術を勧めました。
すでに6月6日にオチリのために手術日の確保はしているので、その時にしたほうが・・・と。

私「脾臓を摘出って、脾臓なしで生きていけるのでしょうか」

先「脾臓なしでも生きていけます。貧血がある子は問題がありますが。」

私「良性かもしれないのに取らなければならないんですか」

先「とったほうがいいと思います」

私「肛門の腫瘍を取るようなレベルではないですよね?」

先「そうですね、開腹手術なので。なので、脾臓をとるついでに肛門の腫瘍をとるというのがいいと思います」

私「koroは15歳なのに、良性でも手術をするって、負担じゃないんですか?」

先「2センチといえば、いつ爆発してもいいレベルです」

私「?」

先「爆発すれば、内蔵内に大出血を起こしてしまい、ひどい場合はそのまま死んでしまう場合もあります」

私「悪性の可能性は?」

先「脾臓の腫瘍の場合、3分の2は悪性です」

私「悪性だった場合、手術して治る確率は?」

先「脾臓は血液の溜まっている臓器なので、体中に転移が考えられます。今のところ他の臓器への
転移は見られないのですが、悪性で転移の可能性がある場合は手術しても1年です」

私「手術しなかったら半年、手術しても1年だったら手術することって意味があるんでしょうか」

先「爆発したら大変なことになります。爆発してから手術に至る場合が多いのですが、それは
事前に検査をする人が少なく、見つかりにくいからです」

私「どのくらい入院を?」

先「2日。先日の子は、元気に復帰するのに6日ぐらいでした」

私「大手術ですよね・・・」

先「良性なら脾臓をとってしまえば安心です」

私「ちょっと、よく考えてみます」


実は今も私の心の中はパニックを起こしています。
koroが本当にそんな状況なのか、理解できずにいます。
そして、本当にそうだとしたら、やっぱり手術したほうがいいのかどうか。
手術して、ぐったりして、結局長生きできないかもしれないのに?

やるべきことは全てしたほうがいいのか。
やるべきことって?
人間のエゴで苦しみを与えていいのか?

今、ネットで一生懸命調べています。
ほんと、どうしたらいいんだろう???

b-CIMG0887.jpg 
(医療費は高いね・・・)

WHAT'S NEW?