年末のあいさつしときます

 29, 2013 21:00
な~んにもない、のんびりな休日。
こんな日を待ってたんです。

え?年末の大掃除はどうしたかって?
そりゃ、普段やってるから必要ないでしょ・・・なんて言ってみたい。
どうせ、大阪にいるあいだに家が痛んでくるもんね。
転勤あったら、その時にやろうと思ってます。

と?

家に帰れる保証もなく、
当然ながら、関東に帰れる保証もない。

でも、いいのいいの。
いまは、やりません!(きっぱり)


そんな強い意志のもと、手に入れたのんびりな時間。

私が相模原に住む意味を見つけた!と思ったくらいの、大好きな公園へ。
冬の関東は日差しがたっぷりで、日中は暖かい。

s-CIMG7139.jpg

空も蒼空。
人もいない。
最高ですね。

s-CIMG7130.jpg 

大好きな匂い嗅ぎも、思う存分。

s-CIMG7137.jpg 

ちょこちょこ走るmikanは、すっかり体調も戻って元気ハツラツ。
年の瀬、元気でよかったなぁ~

そして、年の瀬ついでに、年末のご挨拶をさせていただきます。

一年、一年、シニアから老犬になっていくkoroとmikanは
いろいろ体調を崩すこともあったり、
昨年まではできていたことができなくなったり、
それはそれで淋しいことなんですけど、
そんな毎日の出来事を、皆さんにお話することで
そしてみなさんからたくさん、優しい言葉をかけていただくことで
逆に勇気が湧き、乗り越えてきました。

とくに、大阪で暮らす1年は、やっぱりなんだか中途半端で、
私自身はそんなにストレスを感じていなくても
koroやmikanには窮屈な思いもさせているんだろうと思います。
そんな時も、みなさんが見守ってくれることでとても温かい気持ちにさせてもらいました。

本当にありがとうございました。

まだ少しのあいだは大阪で暮らす予定です。
どうぞ、来年も皆様の存在を感じながら頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

今年の最後にまた、やっちゃいます。↓


今年一年、ほんとうに


s-CIMG7116.jpg 


ありがとうございました♫

s-CIMG7117.jpg 


蛇足ですが、
これが最後じゃないかもしれません。
その時はその時で、笑ってくださいな。

スポンサーサイト

大阪のキラキラな夜

 29, 2013 19:31
【PC修理中の過去ログです】

Merry Christmas

クリスマスっていったって、実はあまり興味もなく。
だから、何の準備もせず。

けど、クリスマスのためにあったような3連休。
少しは大阪の町中のイルミネーションでも見ようかな・・・と思い
中之島まで行ってみたんです。

s-DSC_0272.jpg 

そりゃ、東京丸の内のミレナリオなんかには負けちゃうけど
ここもそれなりにキレイで。

特に、今はやりのマッピングイルミネーションは初めてちゃんと見たけど
なんかいい感じで。

 s-DSC_0280.jpg


s-CIMG7019.jpg 


s-CIMG7024.jpg 

ふだん行ったこともない中之島のバラ園。
これまたライトアップはかわいかったな。

s-DSC_0290.jpg 

ついでに、水上バスにまで乗っちゃった。

大阪は「水の都」と言われるくらい、川と橋がたくさん。
キレイに川べりを開発すれば、素敵なポイントはたくさんあるのに、
大阪は夢より実を好むというか、表現が下手というか、アピールが下手というか。
そういう意味で、京都や奈良に負けてる気がする。
ちゃんと対抗できるだけのネタ、持っているのにな。

陸から見たイルミネーションはキレイだったけど、
船から見るイルミネーションはますますキレイで、
おしゃれな気分にもなるし、混雑も避けられるし。

s-DSC_0300.jpg 


s-CIMG7041.jpg 

思ったよりずっとずっとおしゃれでロマンチックな夜になっちゃいました。

次は負傷

 28, 2013 22:54
【PC修理中の過去ログです】

旅行から帰って、ピーも治って、これで通常の生活に戻れる・・・と思ったのも束の間
今度はびっくりするようなことになりました。

朝のお散歩から帰ってきて、二人を一人ずつおろして足を洗おうとしたら・・・
mikanが足をペロペロ舐めていて・・・。
見たら、カートに敷いてあるペットシートが血だらけに・・・。

なんじゃこりゃ?と思ってびっくり!

すぐ抱き上げて足をよく見たら、なんと、右後ろ足の爪が一本足りない・・・・

そんなことあるの?

そして、そこから血が・・・。

血が止まらないのでそのまま会社へ行くわけにいかず、
これまた、病院へ直行・・・。

s-CIMG7013.jpg 

結局、エリザベスです。

ちょっとショック受けてますか?
それとも痛いのかな・・・。

s-CIMG7014.jpg 

それだけ目力があれば大丈夫みたいね。
おとなしくしてるのよ。

s-CIMG7015.jpg 

エリザベスつけていれば包帯を取っちゃうこともなさそうね。
ただ、お水が飲めるかしら?
段差のあるトイレに用が足せるかしら?

病院の先生は、週末前の平日に必ず来なさいと言っている・・・。
無理ですっていうわけにもいかず、仕事を飛ばしまくり。

そりゃ、会社では私が犬を飼っていることは知られているものの
いわゆるペットを家族と同様に思える人はまだまだ多くなく
なんだそりゃ?と思う人はいるんだろうな・・・。

そんな心配も心をよぎったけど、何はともあれ、痛み止めや化膿止めの抗生物質、
それから注射・・・。
やれる限りのことをしなきゃ。

なぜ、そんな負傷をしたのか、原因もわからず、mikanのせいなのかどうなのかもわからず。
けど、痛い思いをしたことに変わりがないので、治るといいな・・・。

ピーからの復活

 28, 2013 22:30
【PC修理中の過去ログです】

四万十旅行の終わりに体調を崩しきってしまったmikanですが
翌日1日かけてやっと体調が治ってきました。
点滴を打っても、薬を飲んでもすぐには良くならず、ちょっと心配しました。

s-DSC_0264.jpg 

それだけピーが続くと、脱水症状にもなるし、さすがのmikanもぐったりしてました。
体重も9.4キロ⇒9.0キロに。
それでもちゃんと家の中のトイレにしてあって、家の中で粗相することもなかった。

私も旅行の翌日が会社だったので、すごく心配だったけれど、
トイレはいっぱいいっぱいになっていたけれど、それでもちゃんとしてた。
エライって褒めてあげたい・・・。
きっと、ここでしかしちゃいけないんだって思ったんだろうな・・・。

私が家を出ていくときに、とても寂しそうな目をした。
いつもは仕事のしたくをすればあきらめがつくみたいなんだけど、
さすがに自分の体調が不安だったのかも。
一緒にいてあげられなくてごめんね。

それでも、やっと復活しました。
いちおう、病院へ行って、検査してOKも出ました。

s-CIMG7012.jpg 

笑顔が戻ってよかったね。

あこがれの四万十旅行 VOL.6

 28, 2013 13:55
さて、四万十旅行も最終日、帰る日となりました・・・。


が、昨晩、大変なことになっていて。
mikanがどうしたことか、夜中に下痢ピーになってしまい、
1時間ごとに私を起こしたんです。
寝不足~
でも、その前に、一度も粗相せず、私を起こして外へ出るまで我慢したことを
褒めてあげたい・・・。
ほとんど水のひどい下痢ピーで、
きっと相当辛かったんだろうと思う。
お腹が冷えたのかな・・・。
四万十川で泳いじゃったのがいけないのかな・・・。

というわけで、最終日は、できれば愛媛の宇和島まで足を延ばしてみたいと
思っていたのを諦めて、なるべく早く帰ることにしたんです。


お宿のこと、最後での紹介になっちゃったけど
今回泊まったのはここ。
松葉川屋」さん
一軒家まるごと貸してくださって。
土間もあって.
koroが足が悪く、段差がダメなので、平屋・・・。
すごく良かったです。
お料理は特別料理をお願いしなかったのですが、それで十分。
地元の、お母さんの手作り・・・。本当に美味しかったです。

s-CIMG6985.jpg 

それから遠回りせず、近くの沈下橋をひとつ見て

s-DSC_0241.jpg 

ここは四万十の47ある沈下橋の中で一番古いんだそうです。

s-CIMG6987.jpg 

s-DSC_0245.jpg 

お天気は下り坂。
急速に下っているということだけど、もう、この時間から空が冬空で
雪混じりの雨がパラパラ・・・。

s-CIMG6991.jpg 

それでも、高知を経由で帰るのだから
高知城だけでも見たいな・・・

s-CIMG7001.jpg 

ランチは途中下車の香川、善通寺のうどんを。

s-CIMG7005.jpg 

このあとは家に直行。
今日の締めくくりは、ますます治らないmikanのことが心配で
病院へ行くことに。

s-CIMG7007.jpg 

mikanのお腹は腸内の菌のバランスが激しく崩れてしまっているとか。
たぶん、旅行直前に私の東京出張が入っていて、
ホテルに預けたせいみたい。
よく吟味すればよかったんだけど、
ホテルは小さなゲージが縦に重なるタイプ。
少し高めでもVIPルームにして、お部屋貸にしてあげればよかったな。
ストレス溜めちゃったんだね。
点滴と薬を処方され、様子を見ることになりました。

最後は散々だったmikanの体調、
でも、旅行は楽しかったよね。
大阪に転勤してから帰省を除く7回目の旅行・・・
本当に大阪暮らしを楽しんでます。
また次、行きたいね。

あこがれの四万十旅行 VOL.5

 28, 2013 12:56
2日目の最後に欲張って向かった先、
それは宿毛(すくも)です。

見たかったのは宿毛のだるま夕日。
これが、11月~2月までの間によく見られるというので、
日没のそのタイミングを、夕日の見られる地で迎えなければならないんです。



と。


いろいろ四万十の素晴らしさ、憧れていた四万十について書いてみたんですが、
これも後付けの理由かもな・・・って思う。

ほんとは、

ほんとのほんとは、

今はただの犬バカです。」のクウスケくんとやんぴぃさんに会えたらいいなって思ってたからなのかも。
クウスケくんのかわいさにやられてしまい、
やんぴぃさんの男らしさ?(女性ですけどね)に惚れ惚れして
そしてまた、やんぴぃ家が過ごす日常が、あまりに素敵すぎて
四万十の自然や、そこでの暮らしが、とっても幸せそうで。
沈下橋や宿毛の夕日が見たくなったってことかもな。

s-CIMG6968.jpg 

思った通りの素敵なところだった。

とうぜん、やんぴぃさんにもその暮らしがあるわけで、いきなり私が会いたいなんて思っても
そう簡単に会えるわけはないわけで。

また、私が泊まったところが宿毛からはかなり遠いところらしく(実際遠かったよ~)
まさか来るわけないと思っていたわけで。

そしてさらに、私が見たいと思った宿毛のだるま夕日は、実は冬のあいだ中、
毎日見られるものじゃないってことも、途中の案内看板(「○○時○○分ぐらいに見られるかもしれません」って書いてあった)でも、わかったわけで。

それでも、とうぜん会えないんだけれども、
夕日が見られるぐらいのお天気だったから、見ようとするポーズぐらいはしたいわけで。

s-DSC_0218.jpg 

ここで見られるよ!っていう公園を目指してみた。

一眼レフと三脚という、マニアの方たちがたくさん並んでて
だるま夕日は見られなかったとしても、
見られるかもしれない場所にその瞬間を待ってみたということだけで
何か嬉しい気持ちになれそうな気がして。

そんなわけで、ダメもとでやんぴぃさんにメールしてみたんだけど・・・

結局連絡も取れないか・・・

取れないか・・・と。


キタ!

キターッ!


s-DSC_0229.jpg 

夢じゃないよね、これ。
目の前にいるの、クウスケくんだよね???

ちっちゃかったぁ、思ったよりずっと。
かわいかったなぁ~、クウスケくん。

ちなみにやんぴぃさんと、いつもブログに登場するむーみんさんにもお会いすることができて、
ほんと、むーみんさんはブログの記事そのまんまの人で(クスっ!)
そして、男らしかったなぁ、やんぴぃさん。

初めて会ったのに、挨拶もそこそこに、話し始めてしまった・・・
犬友ってすごいよね。

s-CIMG6972.jpg 

いやいや、クウスケくんはkoroを気に入ってくれたようで。
まぁ、koroはいつも男子に人気がある。
どうしてなんだろう。
女子から見ると、頼りないんだろうな、やっぱり。

s-DSC_0231.jpg 

ついでに(いや、ついでじゃない)
見たかった夕日、だるま夕日、見れそうな気がしてきて。

s-DSC_0232.jpg 

かなりいい感じになってきて・・・。
この日のためにミラーレスも買ったし(ちょっとオーバー)
腕は磨けなかったけど、そのチャンスが来るかもだし・・・。

そんな中、やんぴぃさんが「望遠を持ってきてない」って言って。
それなのに「写真、撮っといてや」というむーみんさんとのやりとりが面白く。

気づいたら、私が一番いいタイミング掴んでたかも。
けど、ミラーレスじゃなく、これ、コンデジ。

s-CIMG6983.jpg 

ちょっとだけ説明しておくけど。
だるま夕日って、海に夕日が映る姿をいうんじゃなくて
水温と気温差によって、海面から水蒸気が上がり、それが伸びて夕日につながって見えるらしい。
だから、すごいことなんだよね。

初めて来て、これを見た私ってすごいって言われたけど、
すごいかどうかはともかく、すごくうれしかったぁ。
達成感あったよ~

やんぴぃさんとはゆっくりする間もなく、宿の夕食の時間に
ぶっ飛び帰ったんだけどね。
とっても楽しい一日だった~。

あこがれの四万十旅行 VOL.4

 28, 2013 12:17
やっとお昼過ぎて足摺岬につきました。

s-CIMG6965.jpg

s-DSC_0202.jpg 

ここでもお天気は快晴。
白い灯台が青空に映えてキレイでした。
海はどこまでも碧く、高知だぞ~と叫びたくなります。

s-CIMG6955.jpg 

なんてったって、太平洋、外海ですもんね。

足摺岬は、想像通り高いところに灯台があって
なので、景色も、海を見下ろす感じです。

s-DSC_0214.jpg 

辺りには遊歩道があって、ちょこっとだけど歩けるようになっているんですよ。

もちろんね、人がほとんどいない、いや、まるでいないからノーリードね。

s-CIMG6953.jpg 

s-DSC_0210.jpg

さらにこの辺りは椿がいっぱい咲くんですよね。
流石に季節が合わず、咲いちゃいないんですけどね。

こんなにステキなところに観光客が少なすぎ!
けど、それだけ遠いんでしょうね・・・。


と、ここでまたのんびりするわけにいかないんですよね~
また海岸線を走って行くところがあるんです。

またこれが、海岸線を走ると結構な距離。
たぶん、2時間はかかると思う。
でも、これから行く先にはタイムリミットがある。
そんなわけで、また先を急ぎます。

続きは、次の記事でね~

あこがれの四万十旅行 VOL.3

 28, 2013 10:51
2日目の続きとなりますが、今回も風光明媚な景色を楽しんでくださいね。

まだまだ午前中。
川をどんどん下ります。
でも、まだまだ上流域ですね。

s-DSC_0150.jpg s-CIMG6929.jpg

 
koroとmikanがいると、スケール感がわかりますよね。
ね、車も一台のみ。
mikanなんてニッコニコの笑顔でしょ。

s-CIMG6930.jpg 

ほんとはね、こういうところで橋に座ってボーっとしたかったんですけどね。
それには1週間ぐらい必要かも・・・。
高知なんてそうそう来られないなぁ・・・と思ったらスケジュール盛りだくさんにしちゃって。

s-DSC_0162.jpg 

川の水が中流域な感じになってきましたね。

s-DSC_0165.jpg 

s-CIMG6932.jpg 

あ、地元の方が通りましたよ~

s-DSC_0175.jpg 

車、大丈夫かなって思いますよね。
これ、夜中なんて、電気もないし真っ暗でしょ?
でも、通るらしいんですよ。
さすが、地元の方ですね~

s-DSC_0179.jpg 

そうそう、この橋 ↓ 「釣りバカ日誌」で使われたんだとか。
わかる気がしますよね。
のーんびりして、釣り糸を垂らしているイメージ・・・。

s-DSC_0187.jpg 

s-DSC_0191.jpg 

実は、ここだけじゃなくて、結構四万十はCMとかの撮影にも使われているようです。
いいなぁ、そんな撮影のためにここに来られる人・・・。

s-CIMG6947.jpg 

と、ここでハプニングがありました。
ちょっと写真を撮っているあいだに
mikanがチョコチョコチョコっと遊んでる~

遊んでる~



ん?遊んでる~?




んぎゃー!


s-CIMG6949.jpg 

気づいたら、mikan、泳いでました。

この寒いのに?
この季節に?
いくら、水を見たら入りたくなるmikanでも、
入った瞬間にわかるだろうに。
その前に、外の空気感で季節、わかるだろうに。

せっかく寒いだろうと、
mikan自身あんまり好きじゃない洋服を着せているのに。
寒いから着せているのに。
まだ川下りの途中、お昼にもなってないよ。

このあとからmikanには洋服がありません・・・。
ま、自業自得です・・・が、悲しすぎます。

てなわけで、川下りの写真はこれで終了。


このあとは、足摺岬にまたしても2時間近くかけて向かいました~
続きは次の記事でね~

あこがれの四万十旅行 VOL.2

 28, 2013 10:26

さて、一夜明けて四万十で迎える朝、空気はキーンと冷たいけれど、
なんてったって ド ピーカン
こりゃ、日頃の心がけがいいんだな・・・・と勝手に喜んで。

四万十に行ったら絶対見たい!と心から思っていた「沈下橋」めぐりにスタート。
昨日の記事でも書いたように、止まった場所は四万十川の上流域。
四万十川は比較的平らなところをゆったりと蛇行しながら流れる川。
川沿いにずっと道が続いているので、ここを下ることとします。

ちょっと、記事としては怠慢なんだけど
どの写真がなんていう沈下橋か・・・なんて覚えてないから
しばし四万十川の大自然を十分に味わっていただこうかな・・・。

s-DSC_0149.jpg

s-DSC_0135.jpg

s-DSC_0141.jpg 

s-CIMG6909.jpg 

s-CIMG6910.jpg 

ね、ね、ため息が出ませんでした?
本当にキレイな景色、大自然ですよ~

koroもmikanもすっごくたのしそうで。
だって、完全ノーリードですもんね。

日曜日なのに、この人のいない景色、すごいでしょ。
ま、季節はオフなので、それもあるかな。

といいながら、実はこの橋たち、実はほとんどが生活道路なんです。
なので、たまに自動車が通ります。
ノーリードのkoroとmikanを呼び寄せて、
欄干のない橋の上で車を避けるって
ほんと、こわいです。
夏なら落ちてもいいや・・・って思えるんですが(ほんとか?)
この季節、落ちたら凍えます。
なので、ヒヤヒヤものです。
きっと、私たちを避ける車の運転手さんの方が迷惑だったかもしれません。
ごめんなさい、地元の方・・・。

このあと、道の駅へ寄りました。
ちなみに、四万十川沿いには道の駅が連続して3つあります。
どれもこじんまりしていますが、それぞれにいい感じです。

s-CIMG6915.jpg

 s-CIMG6916.jpg

もちろん、どんな季節でも、ソフトクリームがあれば食べちゃう私です。
ここでは「しまんとクリクリーム」というクリのソフトクリームを食べました。
寒くないかって?
へっちゃらです。

でも、ゆっくりしている場合ではありません。
四万十川を下るのに1時間半から2時間かかると言われました。
そりゃ、あっという間に午前中が終わっちゃうので
早く早く・・・と次へ向かいます。

今日の予定はまだまだ先が長いのです。

さらに川も続くし、この続きは次の記事で・・・。

あこがれの四万十旅行 VOL.1

 25, 2013 22:04

突然の引越し・・・すみません。


待ちに待った旅行だったのに、本当に変なときにPCが調子悪くなっちゃって。
こわごわ修理に出したのに、結局「どこも調子悪くない」という回答で、そのまま返ってきました。
絶対調子悪いって・・・。だって、立ち上がるのに数分かかるもん。
まだ、PC買って2年弱。ついてないな。
電化製品って当たり外れあるよね・・・。
ま、年明けまでPCなしで過ごすのかな・・・とかなり絶望的になっていたのが、なにはともあれ年内に間に合っただけでも御の字だよね。

気を取り直して旅行記、続けます・・・。

さて、今回は、本当に憧れて


憧れて


憧れ続けた


日本最後の清流、
四万十川
そこへ行ってきました。

ほんとはね、夏の終わりごろに行きたかったんだけど、いろいろあってスケジュールがどうにか取れたのが今になっちゃったわけ。
大人の事情ってやつだよね(嘘)

関西に住んでなかったら絶対行けないと思っていた場所なんだけど、あろうことか関西に住んじゃったしね。
関西へ来ることも神様に導かれたかな・・・・(キョウレツ、ポジティブ思考)


さて、やっとスタートします、暗い中・・・。
途中の、つーか、始まったばかりのPAで朝ごはん。
人のはどうでもいいけど、なによりワンコのためにね。


s-CIMG6868.jpg 

 

まだ、この日は寒くて一面霜張ってたけどね。 

瀬戸大橋を渡りました。

s-CIMG6875.jpg

瀬戸大橋は電車が下を走っているのですね。
以前、高松から岡山へ電車で通ったことがあります。
今回は車で・・・初めて・・・

 s-CIMG6877.jpg 

途中、橋がよく見える「与島」へおりてみました。


s-CIMG6893.jpg

もちろん、人口密度低っ! なので、koroとmikanはオフリードにしてもらえます。
 s-CIMG6881.jpg

koroちゃん、最初はうれしくて走っちゃうのよね。
でも、すぐ足が痛くなっちゃう・・・。

 s-CIMG6890.jpg 

やっと四国に渡りました。
富士山にそっくりな「讃岐富士」
どこにでも「○○富士」はあるんですね。
 
s-CIMG6894.jpg

そして、高知入り~
高知といえば・・・?龍馬でしょ。
ってことで、龍馬と握手・・・

 s-CIMG6895.jpg

桂浜・・・も歩いてみたかったんだけどね。
この場所からあるいて15分ぐらい。
 
すでにたっぷり走ったkoroにとっては楽な距離じゃないな・・・
ってことで、今回は桂浜を上から眺めただけです。

s-CIMG6898.jpg 

うぉー、太平洋だ~・・・って、太平洋、初めてじゃないのに。

s-CIMG6900.jpg 

mikanはまだまだ歩けるふうだけどね。
お兄ちゃんのためだ、我慢せよ!

と??


ここで気づいた、なんだかmikanの洋服がブカブカだってこと。


???


しまった~、koroとmikanはサイズが違うのに、逆に着せてた(爆)


そりゃ、ブカブカだったmikanはもとよりkoroはキツキツだっただろうに・・・。
ごめん、ママのミスだね。


ランチは市場、
ひろめ市場
活気があって楽しかったぁ。

s-CIMG6902.jpg

高知といえばこれでしょ。
肉厚で美味しかったよ。

 s-CIMG6903.jpg

何時間かかったか、やっと着きました、四万十。
お宿は四万十川の上流域。
ちょっと早かったので、近くの温泉に行ってみました。

s-CIMG6904.jpg 

夜ご飯のあとは、おやつ。
アイスクリンが高知の名物だなんて知らなかったな。
ちょっと買いすぎましたが、買った以上、食べますよ。

s-CIMG6905.jpg 

キャハ、もう、mikanは果てましたね。
疲れたんでしょうね。
そう、洋服もkoroと無事交換しました。

s-CIMG6907.jpg 

和室もいいね。
またあした、いっぱい走るよ。
ゆっくりお休みね。

WHAT'S NEW?