FC2ブログ

キラキラな日

 03, 2018 00:19
日々の変化が 激しくて、
書かなければいけないことが追い付かない。

だけど。

今日は少し前に戻りたい・・・。

ちょうど一週間前、3連休後半の伊東は
穏やかな時間だった。

a-DSC_0513.jpg

mikanが食べるものを選り好みするようになって
食べなくなったり食べたりを繰り返してはいたけれど、
それでも、ご機嫌な時もあった。

この日ものんびりした朝を迎え、
幸せを体いっぱいに感じていた。

a-DSC_0514.jpg

ぽかぽかで冬とは思えないような日差しの中
お散歩に出かけなさいと言われているような気持になり
mikanと一緒にお散歩に出たんだ。

a-DSC_0515.jpg

本当にmikanもうれしそうで。
やっぱり歩けなくてもお散歩したいんだなぁ・・・と、
外の匂いは大切なんだなぁと・・・。

a-DSC_0518.jpg

近くといえば、海。
砂浜の海はもう少し歩かないとならないけれど、
父の生まれた家である実家は、
船着き場の目の前で、
海を眺めるには最高の場所。

a-DSC_0520.jpg

漁船・・・といっても、もしかすると
停泊している船は日常で漁業を営んでいる人ではないのだろうと思う。
市場は家の近くから、10分ぐらい歩いたところに
移動してしまったのだから。

a-DSC_0524.jpg

観光船も、初島や大島への定期便が時折来るらしい。
ほとんだ見たことがないから、一日に1便とか2便なのだろうか。
でも、実はここから一度は大島へ行ってみたいと思っている。
ワンコもOKだと思うのでいつか・・・。
そう思っていたけれど、それは叶いそうにないな。

a-DSC_0526.jpg

mikanは下の窓を開けたら、そこから覗く。
なんだか笑える。
いつまでたってもひょうきんだね。

a-DSC_0529.jpg

本当に笑顔がはじける。
素敵だね、mikanとの時間は。

a-DSC_0530.jpg

ここはkoroとmikanとは何度も来た岸壁だもんね。
たくさんの釣りをする人々がいる。
そして、母が伊東へ越してきて2週間で倒れたのもこの辺り。
太地喜和子(って知ってる?)が誤って海に転落死したのもここ。

思い出がいっぱい。

いつまでも走っていたかったね。
歩けなくなることが想像できなかったmikanだけど、
今はそれが現実。

a-DSC_0535.jpg

お散歩したら、歩かないのに疲れるのか
必ず寝てくれる。
これがまた幸せな瞬間。

本当に一週間前は穏やかな時間もありました。
どうにかこうにか、いろいろ食べるものを見つけていました。

一週間はあっという間だけど、変化するには十分な時間なのです。

その後の経過はまた・・・。

食いしん坊がとりえだったんだけどなぁ
ママが食べて!っていうんだけど

スポンサーサイト



散歩で思う

 26, 2018 05:17
伊東に行くと、初日は忙しい。
母のための用事が立て続けにあるからなんだけど。

そんな中、今のmikanは散歩を催促しないから楽チンです。
でも、やっぱり日差しがあるうちに一度は外に出してあげたい・・・。

気が付けば夕方。
いまや、日が落ちるのが早くてね。

a-DSC_0502.jpg

少し薄暗くなりかけてきたけど。
暗くなる前に戻りたい。

寒くなってきたね。

a-DSC_0505.jpg

ちっちゃな芝生のある場所で。
車イス、使えなくなってきたから、そのままで。

a-DSC_0506.jpg

歩きたかったり動きたかったりしているのね。
モゴモゴ動いているから気持ちが伝わってくるよ。

見ている飼い主は悩ましい。

a-DSC_0507.jpg

でも、当のmikanは笑顔。
元気な様子。
歩けないことが辛くないのかな。

a-DSC_0508.jpg

クルっと向きを変えて動こうとしているmikanがいじらしい。
どうにかもっと動ける方法、考えてあげたいな。

a-DSC_0509.jpg

これだけ前足に力があるのに、

車イスで前足だけでは進めなくなってしまったのよね。
後ろ足にまったく蹴る力がなくなったから。
どうにかならないかな。
それともほかの方法が?

a-DSC_0510.jpg

必死に歩こうとしているmikanを見ていると
どうにかしてあげたいという気持ちがムクムクと。

オムツ問題もあるし、歩く問題もあるし。

a-DSC_0511.jpg

まだまだ生きる力はあるみたいなので、
どうにか飼い主が頑張ってあがこうと思います。

まずは、さっそくハーネスをポチッと。
いろいろな選択肢、あってもいいよね。

ママったら頑張りすぎ
でも、ほんの少しうれしい

お散歩大好き

 21, 2018 06:09
おはよう。
今日は気持ちのいい朝だね。
少し朝寝坊したmikanはボケボケしています。

a-DSC_0447.jpg

お水も飲みに行けないから
そばに持ってきてあげるね。

そして、この日は時間に少し余裕ができて、
mikanとお散歩をすることにしました。

日差しもたっぷりです。

a-DSC_0449.jpg

車イスは持たずにバギーでのお散歩と
なりました。

海はすぐそばなので、
風を感じて気持ちは晴れ晴れ。

a-DSC_0450.jpg

mikanもわかるようです。
伊東に着くと必ず鼻をクンクンさせます。
私も子供のころからそうだったなぁと思います。
私は伊東で暮らしたことはないのですが、
親戚がたくさんいたために、年に何回も伊東に来ていました。
そのたび、伊東が近づくと、どのあたりからか
潮の香りを感じていました。

a-DSC_0453.jpg

実家においてあるバギーは、相模原にあるバギーより
少しだけ小さくて、
だから、胴長なmikanはちょっと小さいかも・・・と。
前を開けたら・・・。

a-DSC_0455.jpg

どっちがいいのかな。
mikanは最近、バギーに乗ると完全な伏せをするので
前が開いていたほうが外が見えるのかも。

a-DSC_0457.jpg

それにしてもうれしそうで楽しそうな笑顔。
それが何より。
楽しいんだね。

a-DSC_0458.jpg

アハハ。
どっちでもいいよ。

a-DSC_0461.jpg

海から川沿いの散歩道は
日差しと海の香りを感じるには最高です。
それに、伊東は暖かい。
いや、今年はまだ寒くなってないし。

a-DSC_0462.jpg

歩けなくてもお散歩は好きなのね。
お兄ちゃんもそうだったのよ。

a-DSC_0463.jpg

咲いている花はまだ夏の名残り。
暖かいから、少しのんびり日を浴びていきましょう。

a-DSC_0464.jpg

歩けないのは残念だけど、
ここでゴロンするのもいい気持ちだと思う。

時々人が通り、バギーとmikanを見比べて
不思議そうな顔をする。
足が悪いって思うのでしょうね。

そろそろ夕方。

a-DSC_0465.jpg

東伊豆は日が落ちるのが早いので。

帰りはここへ寄ろうって思っていたの。
ここは・・・。
覚えてる?
koroとmikanがよく遊びに来た公園だよ。

a-DSC_0467.jpg

mikanはいつもkoroのあとばかり追いかけていたんだよ。
いつも一緒だったから、ワン散歩のみなさんも
「二匹連れの飼い主さん」と覚えてくれているみたいで
全然関係ない公園で「あれ?なぎさ公園でいつも二匹
連れていた方ですか?」と聞かれます。

昨年の今頃、koroはもう伊東に来ることさえできなかったっけ。
今のmikanのほうが元気だね。

a-DSC_0482.jpg

芝生の上にmikanを置いて、「おいで~」と呼んだら
一生懸命に前足を使って来ようとしている。
それが案外早い。

a-DSC_0483.jpg

体力使っているんだろうなぁ。
いいお散歩だね。

本当にいいお散歩でした。
きっと大満足だったに違いない。

だから

夜はぐっすり。

a-DSC_0485.jpg

まだお水を飲んだだけで、
ごはんを食べてもいないんですけどね。


こんなにお散歩が大好きなmikanだから。
できる限り、バギーを使ってでも何でも
お散歩には行こうって、そう思いました。


これからは走り回った公園を
ひとつひとつゆっくり見て回りたいなぁ
と思うmikanでした

一碧湖

 17, 2018 02:17
もう一週間前のことになっちゃったけど 
先週末のmikanは車イスでもほとんど歩けなくなっていて
だからどこにも行かないというのはちょっとどうかと思い
バギーでお散歩に出ることにしました。

バギーから降りて、湖畔で。

a-DSC_0379.jpg

もう日が陰ってきているね。
日が落ちるのが早くなったね。

a-DSC_0383.jpg

やっと笑顔。
mikanが笑うかどうかは私が楽しいと感じるかどうかの
バロメーターです。

a-DSC_0386.jpg

動きがないし、でもかわいいので
ちょっと遊んでみました。
以前だったら頭を振っていやがったmikanですが、
この日は嫌がることもなく、固まった?

a-DSC_0387.jpg

でも笑ってる。

うれしいのかな。
大きいお耳の代わりにカチューシャのクリスマスバージョンお耳だよ。
かわいいね、って、ママは何度も言っちゃうよ。

写真を撮り続けたら、さすがに不機嫌に。

a-DSC_0395.jpg

飽きちゃったのかな。

いやいや、そんなことはないらしい。
カメラを向けると目線をそらすmikanだけれど、
これまたこの日は時々バッチリカメラ目線をくれた。

a-DSC_0401.jpg

こりゃ、悩殺だな。

こうやって一緒に湖畔で時間を過ごすだけでも
本当に幸せなんだけれど
やっぱり先週まで歩けた車イス、どうしても使ってほしくて
バギーと一緒に持ってきたので
もう一度試してみました。

a-DSC_0406.jpg

ちょっとは歩いてくれたんだけど、
ほんのちょっとでペショっと。
太っちゃったからかなぁ。
前足の筋力が亡くなったからかなぁ。

この車イスは調子に合わせて微調整が自分でもできるようになっているんです。
どこをどうやって調整すれば、今のmikanに一番合うのかはわからないけれど
どうにかいじってみることに。

a-DSC_0407.jpg

だいぶ動かしてみたつもりなんだけど
やっぱりmikanはうまく乗れなかった。

あえなく断念。

そしてバギーに乗ってもらうことに。

a-DSC_0409.jpg

一緒に風を感じつつ
一碧湖を眺める時間。
とっても幸せです。

元気な時のmikanは
バギーに乗ってもおりたくてモジョモジョしたんだけど
今はおとなしく乗ってくれる。
だから、じーっとしていい時間を共有できる。

a-DSC_0413.jpg

幸せな時間が膨らむね。

mikanを連れてのバギーは
その後ろ姿でさえかわいくて、
本当に本当に一緒に歩けることが幸せで。

a-DSC_0415.jpg

カチューシャを嫌がらずつけてくれることにも感謝しちゃう。
途中で出会った学生さんたち。
たくさんいたけど、女の子たちはすぐさま反応。

a-DSC_0418.jpg

「きゃわいーぃ」と黄色い声が飛びました。
mikanも満面の笑みだったし、連れている私も誇らしかった。

秋を感じること、なかなかできないでいたけど
ほんの少し黄色く色づいた葉っぱの中で
歩けたことは幸せ。

a-DSC_0419.jpg

koroの時もそうだったけど、
歩けなくなって思う。
歩けるって幸せ。
散歩ができるって幸せ。
どこに行こうって考えなくても歩いて行ける。

今は、行ける場場所を探すのに大変だから。



記事のアップが遅れている間に週末がやってきました。
また伊東へ行ってきます。

mikanのこと、こんなに大好きだっけ?

一日2回の散歩

 09, 2018 19:50
更新が遅れてます。 
最近は疲れて、更新も遅れがち。

先週末のことでした。

いつも変りなく、伊東行き。
このところ風邪をひいて、なかなか治らなくて体力消耗。
でも、どうにかこの週末は元気を取り戻し・・・。

朝から伊東へ。

いつものように途中の公園で休憩。

a-DSC_7383.jpg

mikanは事故のトラウマで車に乗るとハァハァし、
それが原因で喉が渇く。
水をがぶ飲みします。

a-DSC_7384.jpg

車の中では飲まないのだけれど、
やっぱり外は気持ちがいいよね。

この辺りに来ると海っていいなぁって思います。
いわゆる砂浜のある最初の海岸がここだから。
(うそです。熱海がありました。でも、観光チックで停められない)

a-DSC_7385.jpg

最近は、車イスでも歩きにくそうだったりする。
だんだん弱ってきているのかな。

a-DSC_7388.jpg

でも、何かをきっかけにスイッチが入り、
スタスタ歩いたり、ぴょんぴょん走ったりする。
そんなわずかな時間がとっても幸せで。

a-DSC_7389.jpg

koroは4輪だったから、こういう歩きはしなかった。
koroは車イスうまく使えてなかったなぁ。
ただ、koroの車イスはご飯を食べるときに倒れそうな体を支えてくれた。

けど、mikanは早くから車イスを買ったために
歩く訓練もできて、走ってくれたりもする。
いつかは4輪にしなくちゃいけない時が来るかもしれないけれど、
2輪のほうが歩きやすいはずなので、できるだけ長く2輪で維持したい。

a-DSC_7390.jpg

しっかり動いてくれる前足がありがたい。
まだまだ頑張ってね。

a-DSC_7394.jpg

mikanは親バカながらまだまだ高齢の顔立ちではないと思う。
若く見える。
だから、車イスを使っていても、病気なんですか?と声掛けされます。
「いえいえ、もう人間でいうと90歳過ぎなんですよ」
それじゃ、いくつ?
「16歳と5か月」
びっくりされます。

おそらくコギの平均寿命は13歳程度だと思うので。

16歳にしてなお、お散歩できるだけでもすごいことなのかも。

ギリギリお天気がもってくれているので
今のうちに午後も散歩ね。

a-DSC_7400.jpg

朝も夕方も景色が同じようで、
どこへ行っても同じか・・・と思うけど。
それでも「どこへ行こうかな」と行き先を悩む私。

a-DSC_7410.jpg

この場所はいいよね。
特にこの時間はね。
観光客がいなくなった時間。
小室山のリフトも止まる時間。

a-DSC_7418.jpg

おこちゃまがmikanに興味をもって追いかけてきたけど。
お父さんが「ダメだよ、ワンちゃんが歩く練習してるんだから」って。
気を使っていただいて、ありがとうございました。

a-DSC_7422.jpg

歩く意思があるうちはいっぱい歩かせてあげたい。
mikanと二人の時間も大切。

日没が早くなったのが恨めしい。
少しでも長く、お外で遊んでいたいから。

a-DSC_7425.jpg

お空はキレイだけれど
明日は雨になるらしいよ。

a-DSC_7431.jpg

もうお散歩は終わりだよ。
帰るよ~

a-DSC_7436.jpg

ほうら、写真もブレる時間。
シャッタースピードが落ちてきたね。

また一週間、元気に食べて週末を楽しみにしようね。

確かに翌日は雨。
従姉とおいしいお茶の時間を楽しみました。

ママ、もっと頑張らないと週末が楽しくないよ
頑張れ~! って、ママは風邪ですから

WHAT'S NEW?