長めのコース

 19, 2018 00:31
毎週末、伊東なので景色もマンネリ化してきましたかね。
相変わらず伊東へ行けばやることいっぱいで、
今までのように暇を持て余してお茶してばかり・・・とはいきません。

週末は少し暖かくなったので、一気に春らしい景色が見られるように
なりました。

c-DSC_5549.jpg 

「奥野ダム」の蝋梅広場です。
蝋梅も満開になりました。

c-DSC_5545.jpg 

mikanはアスファルト以外を歩けたのがうれしそうです。

c-DSC_5551.jpg

あまり走ることのなくなったmikanですが、
とーっても広い広場で走りたくなったようです。
ちょっと前まで寒すぎて、同じ場所でも走らなかったんですよ。

c-DSC_5552.jpg 

やっぱり、芝っていいのかな。
足にやさしいのかな。

そんな広場に、馬酔木が満開になっていました。

c-DSC_5555.jpg

馬酔木ってこんなに早く咲くんでしたっけ?
3月っていうイメージがあったんですけど。

色のついたお花は華やかです。
どんどん色付きになってくる季節。
楽しくなりますね。

mikanうれしそうだったなぁ。

c-DSC_5556.jpg 

体中から「うれしい」が伝わってきますね。

いつもより停まっていた車は多かったんですが、
何せ広いので、広場には人がいませんでした。

c-DSC_5557.jpg 

風も強くないし、あとは日が差せば・・・。
どうしても早い時間はここは日が当たらない・・・。

c-DSC_5561.jpg 

でも、あまり寒くなかったなぁ。
寒くもないし、こういう場所を長く歩くこともここ最近なかったので
ちょっと長く歩いてみようと思いました。

歩くたびにmikanは足取りがしっかりしてきます。
いつもならほんの少しの段差も「む~り~」というのだけれど、
この日は頑張る気満々だった。

c-DSC_5565.jpg 

ちょっと先まで歩いてみようか・・・。

が。
階段がある!

c-DSC_5567.jpg 

どうする?mikan。
階段は抱っこだよね。

でも。

階段の隣に少しだけスロープ状になっている部分があるよ。
これならどう?

c-DSC_5568.jpg 

ってわけで、mikanは自力でスロープを上りました。

それからもアップダウンのある所を歩いて歩いて。

c-DSC_5569.jpg 

この日のmikanはたくましかったです。
カートをもっていかなかったけれど、まだまだ歩けます。

c-DSC_5572.jpg 

つばきもチラホラ咲いていました。
そうそう、「小室山」では椿祭りをやっているみたいですね。
今回は人が多そうなのでパスしました。

c-DSC_5573.jpg 

mikan、笑顔、笑顔です。

ずーっと伊東との往復で、mikanも疲れてるんじゃないかな・・・と思っていたけれど
こうやって一緒にお散歩する時間がちゃんととれればいいのかもね。
もうしばらく往復が続くけど、理解してくれるかな。

c-DSC_5577.jpg  

最後に青空の中で蝋梅が光っていました。

うれしい季節が本当にもう来ていますね。
忌中が明けたら、母とどこかへ行きたいな。
母は歩くのがフラフラしてるけど、食欲が落ちていないので
体力つけて歩く練習すればいいな・・・と思っています。

春になると気分まで明るくなれるね
これからはいいこといっぱいあるといいな
スポンサーサイト

春近く

 17, 2018 00:43
3連休最後の日は、日差しはたっぷりだったんですが
風が強く寒かったぁ~です。

この寒さだと伊豆スカイラインはチェーン規制がかかっちゃうから
早めに帰らないと・・・です。
ノーマルタイヤなので、ドキドキです。

そんなわけで早めの散歩です。

来た場所は「小室山」
最近では、小室山でも駐車場から下りたところの緑地。
ずいぶん横着しちゃって。

c-CIMG6987.jpg 

梅が満開になっていました。
梅の花の付きが悪くなってきたのかと思ったり、
今年は終わっちゃったのかなと思ったりしていましたが
例年より遅かったみたいです。

c-CIMG6988.jpg 

紅梅もあと少しで満開ですね。

c-CIMG6998.jpg 

mikanは観光客に大人気です。
「かわいい~」とか言われてます。
「おいで~」の手招きにちゃーんとついてくるからですね。

時には先回りしていこうとしたりもするけどね。

c-CIMG6999.jpg 

でも、そっちじゃないんだなぁ。
聞こえないから振り返るの待とうっと。

c-CIMG7000.jpg 

帰ってきました。

無駄足のようだけど、これもお散歩。
うれしいから走っちゃうよね。

c-CIMG7009.jpg 

まだまだ歩きたいmikanですが、
なにせ、寒くて寒くて。
風が強くて参りました。

c-CIMG7013.jpg 

満面の笑み。
久しぶりに楽しかったね。


久々にコンデジの週末でした。
でも、液晶も日差しの中でははっきり見えないし、やっぱりデジイチに戻すかなぁ。
ピントがぴったり合わないのが何だか物足りないのでした。

○●----------------------------------------------------●○

こんな記事を書いていたら、もう次の週末です。
また伊東へ行きます。
今週は、49日の打ち合わせ。
水道工事とお風呂工事、洗濯機の水栓の工事は終わったし、
あとはガスコンロとレンジフードの交換・・・。
家の中が一掃します。

もう、父が逝ってから1か月たったのです。

お花が咲いたら、ママが元気になるのかな

淋しい者同士

 15, 2018 00:26
なかなかまとまった時間が取れない中、
この日は2回目の散歩も行けました。

といっても、近場ばかり。
午前中と一緒です。

けれど、午後の海は蒼く碧く、キレイでした。

c-CIMG6965.jpg

穏やかな日でよかった。

c-CIMG6966.jpg 

この港から観光船が出るのを久しぶりに見ました。

少しだけ歩いて公園へ。
ここもkoroとmikanとよく来た場所。

c-CIMG6970.jpg 

mikanも多めに歩くと爪が削れちゃうので、
この辺りが限度かな。

リードを外すとやっぱりうれしいみたいだね。

c-CIMG6974.jpg 

今度は港に入ってくる観光船が見えた。
これは初島へ行く定期船かな。

公園ではモニュメントの下の臭い嗅ぎに夢中です。

c-CIMG6976.jpg 

このモニュメントには乗って写真も撮ったことがあるんだけど、
この日mikanを乗せようと思ったら、足が不安定でダメでした。
落ちたら大変なことになるので諦めました。

若いってすごいことですね。
なんでもできちゃったんだなぁ、あの頃は。

c-CIMG6978.jpg 

芝の上からモニュメントの台に乗っただけでも
今のmikanにはすごい!とほめてあげたいです。
こんな段差もmikanは嫌がるからです。

c-CIMG6980.jpg 

だって、ほら。
この段差でもダメなんだから。

だから安心ってこともあるんです。
勝手に行っちゃうってこともないし。

小さな公園だけど、楽しいね。
二人だけになっちゃったけど、mikanとこれからも一緒に
いろんなところに行けるといいね。

多頭飼いから単頭飼いになると、急に淋しくなります。
最初は単頭飼いからスタートしたのにね。
淋しさこそが、その子の生きた証。
だから、感謝しなくちゃね・・・。

少しずつふつうになる
ゆっくりでいいよね



閉眼(へいげん)の日

 13, 2018 20:39
3連休の中日、初日に続いて暖かかったです。
この日、うちの代々のお墓、最低でも明治の初めから続くお墓を
閉じる儀式(=閉眼(へいげん)というそうです)を行う予定でしたが
父が守ってくれたかな・・・良いお天気に恵まれました。

そんな日も朝からお散歩。
近い岸壁へ。

c-CIMG6935.jpg 

ここは近くて便利なんですが、
来てみて、父との思い出の深さに心が詰まりました。
観光会館の岸壁側(裏側)には無料の駐車場があって、
私もよくここのお世話になりました。

ここに停めた車に父が迎えに来てくれたり、ここまで見送りに来てくれたり、
昨年8月、90歳の夏まで車を運転していた父は、
この街(生まれた町ですが)へ転居してから17年、
ずっとずっと車を足にして過ごしていたんです。

c-CIMG6936.jpg 

koroとmikanと何度も来た場所だったので、koroのことを思い出すことを
予想していたのだけれど、父を思い出して想定外に涙が出ました。

c-CIMG6937.jpg 

のんびりしているけれど、そこそこ拓けていて、落ち着く街です。

c-CIMG6941.jpg 

呼んでも聞こえないので、どんどん行っちゃうこともあるんですが、
これだけ広いと安心です。
しばらくしたら必ず振り返ってくれますし。

c-CIMG6943.jpg 

もともと、mikanは海をのぞき込んだりしていました。
けど、今の私はちょっと走ることができないので、
近づいていくとドキドキします。
mikanも年老いたのか、さすがにギリギリまではいきませんでした。

c-CIMG6945.jpg 

昔からここは臭いがするみたいです。
koroも必ず臭いをかいでいました。

c-CIMG6949.jpg 

そうそう、ここも。
すでにさっきの岸壁からの帰り道なんですが、定番の臭いかぎの場所です。

c-CIMG6953.jpg 

最後は市場の景色を見て家に戻ります。
市場を見ている場所は船を陸揚げする場所なんですけど、
家のほぼすぐそばで、おそらく父は子供のころからここで遊んでいたと思われます。

父の歴史、もっと知りたかったな。
父はいろいろ武勇伝を話してくれたんですが、時系列がわからず、それが残念です。


父のことばかりですみません。
こういうときでもmikanを散歩させないといけないという日常がありがたいです。
mikanをどこに連れて行こかな、mikanと何を見ようかな・・・と
考えている時間がホッとする時間でもあります。

ママはまだまだ復活してないなぁ
もっと強い女子だと思ったんだけどなぁ

撤回

 12, 2018 23:38
週末、相変わらず実家で過ごしてきました。

そうそう、少し前に「もう父のことに浸るのはこれで終わり」的なことを
書いたように思うのですが、それは撤回します。
伊東に行けば、そこかしこに父の面影があり、何もかもが父につながっています。
それに、私の心も立ち直るのにもう少し時間がかかりそうです。
なので、ワンコブログなのですが、お許しくださいませ。

さて。

伊東へ行くと相変わらず忙しいです。
お寺へ行ったり、石屋さんと打ち合わせしたり。
そのほか、父をよく知っている人たちへのあいさつ回りもまだまだ。

その合間を縫ってのmikanのお散歩です。

あ、これは伊東に着く直前のチータイムでした(笑)

c-CIMG6916.jpg 

さすがの3連休で途中渋滞情報が入ったので、
ドキドキではありましたが山道を行きました。
料金所のおじさんに「ノーマルで行けますか?」と
料金所のたびに訊いちゃいました。
でも、この日は暖かかったのです。

いよいよ日中のお散歩風景です。

c-CIMG6925.jpg

ついでのお散歩なので、用事がある場所の近場で済ませます。
ここはショッピングセンターなので、駐車場も広く周りに緑地もあります。
少し長めのお散歩をしました。
そして、先週気づいたんですが、ここにはドッグランもあります。
今まではこんな場所でお散歩を・・・と考えたことなくて、端っこにあることを
知りませんでした。

c-CIMG6926.jpg 

ドッグランは緑地風に緑のマットが敷いてあります。
mikanは普通の土や草の場所のほうが好きなので、入りません。

c-CIMG6927.jpg 

緑地を往復して、そこから通じている住宅街を歩いてみました。
案外楽しかったです。
mikanも本当の笑顔が出ています。

c-CIMG6928.jpg 

段差を嫌がるようになったmikanですが、
この障害物はあっさり飛び越えました。
その勇気がうれしいですね。

c-CIMG6933.jpg 

でも、その先にある草のガードは越えられません。
なんで?
高さもないし、踏んでも大丈夫な草なのに?
ちょっとその違いがわかりません。

ゆっくりの時間をとってあげると満足するので
長い距離でなくてもよいのはmikanがそれ相応の歳だから。
寂しいけど、今はありがたいです。


○●----------------------------------------------------●○

伊東に行くと車で走り回ってたくさんの場所に行きます。
どこで時間を食うかわからないのでmikanを必ず連れて行くように
しています。
mikanを車の中で留守番させることも多いのですが、
一定時間ごとにお散歩できる場所を探してお散歩します。
今までのように「○○へお散歩に行こう!」じゃないので
いろいろな小さなお散歩場所を見つけています。

伊東に慣れてきたよ
どんな場所でもお散歩は楽しいもん

WHAT'S NEW?