素敵なこと

 26, 2017 08:02
穏やかな朝です。

koroとmikanがそばにいる、とても穏やかな朝です。
相変わらずkoroは寝たきりですが、だからこその穏やかです。
mikanはお気に入りの場所が玄関になってしまっており、
ほとんど日中はそこで寝ていて姿を見せません。
けれど、それがまさに日常です。
素敵な日常です。

b-DSC_5035.jpg 

b-DSC_5064.jpg 


今日から連日リハビリです。
大雨が降ったときは松葉杖が滑って危ないので来なくていいということになっていますが
それ以外は毎日。
一日も早くちゃんと歩けるようになるためです。
今のままでは家の中でも不便です。
それに、健康な左足に負担がかかってしまい、腰を痛めてしまいます。
そうならないように・・・。



さて、引き続き、入院中のお話です。
入院中に予想だにしなかった素敵なことのお話です。

入院中は、一番近しい現在の職場の人達には迷惑をかけっぱなしということで
ただでさえ忙しくさせてしまっているので、お見舞いは遠慮していただいていたのですが、
それ以外のいわゆるプライベートのお友達がたくさん来てくれました。

※写真は文章に関係なく、今日のご飯の様子です
b-DSC_5606.jpg

特に、驚くべきことは、何年も会っていない通称「年賀状友達」が何人も来てくれたことです。
毎年の年賀状で「今年は会いたいですね」と言いつつもなかなか会えてないまま
もう10年、20年、場合によっては30年近く会えていなかった人が何人も
お見舞いに来てくれました。

b-DSC_5607.jpg 

久しぶりでどんなになったかしら?と思うときに、
ノーメイクでパジャマ姿のひどい状況で、何もこんな状態じゃなくても・・・
と思うところだけど、それよりこんなチャンスでもお会いできたことに感謝しました。

そんなに久しぶりなのに、忙しい中、決して便利とは言えない私の自宅のそばの
病院までお見舞いに来てくれて。
その心意気に、パワーに、ただただ頭が下がりました。

b-DSC_5608.jpg

そして、それはそれは、味気ない入院生活の中で、楽しいうれしい時間でした。

たっぷりゆっくりお話が出来たので、
次回は是非、元気になってから会いたいな・・・と。

それは、入院して変わったことのひとつ。
いつでも会えると思っていたけど、突然何が起こるかわからない。
だから、会いたいときに会わないとね、って。
先延ばしにしちゃダメだ、とね。

いろんな意味で考え方の変わる入院生活でした。


追伸
後半の写真は、退院してから遅ればせのmikanの15歳のお誕生日メニュー。
なんか中途半端で、またちゃんと歩けるようになったら別の何かを考えようと思ってます。


いろんなこと考えた入院だったんだね
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
スポンサーサイト

入院生活

 25, 2017 08:26
退院して一夜明けました。

やっぱり家はいいですね。
koroとmikanがそばにいる。
それだけで、なんと満たされる。

b-DSC_5103.jpg 

b-DSC_5041_20170624193342a31.jpg 


病院での生活は決して不自由ではありませんでした。
もちろん、骨折した足は最後まで不自由でしたが、
病院の医師、看護師、リハビリの理学療法士の方々は本当に良くしてくれて
決して辛いというほどの毎日ではありませんでした。

特に性来ポジティブな私のこと。
こんなもの食べたよ~の食事の写真を撮ったり、
お部屋からこんなものが見えるよ~の写真を撮ったりして楽しむ計画でした。
実際写真はいっぱい撮りました。

b-CIMG6819.jpg 

b-CIMG6747.jpg 

b-CIMG6784.jpg 

b-CIMG6817.jpg 

b-CIMG6796.jpg 

b-CIMG6750.jpg 

b-CIMG6871.jpg

それでも、当初(術前)2週間程度と言われた入院生活が結果として6週間にも及んでしまったこと、
それは術前計画のとおりにはいかなかった重症だったこともありますし、
思いのほか急に筋力が落ちてしまったこともありますが、
そんな状況の中での入院生活は、先が見えずネガティブに傾いたことも多々ありました。

それでもどうにかこうにか心を平穏に保っていたのは、一つにはSNSであり、お友達ブログの
存在があったと思います。

自分自身はブログをお休みしていたのですが、お友達のブログはずっと拝見していました。
ありがとう。みなさん。

入院生活は、こんな元気な私でも長引けば滅入りそうになる。
内科の手術で入院なさっている方や、入院中も具合の悪い方、先が見えない方、
本当に大変だと思いました。

私もそのことを知ってよかったです。
そして、優しくなりたい・・・と思いました。

ただじゃ起きない。
いろんなことを学んだね。

ママの大失敗

 13, 2017 12:52
GW明けてから一週間。
週末は土曜日はのんびりで、日曜日は実家へ日帰り、と計画していた矢先のこと。

ママは大失敗をしました。

b-CIMG6674.jpg 

会議に出ようと会社から出かけた最寄りの駅で、
階段に低いヒールのかかとを引っ掛けて、踊り場にニードロップ。
全体重を右足の膝で支えてしまいました。

もちろん、支えられるはずもなく、負傷。
立ち上がることも動くこともできず、
生まれて初めての救急搬送。
ピーポー、ピーポー、です。

診断の結果は膝蓋骨骨折。
つまり、お皿がまっぷたつ。
しかも、両方の腱に引っ張られて、離れてしまい、
手術なしではくっつかない。

なのに、手術の空きがなかなかなく、また、その後のリハビリも考えると
自宅の近くの病院へ・・・ってことで、昨日やっと病院が決まって
この先のことが見えてきました。

まだ割れたままなので、痛いこと痛いこと。

b-CIMG6679.jpg 

歩くのはもとより、立ち上がることも難しい。
寝姿も、痛くない体勢はどうすれば?ってとこです。
それでも、木曜日から2晩が過ぎました。

入院は日曜日、手術は月曜日。
それから2週間近くの入院です。
足にボルトを入れるのだそうです。

その後、リハビリで歩けるようにして、一年後にはボルトを抜く手術。
実際に骨がくっつくのには半年くらいかかるのですって。

今はただ、手術が無事に終わること、感染症とかにならないで無事に終わることを
願っています。

今後も爆弾を抱えることになっちゃいました。
それにしても、走っていたわけでもないのに、情けないです。

みなさん、両手に物を持つのはやめましょう。
私はカバンと携帯を持っていたために、おそらく受身の姿勢ができなかったのでは?と
反省しています。
反省しても、後悔先に立たずです。

b-CIMG6680.jpg

問題のワンコさん達は、しばらくかかりつけの病院に預かってもらいます。
ちなみに、かかりつけの病院と私の入院する病院は隣同士。
koroのような寝たきりのワンコを無理言って預かってもらえるのも
病院の先生のご厚意のおかげ。
かかりつけの病院との定期的なコンタクトは本当に大切です。

あ、仕事もなにもかも放ったらかしになっちゃいます。
おそらく2ヶ月ぐらいは会社に行けないと思うし。
本当に、周りの皆さんに迷惑をかけっぱなしです。
反省しても取り戻せません。

こういうことって自分にはないと思っていたけど
突然起こるのね・・・。本当に反省しています。
ぜひぜひ、応援お願いします。

WHAT'S NEW?