宿を出て、まだまだ走り回りたいから、西へ向かいました。
できれば山口県まで行きたかったから。

そうそう、このあたりで説明しておきたいんだけど、
今回ETCでの割引プランを使用したんです。
調べてみるとけっこう便利なものがあるんですね。
たまたまETCのことでしらべようと思っていた矢先。
ぶらり中国道・山陰路周遊フリーパス2014
大阪からはどんなに乗り降りしても9800円。
激安です。

てなわけで、走りたかったのだけれど。
高校の修学旅行で行った秋吉台とかに行ってみたかったのだけれど。

s-DSC_2048_20140805232654b58.jpg 

西に行くにしたがって雨になり、どんどん激しくなり・・・。

s-DSC_2038.jpg 

トイレ休憩をしなくちゃいけないから、雨が小降りになったPAとかで休憩。
でもすぐに土砂降り。

s-DSC_2050_20140805232656529.jpg

なかなかうまくいきません。

ニュースで四国がひどいときいたので、それなら離れようと山陰方向に走ってみました。
浜田・・・と地名さえ知らなかった場所へ行ってみましたが、やっぱり雨。
ずーっとずーっと雨で、こりゃどこに行っても降りて遊ぶことは無理だ・・・と
残念だけど帰ることにしました。

s-DSC_2055_201408052326577b5.jpg 

お天気が悪いと暗いね。

s-DSC_2062_20140805232659ce9.jpg 

でも、PAに草地があるだけでもありがたいか・・・。

s-DSC_2068.jpg

かろうじて雨が止んでいてくれて、それなりに広さがある草地。
もう6時になろうとしている。
日が長くてよかった。

と。

車を走らせながら、最後のチャンスに期待をかけることにしました。

それは・・・。

倉敷に向かうこと。

  当たり!

s-DSC_2071.jpg

お天気はどうにか回復に向かってくれました。

s-DSC_2081.jpg 

涼しくって、人が少ない。
倉敷の美観地区へはいつかゆっくり訪れてみたいと思っていた。
お店はほとんど終わっていて、飲食店しか開いてなかったけど、
昼間すごい人だって知っていたので、本当にラッキーだった。

s-DSC_2076.jpg 
  
しかし夜景を撮るのは難しいね。

s-DSC_2078.jpg

koroもボケボケになっちゃったけど、これまた雰囲気がいいよね。
のんびり散歩するのに最高です。

s-DSC_2082.jpg

1時間ぐらいの散歩だったけれど、倉敷へ寄ってよかったなぁ~

s-DSC_2083.jpg

とても素敵な思い出になったよ。
岡山は倉敷に限らず、街がキレイです。

家に着いたのは夜11時。
2日間たっぷりの休日でした。
夏のプチ旅行、次はどこへ~?
スポンサーサイト
一夜明けて、朝になり、雨が止んでいました。
溶けるように寝たので、朝早くからお散歩開始。

本館までは車で1分。
そして、本館の前がしばふ~

s-DSC_2000.jpg

ふかふかの~

気持ちよさそうな~

そして、目の前にある小さな小高い山「小坊主」を目指す。
本当はせっかくだから吾妻山へ行きたかったけど、koroの足ではちょっとな~

s-DSC_1999.jpg

芝生はkoroの足に優しく、この程度だったらしばらくは歩ける。
あまりにキレイな芝生でうっとり~なのだけれど、ここはその昔牧場だったそうな。

s-DSC_1969.jpg 

ありがたいですね。 
この時の気温は22度ぐらい。
全く汗をかく気配なし。
というか、風がけっこうあって、涼しすぎるくらいの空気。

s-DSC_1956.jpg

途中、池もあります。
全体地図で見たら、池がいくつかあって、それぞれ趣が違うみたい。
朝のお散歩ではそれを全部は見てこられなかったけど、散策するには良い環境ね。

s-DSC_1960.jpg 

ワンコ連れはロッジにしか泊まれません。
ほかのロッジのお客様にはワンコ連れは見当たらなかったので、多分この日はうちのみ。
なので、芝生も独り占め~

s-DSC_1973.jpg 

最高の気分ですね。

もちろん、みなさんは避暑もしくは山歩きのためにいらっしゃってる方がほとんどです。
そして吾妻山へはこの芝生を行きます。
ただ、朝ごはんの前だったので、まだ出発する人はいないようでした。

koroもすごく幸せそうな顔をしています。
きっと風が爽やかで気持ちいいんだと思います。
はぁはぁしないで済むもんね。

s-DSC_1975.jpg

がんばれ~

s-DSC_1976.jpg

どんどん先に行っちゃうよ~

s-DSC_1977.jpg

頑張ってついてくる。
しかも、しっぽも上がってる。
うれしいんだなぁ~

s-DSC_1982.jpg

mikanはもうすぐてっぺんなのがわかるのか、どんどん走っていっちゃいます。

s-DSC_1985.jpg 

着いたてっぺんは大したことはないけど、景色が最高です。
本館を見下ろす景色もさることながら、遠くに山里が見え、周りの山々を見下ろし、
秋には雲海が見られるそうです。

お天気は不安定な感じ。
少し薄雲になったりしましたが、全体的には曇り。
今日はお天気が崩れるそうです。

s-DSC_1995.jpg 

登りはやっとやっとだったkoroは下りのスロープは楽しそうに駆け下りて
まだまだ走れるよ!という自信いっぱいの笑顔です。 

s-DSC_2009.jpg 

最後に朝のお風呂にはいって、体を温めて、朝ごはんとなりました。
本当に作りは古い施設ですが、お風呂も当然カビなどなく、きちんと張替えしてあって
お掃除も行き届いていました。

従業員の方も最初から最後まで笑顔で、細かい気遣いを感じました。

お客様は広島の市内や福山市内からこられている方も多く、お年を召した方も多かったです。
比較的近いところから来られるってことは、涼しいのはもちろん、コスパがいいっていうことなんだと思います。

2泊するならもっと遊んでいたかったけど、とにかく今回は走りまくりの旅。
そそくさとここを退散しました。
さて、いきなり岡山県へINした中国地方の旅ですが、
涼しい場所・・・ということで選んだ「満奇洞」、すごく楽しみでした。
近くの井倉洞が有名なんですが、なにしろkoroが歩けるということが第一条件なので。
井倉洞は階段とかもあるようで、満奇洞は平坦で犬が歩いているレポもあったので。

駐車場に降りたときは二人ともルンルンでした。

s-DSC_1931.jpg

何を覗き込んでいるんでしょうね。
とってもうれしそうです。

駐車場から満奇洞の入口までは急な坂道。
これまた疲れました。

で。

s-DSC_1948.jpg

え~っ???

ウソでしょ~???

ほんと、疲れたのに、ありえない・・・。
昨年ぐらいまでは入れたはず。
がっかりです。
また、きっとマナーの悪い飼い主がいたのかな~
あとは、ワンコが嫌いな人もいるもんね~
とってもがっかりですが、またしても車でお留守番です。

s-DSC_1947.jpg 

入場料は1000円もします。
けっこう高いですね。

s-DSC_1934.jpg 
 
中に入ると早速ひんやりです。
しかも、なかに休憩所があります。
これは自然のクーラーで快適です。

s-DSC_1940.jpg

幻想的だけど、けっこう怖いかも。
八墓村のロケがここで行われたっていうのも頷けます。

s-DSC_1942.jpg 
 
ライトアップもうまい具合に出来ていて。
そうそう、高さの低いところがたくさんあるので、かがむ必要があるんですが、
足元はしっかりしていて遊歩道になっているので楽チンでした。

s-DSC_1946.jpg

これならワンズが入っても問題なかったな~
でも、足元はずーっと濡れているので、お腹はベチャベチャになりそう・・・。
涼しかったから歩かせてあげたかったな。
飼い主のエゴだけどね。

この場所、死体が浮かんでいるロケで使われたそうです。
バッチリ、イメージ通り。
夜は入れないって書いてあったけど、確かに。
夜は入りたくないよ。


さぁ、観光はここまで。
これから宿に向かいます。

今回は1泊の予定で、泊まりはここ。

s-DSC_2015.jpg

実は、休暇村は初めてでした。
もともと、「休暇村 富士」の評判がよく、犬も泊まれるということで泊まってみたいと思ったことはあるんですが、
実現せず、今に至っていました。

休暇村のHPで調べてみると、いくつか犬が泊まれる場所はありました。
中でも、西日本で避暑になるような場所・・・ということで、今回ここを選びました。

いろいろクチコミを調べてみたところ、かなりロッジは古く、え?っと引くぐらい。
だから覚悟していました。

s-DSC_1949.jpg

想像通りの古さ。
え?と引くぐらい。

でもね、どこに価値観を置くか・・・ということなんだと思うけど、
最終的な評価は○(マル)でした。
どうしても新しい施設じゃないとイヤ!という人には向いていないと思う。
でも、おそらく予算のない中ですごく心のこもったサービスを含めて
この施設を気に入ってもらいたいという従業員の方の心を感じる宿でした。

s-DSC_1950.jpg 

お値段が安くてびっくりしちゃうくらいだったんですが、お食事は見合わないくらいの量と質。
なので、泊まられている方は少ないんですが、リピーターさんばかりのようでした。
本館のお風呂をはじめ、一生懸命清潔に保たれています。

いろいろわがままも聞いていただいて。
支配人の方が素晴らしい方なんじゃないかと・・・。

涼しかったですよ。
もちろん、エアコンなんて全くいらなかったです。
夜は雨が降っちゃったので、楽しみの芝生の散歩はできませんでしたが、
次の日に備えて早く寝てしまいました。
金曜日、会社をお休みして命の洗濯してきました。
近畿地方には避暑する場所がない・・・ということで、避暑できる場所を求めて・・・。

週末にあいにく台風が近づいているらしい・・・。
でも、金曜日のお天気は良好。
今日も30度超の予報・・・。

s-DSC_1825.jpg

気合が入った旅行は、必ずスタートが早い。
この日は6時スタート。
渋滞にあわないように。
7時前には中国道の吹田あたりを抜けないと。

最初のトイレ休憩はここ。
社(やしろ)パーキングエリア。
ドッグランが付いているのもこのあたりでは珍しい。
もちろん、誰もいない。


s-DSC_1826.jpg

少し遊んで、朝ごはんを食べて、いざ出発。

向かった先はちょっと山奥で自然があるならどこでも良かったんだけど。
岡山県の満奇洞という鍾乳洞に犬が歩いて入れるらしいと調べたので、そこなら涼しいかな。
でも、いきなりそこじゃ、お散歩不足かな・・・。
と、同じ岡山県の高梁というところへ行ってみた。
ここでの目的は「備中松山城」。
でも、その前に広々している場所でお散歩しよっかな。

地図上で検索し、こんな場所を見つけた。

s-DSC_1904.jpg 

30haとのこと、すごく広い。
ま、koroとmikanにはそんな広さは無用なんだけどね。
実は、今回の旅行で私が大ドジをし、koro用のカートを忘れてしまったんです。
だから、長く散歩することはちょっと無理。

s-DSC_1847.jpg

駐車場に車を停めて、もちろん一台も停まっている人はいません。
スロープをルンルン降りると・・・。
こんな景色が待ってます。

s-DSC_1846.jpg

うわぁ。十分な広場。
もったいないね、こんな施設。
誰も使わないなんて。

s-DSC_1862.jpg 

koroもmikanもルンルンです。

s-DSC_1866.jpg

こういうプランが一番いいんです。
koroもmikanも自分のペースで遊ぶから、それぞれのペースに合わせた疲れ方をしてくれる。
単なるリード付きの散歩だと、koroは大変でmikanは物足りなくなってしまうから。
mikanが走るっていうのは嬉しいね。

s-DSC_1888.jpg 

s-DSC_1893.jpg

なんとも飼い主冥利に尽きる幸せな光景です。
心が優しくなっていく、心が静かになっていく、癒される瞬間です。

十分時間をとって、水を一杯飲みます。
mikanはトイレに行けないかも・・・という警戒心からか、ドライブ中は全く水を飲まないんです。
SAやPAでは絶対に。
長時間ドライブするときは本当に困ります。
2時間ずつトイレ休憩をとっているのにな・・・。

ここではがぶ飲みしてくれました。
よかった。

そして目的の備中松山城です。

どんどん坂道を登っていきます。
途中、武家屋敷がありました。

s-DSC_1906.jpg 

s-DSC_1907.jpg 

お武家様たちがこのあたりに住んでいたのね。
とっても街がきれいに整備されていてステキです。

お城はまだまだ上です。

しばらく車で走ってやっとお城の駐車場につきました。
これから徒歩でお城まで登ります。
koroはちょっと無理みたい。
ずっと山道。
涼しいので車でお留守番してね。

s-DSC_1909.jpg 

やっとお城まで到着。
ここまで駐車場から20分ぐらい。
涼しい場所だったのに、汗がどーっと。

s-DSC_1914.jpg 

普段歩いてないのが堪えます。
天守閣は思いのほか小さいのですが、ここまでこんなに山登りでは、誰も攻めてこられないのでは?と思います。

s-DSC_1915.jpg 

s-DSC_1916.jpg 

無理してkoroを連れてこなくてよかったです。
途中で抱っこでは死んじゃいます。

s-DSC_1920.jpg 

上からは街が見下ろせます。
小さな街ですが、とてもキレイな街です。

s-DSC_1927.jpg 

山道の最後にはこんな言葉が。
ほんと、疲れたよ。
大義、大義(笑)

一日目はもう少し続くんだけど、ここで記事は一旦終了。
次の記事にしますね。

WHAT'S NEW?