最期の頑張り

 05, 2017 04:13
食べなくなって4日目。
朝はほとんど水も飲まなくなりました。

日曜の夜から、ママはkoroの隣でリビングの座椅子で寝ることにしました。

昨日の朝のkoroです。

c-DSC_8397.jpg

目をパッチリと開けることもなくなり、
息遣いだけが聞こえる状態です。

こんな状態で会社へ行かなければならないことが辛いのですが、
これも私の運命であり、koroの運命です。

帰ってきたらもう息していないかも・・・と思いつつ
すっ飛んで帰ってきました。

c-DSC_8401.jpg 

家に帰ってきて真っ先に見るのがkoroのお腹が上下しているかどうか。

息していました。
けど、少し息が荒くなっていました。

これが最期の力なのかな・・・。
そう思いながら、涙が出ました。

c-DSC_8406.jpg

もういいんだよ。
無理しなくていいんだよ。

そう話しかけました。

そして、話しかけながらふと思いました。
koroは私に「老衰」という生き様、死に様を教えてくれているのではないかと。
病気で苦しんで亡くなるワンコちゃんもいる中、
こうやって最期まで生きられるというのは幸せなことです。
けれど、やっぱり最期は壮絶。

父が同じように弱っていく中、父に対する心の準備をさせてくれているのではないかと。

koroはいつも私を支えてくれていました。
だから、私のことが心配で、最後まで心配してくれているのではないかと。

人間の勝手な想像ですね。
飼い主の勝手な想像。
でも、そう思えてならないのです。

もう、オムツに排泄するものもほぼなくなってきました。
ウンPも出ません。
けれど、ときどき嘔吐は繰り返しています。
私は体をさすってやることしかできません。

今も、隣で生きています。
最期の力を振り絞っているのだと思います。
だからこそ、見届けたいです。
それが私の役割だと思っています。

最期までみんなも付き合ってくれる?
スポンサーサイト

眠り王子

 03, 2017 23:49
一昨日の朝、食べたものを戻して以来、何も口にしないkoro。
ひたすら寝ています。

c-DSC_8358.jpg 

もう、力が出ないよね。

c-DSC_8384.jpg

スースーとした寝息だけが救いです。

c-DSC_8385.jpg 

もともと足が細かったkoro。
ずーっと立つこともなくなって、ますます細くなったね。

koroは犬らしい。
体を触られることがあまり好きではなくて。
特に、足先を触られると、スルリと逃げようとする。

そんなkoroももう手を握っても嫌がることもなくなりました。
足の先が冷たいね。


今日は、息が臭くなってきました。
口から出るヨダレも、少し粘り気があって着色しています。
胃の中の匂いなのかな。

c-DSC_8388.jpg 

たった一度だけ、力を込めて目を開けてくれました。
この写真のちょっと前。

たった一度だけ。

そして。

気づいたら、目に涙が溜まっていました。

c-DSC_8355.jpg 

辛いのではないと思いたい。

明日は、
18年前にkoroを迎えた日。
生後34日で、片手の上に乗るくらいの小さな体で。

ママが初めて犬を飼うこととなった日でもあります。

あれからちょうど18年。
楽しいことが多かった18年。
感謝の気持ちでいっぱいになります。

応援、ありがとう
みんなの心、通じてるよ
 

もう食べない

 02, 2017 23:13
昨日より体調が急激に悪化しているkoroですが、
今日の朝も昨夜同様、食べるのを拒否しました。

パッチリお目目がトレードマークなんですが、
そのお目目もつむったまま。

水は飲んでいるのですがね。

後ろ髪引かれたまま、実家へ行ってきました。
父もほぼ食べない。
完全に、koroとシンクロしています。

帰ってきてからのkoro。
とりあえず、息してます。

c-DSC_8335.jpg 

でも、予断を許さない感じです。

mikanもいよいよ心配してます。

c-DSC_8336.jpg 

異変、感じているんでしょうね。

c-DSC_8339.jpg 

一緒に遊んだお兄たんが元気がないのは、寂しいに決まってますよね。

c-DSC_8338.jpg 

不安で、不安で、不安で、
今日のmikanは落ち着きません。

c-DSC_8341.jpg 

いいのよ。
お兄たんは今、眠りたいの。

c-DSC_8344.jpg 

それでも、mikanは不安で。

だって、一緒に元気に遊んでいたんだから。
ずーっとずーっと一緒に歩いてきたんだから。

c-DSC_8346.jpg

そうだよね。

楽しいことは一緒にできるけどね。
お別れは一緒は無理なのよ。

お兄たんは苦しくないのだから、大丈夫。

c-DSC_8348.jpg

いよいよ食べないkoro。

口を開けさせて無理に食べさせる・・・。
やればできるかもしれないけれど。
これだけ食べるのを拒否し、口を動かさず、閉じたままということは、
もう内蔵が働くのをやめようとしているのかもしれませんね。

そんな時に、無理やり食べさせれば
また昨日のようにリバースしてしまうかも。
それは、koroにとってむしろ負担になるのじゃないかと。

自然体、自然体。
koroが一番苦しくなく、楽に楽に。

今のところ冷静な私がいます。



○●----------------------------------------------------●○

父も食べられません。
週1回の点滴を在宅でしていますが、
徐々に洋服が自分で着られないなど、自立する体力がなくなってきました。

今日は父の入所施設を見てきて、申し込み書を書いてきました。
家で過ごせないということは、やっぱりかわいそうだな・・・と思ってしまう自分がいます。
でも、一緒に過ごす母にとって、父を看るということは相当な負担になってきているとも
感じます。

長生きが成せる技ですが、難しいですね。



ママのパパとシンクロしてるボク
そろそろ心の準備してね

忍び寄るその時

 01, 2017 22:24
今日のkoro、朝から食欲がイマイチでした。
大好きなレバーも無理やり食べた感じで。
チャオちゅーるを舐めるペースも悪かったし。

いつものように、オムツを二重巻きにして、ブランケットをかけて
お留守番をお願いしました。


そして。

家に帰ってきたら、顔の下に吐瀉物が。

シャンプータオルでキレイにしたんだけれど、
首のすわりも悪く、ぐったり。

c-DSC_8327.jpg

反応も鈍く、おとなしさが輪をかけます。

本当は洗ってあげられたらいいんだけど、もうその体力は
残されていない・・・。

c-DSC_8329.jpg 

シャンプータオルを数枚使ってキレイにしたけれど、
そのおかげで濡れた感じになってしまいました。

その後、お水は少し飲みました。

c-DSC_8330.jpg 

チャオちゅーるをあげようとしたけれど、
いつもならペロペロ舐めてくれるんですが、
口を動かしませんでした。

体力を温存したほうがいいのかもしれません。

c-DSC_8331.jpg

また眠ってしまいました。

なんとなく、そのときが近づいてきているような気がします。

koroにいっぱい話しかけました。

「もっともっと長く生きていて欲しいけど、
もう十分すぎるほど頑張ってくれて
いるから
『その時』はkoroが決めていいのよ」

「悲しまないで。ママとkoroにはたくさんの
すっごく楽しい思い出があるんだから」

呼吸が浅いです。


飼い主としては、かなりの覚悟をしているつもりなんだけど。
それでも、明日の朝起きたら、食欲戻っていたりして・・・と
淡い期待をしてしまいます。

koroちゃん、koroちゃん、koroちゃん
大好きだよ~

 30, 2017 23:43
最近のkoro。

大きく変わったことはありません。
けど、めっきり静か。
そして、ますます痩せてきました。

c-DSC_8295.jpg

キューキューいうのはお水が飲みたい時だけ。
それ以外は静かすぎるくらい。

c-DSC_8299.jpg 

もう長いことこうしている気がする。

元気で走ってたこと、
元気でいろいろなところまでお散歩したこと。
砂浜で追いかけっこ。
草むらで匂い嗅ぎ。
海も、山も。

いろいろな場所への旅行。
幾度かの引越し。
一緒に転勤。

c-DSC_8310.jpg 

いっつも一緒だったね。

けど、現実が目の前にあって
いっぱい歩いていた頃の日々は夢のようで。

c-DSC_8312.jpg 

寝たきりも長いけど、
床ずれもしないでありがたい。

ただ。
枕だけは・・・。
ふっくらクッションから薄いクッションへ。
そして、もうそれもいらないかもね。

koroが気持ちよく過ごせているならなんでもいいんだもんね。

明日。
koroは18歳と1ヶ月。
月齢が上がります。


がんばろー、がんばろー
今年いっぱいがんばろー

WHAT'S NEW?