koroの異変

 28, 2017 10:59
毎日、リハビリの外出以外にはずっとkoroとmikanを見ている日々。
だから、小さな変化も見逃さずいられる。
それはうれしいこと。

そんなkoroは昨晩、口が血だらけになってました。
「吐血?」と思い、かかりつけの動物病院へ電話をしようと思ってしまいました。
でも、夜の11時。

※シートの上にも血痕が
b-DSC_5781.jpg

落ち着いて。落ち着いて。

口の中を切っただけかもしれないから。
まずは口の周りの血液を拭き取って。
その後、新しい白いシートの上に寝かせてみる。

※最初に抱いた時に私のパジャマについた血
b-DSC_5782.jpg 

歯茎は真っ白になってない。
真っ白になってたら貧血だから。
どこか内蔵からの出血かも知れないから。

水を飲ませてみる。
水の中に血液が広がる。
でも、大量じゃない。

大丈夫。大丈夫。

b-DSC_5776.jpg 

クッタリしているkoro。
その間に夜間診療の病院をネット検索。
この時点で12時を回ってた。

家の近くには夜間診療の病院はない・・・。
(ちょっと離れたところにはありました)
ちなみにこの足では車の運転は不可能。

koroが頭を持ち上げてこっちを見た。
それだけの力があれば大丈夫。

b-DSC_5779.jpg 

今日は寝るまで付き合おう、ここで。
そう思ってそばで見守る。
でも、ソワソワ、モゾモゾ。
そしてハァハァ。

この時点で1時を回った。

b-DSC_5792x.jpg

どうやら、やっと寝てくれそう・・・。
私も寝ることにしました。


そして、明けて今日の朝。

やっぱり出血していました。

b-DSC_5793.jpg 

けど、大量ではない。

お天気は雨。
今日はリハビリにはいけない。
リハビリに行けば、病院のすぐそばにかかりつけの動物病院があるので
寄ってくることができるんだけど。

ごはんは完食。
こんな出血がなくたって、なかなか完食してくれないkoro。
今日の完食は一際うれしい。



が。

ごはん後、また出血?

b-DSC_5795.jpg 

b-DSC_5796.jpg

思い余って、先生に電話。
いつも、親切に対応をしていただいて本当に感謝です。

歯からの出血の可能性が高いが、ペロペロしているのであれば、
奥から血が流れているのかもしれない。
そして、その根源を見つけるのは難しい。
吐血の場合はしぶきとして飛び散るので、ペロペロしているようなことはない。
口の中の血は止まりにくいが、止血剤を服用する手もある。


安心しました。

ちょっと落ち着いているようです。

※反対向きに寝かせてみました
b-DSC_5801.jpg 

今日一日様子を見ます。

そしてもし止血しなければ
明日は曇りのようなので、リハビリの帰りに動物病院へ寄ってきます。


ママも心配事が尽きないけど、
もし自分がいない間にこんなことになったら
と思うと、ホッと胸をなでおろしたんだって。
スポンサーサイト

不安

 28, 2017 07:17
退院して楽しいことばかり・・・のように思いますが、
そうでもありません。
心の中は穏やかで居続けるわけではありません。

なぜでしょうか。

私の社会復帰のイメージが沸いてこなくて。
入院 ⇒ 手術 ⇒ 退院 ⇒ 自宅療養 となれば、次は社会復帰です。
でも、今はまだそのイメージがわきません。
たぶん、スイスイ歩けないから、階段も登れないからなのだとは思いますが、
なんだか自信がありません。

b-DSC_5694.jpg 

なんなんでしょうね。
お休みしすぎちゃっているせいでしょうか。

b-DSC_5652.jpg 

なんだか情けないですね。
こんなことでいいのか?私。

b-DSC_5627.jpg 

いやいや、ないものねだりなんでしょうね。
今は、koroとmikanと一緒にいられる時間がたっぷり。
うれしくてうれしくて仕方がないはずなのに。
退院する時はそれをイメージしてきたはずなのに。
もう、早く仕事復帰しなくちゃという焦りが。

そんな自分が情けないです。

b-DSC_5690.jpg 

b-DSC_5678.jpg 

どっちにしろリハビリしないと会社には行けないし、
焦ったって時間がかかることは決まっているんだし。
割り切って、koroとmikanとの時間を楽しめばいいんだ・・・ってわかっているのに。

今日は思考がおかしいです。
こういう時はリハビリに励もうっと。


なんかママが変です。
一緒にいるだけで幸せなはずなのにね。

レンズ

 27, 2017 07:50
リハビリ通院がスタートしました。
家から5分以内で駅に着くことができ、一駅だけ乗り、行き先の病院も駅の目の前。
それなのに、本当に時間がかかります。
通常なら15分~20分あれば目的地に着くはずなのに、今は45分も。
電車の乗り降りがハードルが高く、ドキドキします。
それからたったそれだけなのに、左足に負担が掛かり疲れきってしまいます。

特に雨は困ります。
まだ、怖くて歩く時には松葉杖に多く加重してしまう。
もう右足に加重していいんだけど、右が膝折れしたらまたピーポーとなってしまう。
そう思うと怖くて怖くて。
松葉杖に頼っているということは松葉杖が滑ったら最後。
雨の日はそれさえも心配。
まだ2日目なんだから仕方ないんだと思う私と、焦る私と。



そんな週末、新しいレンズが届きました。
入院中の最後の方でポチっとしたものです。

b-DSC_5110_20170625151542d37.jpg 

カメラじゃなくて、レンズだけです。

ちょっと古いミラーレスのカメラですが、ズームレンズが遠近広範囲でとても気に入っていたんです。
でも、そのレンズ、入院前のとある日、急に壊れちゃって。
光が取り込めず何度覗いても暗くなってしまう。
メーカーに修理の見積もりを取ってもらったら、新品と同じで4万円もすると。
だったら新しいミラーレス買うよ!といろいろミラーレスを検討していたのだけれど。
家にはデジイチもあるし、思いのほか良く撮れるコンデジもあるし。
で、ちょうど「単焦点レンズ」というのに興味があり、ニコンミラーレス用の
単焦点レンズが中古市場に出ていたので、ポチっと。
でもこのレンズににはワインカラーがなく、仕方なしにシルバーで。
変な感じのツートーンカラーになっちゃったけど、そのうち見慣れるかな。

さっそく使ってみました。

b-DSC_5611.jpg 

ズームがないっていうのは今まで持ったことがないので、変な感じ。

b-DSC_5614.jpg 

デジイチとかミラーレスとかはレンズをズーミングするのが醍醐味と思っていたんだけど。

b-DSC_5637.jpg 

それがないから、単にピントを合わせてパシャパシャ撮るだけ。

b-DSC_5660.jpg

でも、撮った写真を見てみると、撮りたかった被写体以外は全体的にボケてくれて、
なんだかいい感じ。

b-DSC_5673.jpg 

簡単に撮れて、しかも、少しくらい動いてもきっちりピントが合ってくれている。

b-DSC_5675.jpg 

単焦点は簡単で、レンズ自体も軽くて、買ったらハマると言われていたけど。
だからこそほしいな・・・と思ったんだけど。

b-NMS_5642.jpg 

ちょっとびっくりだな。
できることなら室内だけじゃなく、キレイな景色の中で撮ってみたい。

それは、今は無理な話。

また足が復活してお出かけできるようになったらね。
それまでみんな元気でいてくれるかな・・・。

しばらくは家の中とベランダが守備範囲。
ちょっと室内撮りが楽しくなりそうです。

室内でも楽しみ見つけないと。
なんとなく動くのも不自由だし、辛いもんね。

素敵なこと

 26, 2017 08:02
穏やかな朝です。

koroとmikanがそばにいる、とても穏やかな朝です。
相変わらずkoroは寝たきりですが、だからこその穏やかです。
mikanはお気に入りの場所が玄関になってしまっており、
ほとんど日中はそこで寝ていて姿を見せません。
けれど、それがまさに日常です。
素敵な日常です。

b-DSC_5035.jpg 

b-DSC_5064.jpg 


今日から連日リハビリです。
大雨が降ったときは松葉杖が滑って危ないので来なくていいということになっていますが
それ以外は毎日。
一日も早くちゃんと歩けるようになるためです。
今のままでは家の中でも不便です。
それに、健康な左足に負担がかかってしまい、腰を痛めてしまいます。
そうならないように・・・。



さて、引き続き、入院中のお話です。
入院中に予想だにしなかった素敵なことのお話です。

入院中は、一番近しい現在の職場の人達には迷惑をかけっぱなしということで
ただでさえ忙しくさせてしまっているので、お見舞いは遠慮していただいていたのですが、
それ以外のいわゆるプライベートのお友達がたくさん来てくれました。

※写真は文章に関係なく、今日のご飯の様子です
b-DSC_5606.jpg

特に、驚くべきことは、何年も会っていない通称「年賀状友達」が何人も来てくれたことです。
毎年の年賀状で「今年は会いたいですね」と言いつつもなかなか会えてないまま
もう10年、20年、場合によっては30年近く会えていなかった人が何人も
お見舞いに来てくれました。

b-DSC_5607.jpg 

久しぶりでどんなになったかしら?と思うときに、
ノーメイクでパジャマ姿のひどい状況で、何もこんな状態じゃなくても・・・
と思うところだけど、それよりこんなチャンスでもお会いできたことに感謝しました。

そんなに久しぶりなのに、忙しい中、決して便利とは言えない私の自宅のそばの
病院までお見舞いに来てくれて。
その心意気に、パワーに、ただただ頭が下がりました。

b-DSC_5608.jpg

そして、それはそれは、味気ない入院生活の中で、楽しいうれしい時間でした。

たっぷりゆっくりお話が出来たので、
次回は是非、元気になってから会いたいな・・・と。

それは、入院して変わったことのひとつ。
いつでも会えると思っていたけど、突然何が起こるかわからない。
だから、会いたいときに会わないとね、って。
先延ばしにしちゃダメだ、とね。

いろんな意味で考え方の変わる入院生活でした。


追伸
後半の写真は、退院してから遅ればせのmikanの15歳のお誕生日メニュー。
なんか中途半端で、またちゃんと歩けるようになったら別の何かを考えようと思ってます。


いろんなこと考えた入院だったんだね
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

入院生活

 25, 2017 08:26
退院して一夜明けました。

やっぱり家はいいですね。
koroとmikanがそばにいる。
それだけで、なんと満たされる。

b-DSC_5103.jpg 

b-DSC_5041_20170624193342a31.jpg 


病院での生活は決して不自由ではありませんでした。
もちろん、骨折した足は最後まで不自由でしたが、
病院の医師、看護師、リハビリの理学療法士の方々は本当に良くしてくれて
決して辛いというほどの毎日ではありませんでした。

特に性来ポジティブな私のこと。
こんなもの食べたよ~の食事の写真を撮ったり、
お部屋からこんなものが見えるよ~の写真を撮ったりして楽しむ計画でした。
実際写真はいっぱい撮りました。

b-CIMG6819.jpg 

b-CIMG6747.jpg 

b-CIMG6784.jpg 

b-CIMG6817.jpg 

b-CIMG6796.jpg 

b-CIMG6750.jpg 

b-CIMG6871.jpg

それでも、当初(術前)2週間程度と言われた入院生活が結果として6週間にも及んでしまったこと、
それは術前計画のとおりにはいかなかった重症だったこともありますし、
思いのほか急に筋力が落ちてしまったこともありますが、
そんな状況の中での入院生活は、先が見えずネガティブに傾いたことも多々ありました。

それでもどうにかこうにか心を平穏に保っていたのは、一つにはSNSであり、お友達ブログの
存在があったと思います。

自分自身はブログをお休みしていたのですが、お友達のブログはずっと拝見していました。
ありがとう。みなさん。

入院生活は、こんな元気な私でも長引けば滅入りそうになる。
内科の手術で入院なさっている方や、入院中も具合の悪い方、先が見えない方、
本当に大変だと思いました。

私もそのことを知ってよかったです。
そして、優しくなりたい・・・と思いました。

ただじゃ起きない。
いろんなことを学んだね。

ただいま

 24, 2017 17:06
みなさま


ただいまです。

やっと退院しました。

人生初の長い長い入院生活となりました。
42日間の長い長い・・・。

最初はほんの2週間程度のつもりでしたが、そう簡単に歩くことができるようになるわけでもなく、
そもそも膝が曲がりませんでした。
関節を痛めるということは、やっぱり簡単なことではないのだ・・・、大変なことなのだと改めて気づいた次第です。

もちろん、退院したからといって、ハイ歩けます!ということでもありません。
まだ、松葉杖です。
普通には足が曲がりません。
曲がらないだけでなく、足を自力で上げることができません。
これから毎日のリハビリ通院の中で、それなりの時間をかけて治っていくのだと思います。

骨がくっつくのは半年以上かかるそうです。
ただ、その前に歩けるようにはなるはずです。

会社へ行って周りに迷惑をかけないレベルになるにはもう少し・・・。
もう少し、リハビリを続けることになりそうです。

b-CIMG6896.jpg  



さて、koroとmikanのことですが。

koroとmikanについては、この間、病院にあずけたり、人に見てもらったり。
たくさんの人に迷惑をかけ、どうにか乗り切ることができました。
サポートしてくれた方々には本当にありがたく、感謝以上の言葉もありません。

koroを置いて1ヶ月も・・・とは思っていませんでしたが、
どうにか、ヨボヨボながらも生きていてくれました。
ずいぶん食べる量が減って、食べるのもすごく時間が掛かり、食べたり食べなかったりです。
食べない理由は、よくよく見ていると舌がうまく使えなくなってきたようで
口先に入れた食べ物を奥まで運んで咀嚼するまでに相当の時間がかかっています。

b-DSC_5042.jpg 

仕方がありません。
koroは17歳と7ヶ月なんですから。
ただ、少しでもたくさん食べて、体力は付けて欲しいなと思っています。

mikanはこの間に15歳の誕生日を迎えました。
後ろ足の踏ん張り力が弱まってきた感じはするものの元気です。
コーギーの15歳は上出来だと思います。
もう少し生きてくれるんじゃないかと思います。

b-DSC_5038.jpg 

思い切りお散歩してあげたいな・・・というのが本音です。

そんなこんなで、自宅での生活に戻りました。
さっきも書いたように、これからしばらくはリハビリに通う毎日です。
利き足を痛めたため、車にも乗れないため、
いわゆる買い物はできないので、その日暮らしというところでしょうか。

その分、koroとmikanと過ごす時間はいっぱいです。
思うようにはお世話を出来ませんが、最低限のことはできます。
そして、なにより、一日中顔を眺めていることができます。

お仕事関係の方々には本当に迷惑をかけっぱなしで、
これからもしばらくその状態は続くのですが、すみません、もうしばらく
お休みをいただくこととなります。
どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。

入院中のことは、いろいろと書きたいこともありましたが、
まずはここまで。
また追ってつらつらと書き綴ろうと思っています。


帰ってきて一番ホッとしているのはママだね。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

入院前にkoroのこと

 13, 2017 19:53
明日、朝から入院するので、その前にkoroのことを記録しておきたいと思います。

mikanの狂犬病の注射済証とkoroの注射実施猶予認定書が届きました。

b-CIMG6676.jpg 

koroは昨年からこの措置です。
もう必要最低限の毒しか体に入れたくありません。

それから、koroは元気に寝ています。

b-CIMG6682.jpg

元気に寝ているというのも変な表現ですね。
でも、老犬を飼われている方ならなんとなくわかってもらえるかもしれません。
元気に寝ているのか、具合悪くて寝ているのか。

koroがモゾモゾするときは、理由は3つしかありません。
一つは、シー。
二つ目は、ウン。
三つ目は、水。

シー、しちゃった。おむつ取り替えて!
ウン、しちゃった。早くとって。
喉渇いた。水飲みたい。

それにタイムリーに答えてやれれば穏やかにしています。
夜だって、この三つが満足できていればすやすや朝まで寝てくれます。

水が飲みたいときはゴソゴソ、モゾモゾと半回転くらいはお手のもんです。

b-CIMG6681.jpg 

半回転した方向にちょうど水があります。
わかっているのか・・・。

日中、私が仕事の時もこうやっているのかな。

さ、そろそろ明日の準備。
まずはkoroとmikanを預ける準備から。
オムツとご飯と。

こんな寝たきりのワンコを預かっていただけるなんて感謝なのですが、
預けるときは当たり前ですが、何があっても・・・というサインと
何かがあったときは必要な措置をします、というサインをするはず。
けれど、その言葉以上に、覚悟しています。
その間に何かあっても、それは運命。
恨みっこなしです。
もちろん願いは、お互い無事に再会できることだけど、
人生、犬生、いろいろあるからね。
しばらく、さよならね。
そして、ブログもしばらくお休みします。
病院はワイファイがないと思うので。
ただ、私のこと。
いろいろ記録はしてきたいと思います。
なにせ、初めての経験ですからね。

それでは皆様、少しの間、行ってきまぁす。

人生いろいろありますね
どんな時も、乗り越えていきたいですね

ママの大失敗

 13, 2017 12:52
GW明けてから一週間。
週末は土曜日はのんびりで、日曜日は実家へ日帰り、と計画していた矢先のこと。

ママは大失敗をしました。

b-CIMG6674.jpg 

会議に出ようと会社から出かけた最寄りの駅で、
階段に低いヒールのかかとを引っ掛けて、踊り場にニードロップ。
全体重を右足の膝で支えてしまいました。

もちろん、支えられるはずもなく、負傷。
立ち上がることも動くこともできず、
生まれて初めての救急搬送。
ピーポー、ピーポー、です。

診断の結果は膝蓋骨骨折。
つまり、お皿がまっぷたつ。
しかも、両方の腱に引っ張られて、離れてしまい、
手術なしではくっつかない。

なのに、手術の空きがなかなかなく、また、その後のリハビリも考えると
自宅の近くの病院へ・・・ってことで、昨日やっと病院が決まって
この先のことが見えてきました。

まだ割れたままなので、痛いこと痛いこと。

b-CIMG6679.jpg 

歩くのはもとより、立ち上がることも難しい。
寝姿も、痛くない体勢はどうすれば?ってとこです。
それでも、木曜日から2晩が過ぎました。

入院は日曜日、手術は月曜日。
それから2週間近くの入院です。
足にボルトを入れるのだそうです。

その後、リハビリで歩けるようにして、一年後にはボルトを抜く手術。
実際に骨がくっつくのには半年くらいかかるのですって。

今はただ、手術が無事に終わること、感染症とかにならないで無事に終わることを
願っています。

今後も爆弾を抱えることになっちゃいました。
それにしても、走っていたわけでもないのに、情けないです。

みなさん、両手に物を持つのはやめましょう。
私はカバンと携帯を持っていたために、おそらく受身の姿勢ができなかったのでは?と
反省しています。
反省しても、後悔先に立たずです。

b-CIMG6680.jpg

問題のワンコさん達は、しばらくかかりつけの病院に預かってもらいます。
ちなみに、かかりつけの病院と私の入院する病院は隣同士。
koroのような寝たきりのワンコを無理言って預かってもらえるのも
病院の先生のご厚意のおかげ。
かかりつけの病院との定期的なコンタクトは本当に大切です。

あ、仕事もなにもかも放ったらかしになっちゃいます。
おそらく2ヶ月ぐらいは会社に行けないと思うし。
本当に、周りの皆さんに迷惑をかけっぱなしです。
反省しても取り戻せません。

こういうことって自分にはないと思っていたけど
突然起こるのね・・・。本当に反省しています。
ぜひぜひ、応援お願いします。

いつもと違う

 08, 2017 00:34
連休最終日。
のんびりと一日。

お出かけもせず。

koroの異変に気づき、これは喜ぶべきことか。

b-DSC_4860_20170507163618ce3.jpg 

気づきました?

わかりませんよね。
もしかしたら、熱狂的なkoroファンの方ならわかるかも知れないんですが。

koroは歩かなくなってから、寝るときはいつも右が下。
まっすぐ立たせても右へ傾いていた事を思えば当然なんですが、
気になるのは同じ方向でずっと寝たきりになると、床ずれが心配で。

けれど、どうしても右が下になってしまうし、
逆にして寝かせるととても寝苦しそうで、暴れまわってどうしても右が下に
なってしまうんです。

b-DSC_4864_20170507163620715.jpg 

でも、この日、koroは意図的に左を下にしたまま
そのままでぐっすり寝てくれてます。

辛くないかな・・・。

心配しながらも、これで気持ちよく寝てくれたのはうれしかったです。
これができるなら、床ずれが少し遠のいた気がします。

よかったね、koroちゃん。
まだ頑張れそうだね。

あ、mikanも寝てます。
休日は、ふたりの寝顔で幸せでした。

b-DSC_4862.jpg 


休みの日はとても幸せ、ってママが言ってた。
僕もmikanも幸せ感じたよ。

島と山と

 07, 2017 15:30
5日はゴルフで。

6日の昨日は職場の友達とプチ日帰り旅行へ。

ちょっと早めスタートで、新幹線⇒船に乗り・・・。

b-CIMG6626.jpg 

こちらへ。

b-CIMG6628.jpg 

船に乗って陸を離れるってことは、現実逃避か。

お天気崩れるかもって言ってたけど、暑いくらいのお天気。
でも、風が強くて、気持ちいい。

初島は小さいので、歩いて回れる。
車の必要なしって感じ。
で、歩きました。

「初木神社」

b-CIMG6629.jpg

なんだか、人がこぞって来ない感じの神社はとてもいい感じ。
この日も、たくさんの人が船に乗り、一緒についたはずだけど、
多分リゾート施設ばかり行ってしまって、こういう場所に来る人はほとんどいない。

b-CIMG6632.jpg 

いいねぇ。
猫ものんびりで、近づいてもカメラ構えても逃げないよ。

このあとゴロゴロする姿、mikanかと思ったよ。

しばらく歩いたら灯台。

b-CIMG6634.jpg 


現在も使われている、毎日働いている灯台。
小さくて「え?」って思うほどだけど、登ってみてさらにびっくり。

b-CIMG6637.jpg 

島全体が見渡せて、海にぐるーんと囲まれているのがはっきりわかって
景色良かった。
右も、左も、海だ!
って喜んだけど、当たり前だよね、島だから。

b-CIMG6639.jpg 
 
島の中にもあった、小中学校。
そう、小学校と中学校が一緒になっている。
とてもいい感じの学校だった。

お昼のぜんぜん前に食堂街に帰って来れた。
これで半周。

b-CIMG6643.jpg

同じように連なるお店。
でも、ネットで調べて決めてあったから迷わない。

b-CIMG6642.jpg 

11時より前なのに、お店の中は、満席に近くて。
ちょうど、私たちが最後のお客で、これで満席。

b-CIMG6641.jpg 

素朴な感じの定食を。

食べ終わったら再び島内探索と行きましょうか。

b-CIMG6645.jpg 

「初島リゾートアイランド」

初島には二つのリゾートがある。
一つはエクシブ、もう一つがここ。
ここは日帰りを意識してか、遊べる施設がいっぱい。

庭でのんびりしたかったのが目的でもあったから
トロピカルなジュースを。

b-CIMG6646.jpg

でも、残念だったのは、お庭でハンモックができなかったこと。
ちょっとアプローチが遅かったってことです。
すでに、席もいっぱいでした。

ま、東屋が空いていただけでもいいか。

b-CIMG6647.jpg 

このあとのんびりできずにまた船で熱海へ。
これは理由があって、往復の船の種類を別のものに乗りたかったから。
これを逃すと、3時間行きと同じタイプの船だったから。

b-CIMG6649.jpg 

あっという間の島遊び。
楽しかった。

お土産を買って帰るだけには早すぎるので、
以前から絶対行ってみたいと思っていたカフェへタクることにした。

行ってみたのはこんな場所で。

b-CIMG6651.jpg 

期待を裏切らず、絶景で。

b-CIMG6653.jpg  

ついさっきまで遊んでいた初島が遠くに見えたりして。

熱海って場所は平坦なところがほとんどなく、
人が住むにはどうなんだろうって思っているけれど、
芸能人が何人も暮らしているっていうのはなんだかわかるような
気がする。
現実を忘れられる景色。

b-CIMG6656.jpg 

お店は花に囲まれていて。

b-CIMG6659.jpg 

素敵な別荘なので。

b-CIMG6658.jpg   


作りたてのアップルパイも美味しくって。
「あたり!」って思えてたお店。

山の端に太陽が隠れてしまうまでのんびり。
風が強い日だったけれど、テラスのこの席は
風が遮られるというか、ちょうどいい場所で。

さすがに車があればよかったな・・・と思うけど。

次に来るときは、誰を連れてこようかな。
b-CIMG6666.jpg  

町に戻ってお土産買い。
あまりの人ごみに驚いた。

伊東はこんなじゃないな・・・。
熱海には負けた気がした。

それにしても、熱海に電車できたのは何十年ぶり。
初島も何十年ぶり。
とーっても楽しく、長い連休の一日だからこそできたことかな・・・と。
よかったです。


お留守番もね、ママが帰ってくるのを
待つ喜びの一つなんだ

WHAT'S NEW?