FC2ブログ

生きていれば

 01, 2019 01:17
koroが生きていたら。
今日はkoroの誕生日。
koroの20歳の誕生日。

ちょうど20年前の今日、koroは生まれたのでした。
ブリーダーさんが「失敗作」と言っていたその子は
とてもおとなしくて、でも臆病じゃなくて
世界で一匹だけの犬種、柴とスピッツのあいのこちゃんでした。

その日から少しして。
インターネットの画面の中でママはkoroと出会ったの。

16歳くらいから歩くのが難しくなってきていたけれど、
18歳の誕生日を迎えるまで頑張ってくれたkoro。

そんなに長い間一緒にいたんだっけ?

まだまだ足りないよ。
足りなかったよ。
たくさんたくさん遊んだけど、
たくさんたくさん一緒に歩いたけど、
やっぱり足りなかったよ。

koro 10歳の夏 河口湖
d-DSC_0152.jpg

もいちど、もいちど、会いたいよ~
スポンサーサイト



思い出すのは

 23, 2019 00:10
思い出すのは楽しいことばかり。

一人ぼっちで縁もゆかりもない土地で暮らすことになって。
koroとmikanがどれほど私の心を救ったか。
毎週彼らを楽しませることばかりを考え、
一緒に過ごす時間を本当に大切にしていた。

初めて住んだ部屋は、大阪の環状線という、東京での山手線みたいなJRのとある駅。
その部屋を見つけたとき、天井の高さと、ロフトと、窓から見える川とUSJに感動して
即決。

d-CIMG0116.jpg

koroとmikanには慣れたベッドを持ち込んたせいか
二人はすぐに新しい環境に慣れて、狭い部屋でのお留守番も
頑張ってくれたっけ。

職場がすぐそばだったので、朝はゆっくり散歩ができた。
そのために買ったバギー。

d-CIMG0137 (2)

毎朝のお散歩は楽しかったね。
近所のおじちゃんと仲良くなったり、マンションの1階にある鉄板焼き屋さんに
かわいがってもらったり。
公園が近かったマンションは本当にありがたかったなぁ。

もう一度、そこからやり直したいな。
後悔はないけど、その日々があまりにも楽しかったから。
もう一度、二人に会いたいな。
二度と会えないということが、まだ受け入れられていないのかもね。

もちろん、今も楽しいんだけどね。
けど、取り戻せないから、あの頃を繰り返したいのかもね。


よろしければ、しじみちゃんとの生活もご覧ください。
koroとmikanとの暮らしとは全く趣の違った
元気いっぱいの日々が展開されていることと思います。

「しじみと散歩」
http://2daimekogi.blog.fc2.com/

ふとした瞬間に

 14, 2019 20:28
もう更新することはないかな・・・と正直思っていたブログですが
新たな子との暮らしが楽しければ楽しいほど、
今は亡きkoroやmikanに感謝する気持ちがわいてきています。


もう誰も見に来られないだろうブログですが、
やっぱりkoroとmikanがいてくれたからこその今。
感謝の気持ちを記録しておきたくなりました。

思っていたほどのペットロスは、私にはなく、
尽くせる限りの介護をしたからだと思っていますが、
やはり思い出せば、「楽しかった」「日々笑っていた」という思いが
胸を苦しくし、じわっと涙が沸き上がってきたりします。

d-DSCF8053.jpg

koroとmikanが家の中にいた暮らしは本当に素敵で充実していました。
koroとmikanは本当に良い子でした。
もう二度と会えないと思うと胸が詰まります。

できることならもう一度モフモフしたいなぁ。

新しい子ーしじみちゃんーは同じように胸を熱くするような感情を沸かせる子に
なるでしょうか。
きっと笑いの多い生活はできるのだろうと思いますが、
やっぱり時々、ここへ帰ってきてkoroとmikanのことを話させてほしいと
思います。

よろしければ、しじみちゃんとの生活もご覧ください。
koroとmikanとの暮らしとは全く趣の違った
元気いっぱいの日々が展開されていることと思います。

「しじみと散歩」
http://2daimekogi.blog.fc2.com/

お知らせ

 31, 2019 01:10
終わってしまったブログを今も覗きに来てくださっているみなさん。
本当にありがとうございます。
これもkoroとmikanが愛されていた証拠と、飼い主冥利に尽きます。

さて、このたび、新しいブログを立ち上げました。
といっても、まだ立ち上げただけです。
本格稼働はほんの少し先になりますが、もしよろしければ
今まで同様、覗いていただけるとうれしいです。

http://2daimekogi.blog.fc2.com/

 

よろしければ

 30, 2018 00:05
今なお、当blogを訪れていただきありがとうございます。

koroとmikanの思い出になっちゃいますが、
別blogを作ってありまして、

もしよければそちらも覗いていただければ・・・と思います。
更新月に1回と決めた、ワンショットのブログです。

https://koromikan.exblog.jp/

おしまい

 25, 2018 00:55
mikanがいなくなって初めての週末、
いつものように伊東へ行ってきました。

季節はちょうどクリスマス。
寂しいクリスマスです。

写真を撮る気にもならず、どこへ行く気にもならず。

koroが旅立った時は、こんなじゃなかったなぁ・・・。
ペットロスにはならないって自信があったし。
mikanがいなくなって、誰もいなくなって、
今、何とも言えない喪失感がやってきています。

koroの遺品がいっぱい残っていても、
その一部はmikanが使ってくれるからってへっちゃらだったけど、
mikanがいなくなった今、使う犬はいない。

a-DSC_0691.jpg

その無機質な思いが、断続的に押し寄せる。
そして、犬連れの人を見て、今まで思ったことがない思いを抱きました。
「いいなぁ」

本当に、私の生活はkoroとmikanによって作られていたといっても
過言ではありませんでした。
大好きだと思っていたカメラ。
大好きだと思っていた街歩き。
大好きだと思っていた旅行。

それもどれも、koroとmikanがいなくなったら何の意味も持たなくなりました。
カメラはkoroとmikanを撮るためだったことに気づき、
街歩きはkoroとmikanと一緒にすることが楽しかったのだと気づき、
旅行はkoroとmikanの笑顔を見るために行っていたと気づきました。

a-DSC_0695.jpg

そんなことに気づいた今、
ここに載せる写真も、ここに書く言葉もないことに
気づきました。

koroとmikanと一緒に暮らしたことによって始めたブログ。
koroとmikanがいなくなった今、続けられるはずもありません。

ここでたくさんの皆さんと知り合えたこと、
皆さんのコメントや、アドバイスが、
いろいろな場面で私をどれほど励ましてくれたことか。
koroとmikanとの生活が楽しく輝きに満ちていたのも、
皆さんに話すことで、その喜びが倍増していたのだろうと思います。
ブログを通じて実際にお会いした方たちもいました。
お会いしたことがなくても親交を深めた方もいました。
本当に本当に皆さんのおかげで楽しい毎日でした。
ありがとうございました。

その感謝を胸に、今日でこのブログを最後にしようと思います。
あ、ブログは終わっても、皆さんのところには訪問させてもらいますよ。

本当に突然で、すみません。

といっても、もしかしたらまた書きたくなって、知らないうちに
書き続けてしまうかもしれません。
私の気持ちなんて案外いいかげんです。
その時はその時。

また、どこかで新しくブログをはじめたくなるかもしれません。
新しいブログでもkoroとmikanのこと、書いちゃったりするかもしれません。
でも、その時は必ずここでお知らせします。
どうか、また仲良くしてやってくださいね。

さようなら。

koroとmikanとたくさんたくさん歩いた川沿いの道
a-DSC_0696.jpg


楽しい道のりだったね
これからもずーっと一緒だよ

永遠の笑顔

 22, 2018 23:37
昨夕、mikanが亡くなり、 
本日、火葬にしてきました。

朝のmikanは、本当に眠っているようでした。
ここ数年、耳が聞こえなくなっていたmikan。
眠っている時間も増えていたので、呼んでも起きなくても
さほど不思議ではない気がしていました。

でも、触ったら、やっぱり冷たくって。

a-DSC_0660.jpg

もうすぐ、この体もなくなってしまうのかと思うと、
胸がつぶれそうでした。

mikanのために用意した花はピンク。

a-DSC_0662.jpg

お転婆だったmikanですが、
やっぱり赤いお洋服が多く、女の子だなぁと思うこともありました。

最後まであんよも揃えて、
お行儀よかったね。

a-DSC_0665.jpg

火葬の場所はkoroと同じ。
火葬の時間もkoroと同じ。
火葬の炉も同じ番号でした。

a-DSC_0672.jpg

最後のサヨナラです。

koroの時に来てくれた友達が、
今回も来てくれて、
一緒にサヨナラできました。

周りをお花で飾り、
おやつと写真を持たせました。

a-DSC_0685.jpg

・・・・

それから1時間半。
mikanはその姿を変え、
小さくなって出てきました。

最後までふさふさだった毛並み。
最後まで痩せなかった体。

みーんな、なくなっちゃいました。

a-DSC_0686.jpg

骨壺に入れたら、koroの時よりカサが少なく、
重さも軽く感じました。

やっぱり、女の子。
ガッシリしているように見えても、骨は華奢だったのかもしれません。

a-DSC_0687.jpg

体は消えてしまったmikanですが、
私の中のmikanは、もう永遠に笑顔です。


mikanのいなくなった家へ帰ってきましたが、
シーンとして、生きている息遣いもなくなった部屋の中は
とても静かで、寂しくなりました。

koroが一番!と思って今まで過ごしてきましたが、
mikanがいなくなってこんなにキツイとは・・・・
ちょっと想定外です。


しばらくは部屋を整理しながら、
koroとmikanとの楽しかった日々を思い返したいと思っています。


みんな、アタチのこと忘れないでよ~

アリガト サヨナラ

 21, 2018 22:36
平成30年12月21日夕方 
mikanが永遠の眠りにつきました。
16歳6か月と1週間。
コーギーとしてはとても長生きな犬生でした。


残念ながら見送ることができませんでした。
でも、帰ったらまだ体が生きているときと同じぬくもりだったので
逝ったばかりだったのだと思います。

とうとう、今週、週末を狙うようにして
私の仕事には一切迷惑をかけずに
たっぷり時間をとれる日を待って逝ったので す。


今はただ・・・

a-DSC_0656.jpg

本当にありがとう。

あなたと暮らした日々は、とても輝いていたよ。
楽しいことばかり。
ママがお空に行く日まで、そっちで待っててね。


さよなら・・・。

また一緒に歩こうな・・・koroより

再びの

 18, 2018 00:54
シリンジ生活が始まったmikanですが
koroの時よりも飲み込みが悪く、
周りにこぼすこと多し・・・。

今日は、朝シリンジ1本だけでパンはほぼ食べてくれなかった。
夜は、シリンジからスタート。
シリンジでカリカリを砕いて食べるようになってから
ウンPで苦労することがなくなったので、シリンジは必須です。

ところが。

半分ぐらいボトボト落として食べたくない!と主張。
でもチャオちゅーるはペロペロ。
それ以外はパンでも食べませんでした。

なんだか体調がよくなさそうだなぁ・・・。
そんなことを思っていた時、再び心臓発作のような感じになりました。

a-DSC_0592.jpg

のけぞるようにして、意識が遠のいていきました。

病院の先生に動画を撮ってね!といわれていたので
慌ててスマホで動画を撮りました。
そして、「みかん!みかん!」と呼び続けました。

そしたら、戻ってきました。

この前と同じ。
でも、今回は寝たままで発作が。

a-DSC_0594.jpg

息も荒く、苦しそうです。
心臓なのか、気管支なのか肺なのか。
ゼイゼイ言っています。

そんな時、また2回目の発作が。
同じようにのけぞるようになって、意識が遠のきました。
今度は本当に逝っちゃうかと思いました。
それほど、状況は悪かったのです。


今、mikanは相変わらず短い息遣いで
ハァハァといっています。
私が顔を寄せると、匂いをクンクン嗅いでくれます。
ママだってわかってくれているのかな。

ママにできることは、ずっと見守っていることだけ。
がんばれ!と声をかけていいものかどうかも
今となってはわからない。

苦しまないで、今はそれだけを祈っています

経過報告

 16, 2018 23:17
mikanのことではご心配をおかけしています。

今日は取り急ぎ写真なしのご報告のみとさせていただきます。

 mikanは先週も点滴をして、
そして2日間ご飯を食べませんでした。
少しでも・・・といろいろ牛肉や鶏肉、豚肉を試してみたのですが
食べる気配なし。
大好きだったパンの匂いもダメでした。

ところが、3日目ぐらいから少しだけ食べてくれるようになりました。
食べるといっても、ほんの少し、通常時の3分の1ぐらいですけどね。
それでも、食べて飲んで・・・。

週末にかけて、私の仕事が忙しく、
さらに母が家の中で転んで立てなくなったということがあって
週末は何が何でも伊東に行かなければなりませんでした。
そんな中、土曜日に予定が入っていたり、仕事も持ち帰ったり。

そして週末の土曜日から、ごはんは一部シリンジを復活しました。
koroの時の量の半分ですが、仕方なしに飲み込んでくれています。
シリンジはもともとの材料がカリカリなので、
ウンPもいい感じになってきました。

というわけで、病院の点滴は悩みましたが、今回はお休みしました。
点滴を2回打ち、2回とも2日ぐらい食べられない状態が続いたこと、
先日の心臓発作から、腎臓もさることながら心臓も弱っているのだろうこと。
心臓には給水はあまりよくないのだということ。
どうにかシリンジも始まって安定してきたら、点滴なしでも行けるのかなと。

一番心配だった心臓発作は、あのあと起きていません。
トイレに出すときは、体を十分温めてから。
おうちの中でもお洋服を着させることにしました。

こうしてまた週末をクリアしました。

mikanは私がいないところでは旅立たない、と確信しています。
平日の忙しさはあともう少し。
どうか、どうか、年を越せますように。

まだ大丈夫、だと思うよ

WHAT'S NEW?